« 【中山記念】差し?先行?対照的な決着パターンを読み解く | トップページ | 【弥生賞】イン有利の芝が上位の明暗を分ける? »

2006/02/26

「あなたが負けると私が困る」 松永幹夫騎手の引退に寄せて

micky_o_with_heavenly_romance有終の美」とは、まさしくこんなことを言うのだろう。26日(日)かぎりで現役生活に別れを告げる松永幹夫騎手
メインの重賞で11番人気の低評価を覆す鮮やかな差しきりを決めたかと思うと、最終レースでは一転して大本命馬に騎乗し堂々の横綱相撲で連勝を飾ってみせた。しかも、最後の最後に通算1400勝達成という劇的なおまけつきである。「まだまだ、やれるじゃないか・・・・!」レースを観ていたファンなら誰もが、そう感じてしまうほどドラマチックなフィナーレだ。まさに惜しまれつつの引退である。

ところで、その昔、阪神競馬場最寄りの仁川駅ホームに、松永幹夫騎手を起用した製薬会社の広告パネル(ドリンク剤の宣伝だった)が設置されていたのを記憶している方はいるだろうか?鞭を片手に誇らしげに胸を張って凛々しくポーズを決めた松永騎手の横には、確かこんなキャッチコピーが掲げられていたはずだ・・・・「私が負けると、あなたが困る
当時、宝塚市内に在住していた自分も競馬場へ行き帰りする都度、これを見ていたわけだが、正直な感想をいえば「何だかなあ」と感じたものだ。
というのも、その頃まだ若かった松永騎手は、重賞になると武豊・田原や河内らの後塵を拝して、コロコロと負けてしまうことが多く、リーディング上位の割に意外と頼りにならない印象が強かったからだ。「ミッキー」という軟派なニックネームも、そんな印象をいっそう補強していたように思える。「私が困らないよう、あなたを買わないほうがいいかもね(笑)」そんな余計なことをついつい考えさせてしまう、困ったキャッチコピーを背負ったホープ、それが若き日の松永騎手だった。

だが、歳月はそんな頼りない若者を、着実に一人前の名手へと成長させてきたようである。近年は、武豊や福永・安勝らの影にかくれ、大舞台で1番人気に推されることも少なくなっていた松永騎手だが、ここ一番での信頼度は高く、馬券を買う側からすると実に頼りになる男に変貌を遂げていたのだ。

たとえば、一昨年の阪神牝馬S(G2)。このレースで自分は松永騎手騎乗の3番人気・ヘヴンリーロマンス(後の天皇賞馬)を本命に、ちょっとした勝負をかけていた。すると、松永騎手はスローペースのインでしっかり脚をため、直線一瞬のキレを生かして抜け出すという鮮やかな手綱捌きを披露。当時、重賞ではやや荷が重いとみられていた同馬を優勝に導いて、しっかりと信頼に応えてくれたのである。3連単330倍の配当になって、払い戻しは10万円を超えた。
今にして思えば、後の天皇賞とまったく同じ戦法だったわけだが、どちらかといえばスタミナ型のイメージが強かったヘヴンリーロマンスの真価を手綱を通じて知り尽くしていたからこそできた、プロの仕事というべきだろう。これ以外にも最近では、福島・ラジオたんぱ賞のケイアイガードや、東海Sのアンドゥオールなどの優勝が印象に残っているが、それら各馬の勝因はいずれも、松永騎手の手腕によるところが大きかったように思える。

また、松永騎手といえば、どうしても牝馬によるG1制覇という印象が強いけれど、そんな華やかな舞台とは対照的な「野武士」たちが集う地方交流重賞・ダート路線でも大活躍を演じていたことは、記憶に留めておきたいところだ。カネツフルーヴレギュラーメンバーをパートナーに圧倒的なブッチ切り勝ちを再三演じてみせたのはもちろん、キョウトシチーでドバイワールドカップに挑戦(6着)という出来事もあった。自分のような競馬ファンにとっては、「牝馬の松永」というよりも「ダートの松永」といったほうが、案外しっくりとくる。

