« 【皐月賞回顧】我慢比べで浮上した「いぶし銀」の怪力 | トップページ | 【フローラS】サンデー系の決め手を重視したい »

2006/04/19

発見。中山でも「きじ焼き丼」!

Nakayama_kijiyaki_don皐月賞当日の昼食、中山競馬場の旧スタンド・クリスタルコーナー3階で発見した「ぎんざ神田川」の上きじ焼丼。お値段は、確か1200円だったと思う(うろ覚えです)
神田川のきじ焼き丼といえば、何といっても東京競馬場名物という印象が強い。かつては内馬場のテイクアウト・メニューとしてその名を馳せ、新スタンドがオープンした現在では、指定席エリアの5Fに店舗を移設しているが、こんがり焼き上がった鶏肉と醤油だれがしっとりとご飯に染み渡った上品な味わいは、いまだ健在である。競馬場グルメの筆頭格として、自信をもってお薦めしたい一品だ。

ところが、東京競馬場内のこのお店には、致命的な難点があった。
中山やローカル開催になって府中の競馬場がパークウインズとして営業している期間中は、指定席エリア全体が閉鎖されてしまう。このため、神田川を含むスタンド5階のレストラン街もすべて休業を決め込んでしまうのだ。わざわざ競馬場に足を運んでも、きじ焼き丼が食べられないなんて・・・・他場開催期間中には、何となくパークウインズ府中に行ってみようという気力が萎えてしまうが、どうやらそんな昼食事情も、自分のモチベーション低下に微妙な影響を与えているようだ。

で、府中店の休業期間中、どこに行けば、きじ焼き丼を食せるのかといえば、それは、当然中山競馬場ということになる。最近、中山メインスタンド1階のワゴン式売店で「きじ焼き弁当」が発売されているのには薄々気がついていたけれど、神田川・中山店がスタンド内でも店を構えていたとは、不明にして今回初めて気がついた次第である。

浅田次郎氏ではないが、府中界隈に居を構える自分にとって、JRA関東圏の競馬場の印象をひと言でいうなら、「府中はホーム、中山はロード」。地元・東京競馬場なら、一般人が立ち入ることのできるエリアはほぼ全域を踏破しているけれど、中山の場内には、まだまだ未踏のミステリーゾーンが多い。
クリスタルコーナーといえば、ゴール板からほど遠く、1コーナー手前あたりに位置する地味な旧スタンド。自分だけでなく、多くの競馬ファンにとって、普段はあまり足を向ける機会のない場所だろう。多くの飲食店が軒を並べる地階のファーストフードプラザやベンジャミンプラザ(メインスタンド中央部の吹き抜け)に比べれば食事をとれる場所も少なく、どこか閑散とした雰囲気が漂うこのスタンドの3階に、知る人ぞ知る名店はひっそりと佇んでいた。

入口から中の様子をのぞいただけではちょっとわからないけれど、実際に入ってみると、店内スペースはかなり広々としている。7万人の観衆が詰めかけた皐月賞当日の日曜日、しかもお昼どきになってもまだまだ空き席は多く、年齢層が高めのお客さんたちが思い思いにランチタイムを楽しんでいた。ううむ、いい雰囲気です。ハッキリいって、ここは中山の穴場である。

ちなみにレジで食券を売ってくれるのは、政治家の故・桜内義雄を彷彿とさせるスキンヘッドの老人。そう、府中店が営業しているとき、やはり入口のレジに陣取っているあのお爺ちゃんである。なるほど、これでわかった。府中の休業中は、スタッフ一同まるでジプシーのように、中山店へと活動拠点を移していたんですねえ・・・・どうりできじ焼き丼の味が変わらないわけである。
中山店のメニューは、名物きじ焼き丼を筆頭に、鰻重など基本的には府中店といっしょ。ただし、府中でラインナップされている豪華版の鶏三昧丼(きじ焼き+つくねと鶏の塩焼きが入っている)は見あたらず、そのかわり、この日自分が食した「上きじ焼き丼」なる一品が出されていた。こちらは、ノーマル丼にきじ焼き2枚と白ネギが追加され、ソーメン入りのお吸い物(鰻の肝吸い?)がついてくる。中山競馬場内でしか飲むことのできない、その名も「グランプリ」という地ビールを楽しめるのも、悪くない。ラベルにはシンボリクリスエスが制した有馬記念の写真が載っている。なかなかフルーティな味わいの良いお酒だった。

さて、今週末からは待望のわがホームグランド・府中開催を迎える。
営業を再開する神田川・府中店で、優雅なお昼どきを満喫しつつ、馬券のほうもバリバリと頑張っていきたい。でも、ペッパーランチの「ステーキ重」も捨てがたかったりして・・・・

4月 19, 2006 旅打ちコラム, 日記・コラム・つぶやき |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/9662538

この記事へのトラックバック一覧です: 発見。中山でも「きじ焼き丼」!:

» 中山できじ焼き トラックバック 日曜日の静寂 = maru-tetsu-life =
府中ではお持ち帰りを販売しなくなったきじ焼き。何故か中山で売ってました。ちょっと... 続きを読む

受信: 2006/04/19 11:20:53

» 居抜きで新店舗? トラックバック 日曜日の静寂 = maru-tetsu-life =
そう、ここが「岡部玲子室長」の料理店予定地です。 ...わかる人いるんだろうか?... 続きを読む

受信: 2006/04/19 11:27:10

» ソーメンちゃんぷるー トラックバック 沖縄 石垣島ここだけの話
ソーメンをゆでて、油をまぶしてちょっとした野菜とちゃんぷるーしたもので いたって簡単な料理です 続きを読む

受信: 2006/04/19 12:27:49

コメント

今週から東京開催ですね。中山はどうも苦手意識があって良い成績を残すことは出来ませんでしたが、東京開催で巻き返そうと思っています。
そこで、指定席エリアじゃなくても、お勧めの昼食はありませんか?いつもはマックか天屋なんですけどね。もうちょっといろいろ食べてみたいなぁなんて思ったもので。

投稿: ユキ | 2006/04/19 4:11:58

クリスタルコーナー、毎週必ず通っています。「トロフィーや副賞の展示」があるからです。一番端の2Fの所にガラス張りの展示コーナーがあるので、毎週そこで撮影しています。また、MOSのコーヒーが安く(160円)列もなくすぐ買えるので、指定席からちょっと歩いて買ってます。近くに無料お茶もありますしね。

きじ焼き丼かぁ....豪勢っすねぇ。ほとんど自分はきじ焼き弁当になっちゃってます。それ以外は逆側のスタンド3F南側、杵屋の「冷やし源平うどん」がお気に入りです。

別途トラバしたのは、神田川のさらに奥にある昔「カレーラーメン」で名をはせたお店です。フジTVも何回か登場、ぬるいラーメンに熱いカレーを真ん中にそのまま入れるので、だんだん熱くなってくる、という不思議?な食べ物です。

今は店も潰れて、寂しい状態ですね。
それにしても、クラパで「真龍軒」と言われて一瞬であの店とわかる人って、何人いたんだろう(笑)

ではでは。

投稿: てつじん | 2006/04/19 12:01:21

>ユキさん

パドック派のニーズを満たすお薦めの昼食となると、
①パドック周辺または新スタンド低層階で発売されていて、②リーズナブルな価格設定で、③テイクアウトも可能、④毎週の連続喫食に耐えうる程度に美味しいというのが、条件ですね(笑)

これに該当するメニューなら、確かにてんやの天丼弁当もわるくないけど、時としてご飯がパサパサの状態になっているのが、気に入りません。京樽のチラシ寿司はマズマズですが、ややインパクトに欠ける。となると、値段がちょっと高い(1000円)のには目をつむって、3Fペッパーランチのステーキ重などが、よいかと思います。
5Fの指定席エリアにある食堂街は、一般客でも入場可能ですが、テイクアウトできないのが難点です。

投稿: 山城守 | 2006/04/20 23:16:32

>てつじんさん

中山開催中も、やはり皆勤賞だったんですね(^^)
競馬場の昼食事情に関する自分の印象だと、府中より中山のほうが、ちょっとだけ充実しているように思えます。杵屋は確かにいいですね。
きじ焼き丼+地ビールの昼食は我ながら確かに豪勢でしたが、オケラになった帰り道には本八幡駅で280円カレーの夕食が待っていました(汗)

投稿: 山城守 | 2006/04/20 23:24:15

①~④、良く分かっていらっしゃる(笑)
新スタンドでいいんでしょうか?
今度行ってみます。ありがとうございます。

投稿: ユキ | 2006/04/21 20:44:34

こんばんは。始めましてむんくです。
わぁ~い!いいもん見っけっ!!みたいな。。。きじ焼き丼、ほんと美味しそうですねぇ~!!暖かくなってきたことだし、今週日曜あたり、雨降らなければ、きじ焼き丼目的で東京競馬場に行ってきまーす。


投稿: むんく | 2006/04/21 21:05:32

>むんくさん

天気が微妙な日曜日ですけど、私も午後からきじ焼き丼を食べに?東京競馬場に出かけてきます。頑張りましょう。

投稿: 山城守 | 2006/04/23 10:16:13

コメントを書く