その一方で、第1回JCダートでは、レギュラーメンバーで今まで誰も見たことがなかったような超ハイペースを演出するなど、時としてレースを壊してしまうほどガッツあふれる騎乗をみせてくれることもあった。行くと決めたらテコでも引かない・・・・あのソフトな表情からはちょっと想像できないような勝負師としての一面が、松永騎手には確かに備わっていたのだ。長年にわたって関西リーディングの上位に居座るには、それなりの肝の太さが要求されるということなのだろう。菊花賞で三冠に王手をかけたミホノブルボンを相手に真っ向勝負を挑んだキョウエイボーガンの玉砕戦法を思い起こしても、そんな彼の一面は、「ターフの紳士」という優しい言葉だけで、とても表現し尽くせないように思える。

さて、引退後の松永騎手だが、当面、山本正司師のもとで調教師修行に励んだ後、来春、山本厩舎の後を継いで新規開業というスケジュールが予定されているようだ。若き松永調教師にとって何より最大の課題になるのは、自身の後継者(主戦騎手)を1日も早く育て上げることだろう。なにせ山本厩舎は、これまで有力馬の手綱のほとんどを主戦・松永騎手に委ねてきたのだから・・・・。
騎手・松永幹夫不在の穴を埋めるのはたしかに容易ではない。野球の世界などでは「名選手は名監督にあらず」という格言があるけれど、名騎手・松永幹夫が名トレーナーたるためにまず超えなければならないのが、このハードルだ。
だが、手綱を通して競走馬の真価を理解し、馬それぞれの持ち味をレースに反映させるよう心を砕いてきた現役時代と同じように、丁寧な仕事ぶりが人づくりにも生かされるなら、その前途はけっして暗くないだろう。紳士的な立ち振る舞いと闘争心あふれる手綱さばきを受け継いだ次世代の主戦騎手が、いつの日か松永厩舎とのコンビで大活躍することを期待して、名手・松永幹夫に一ファンからのはなむけの言葉を送りたい。

「あなたが負けたら、私が困る!」 
がんばれ、松永幹夫。

2月 26, 2006 日記・コラム・つぶやき |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/8852995

この記事へのトラックバック一覧です: 「あなたが負けると私が困る」 松永幹夫騎手の引退に寄せて:

» けいばごと 28 トラックバック ボルジャノン厩舎
阪急杯、中山記念 ブルーショットガンは華麗なる一族の末裔なのだけれど、松永幹夫も華麗なるジョッキーなのでした。鳥肌がたちました。でも、ジョッキーとしてのミッキーをみれないのはさびしい。 華麗なる週末 ミッキーはおいらと同じ熊本出身。最初は....... 続きを読む

受信: 2006/02/27 0:02:16

» 阪急杯は松永幹夫騎手!最後のレースで1400勝!【軸◎と妙☆】結果2006.02.26 トラックバック 競馬SevenDays
簡単なレース回顧と日曜日の【軸◎と妙☆】の結果です。今日は、予想はイマイチでしたが、競馬は馬券だけで 続きを読む

受信: 2006/02/27 0:23:02

» まさにミッキー劇場 トラックバック JRA攻略百年構想
松永幹夫騎手、現役最後の騎乗でJRA通算1400勝達成(netkeiba.com) 松永幹夫騎手、有終Vで通算1400勝達成!(ラジオNIKKEI)  リーチの状態で最終レースまで来れば何とかなるだろうと思っていたら、朝からスティーブバローズ、メイショウソーラー、セイウンワキタ...... 続きを読む

受信: 2006/02/27 0:55:55

» 松永幹夫引退:まじで感動した・・・ トラックバック 彩の国こうのす競馬BLOG
 今日も馬券は好調でした。東京10Rの木更津特別、11Rの中山記念と穴っぽい◎が勝ってくれたのでホクホクw。でも阪急杯はコスモサンビームが良くわからないレースだったのでひ 続きを読む

受信: 2006/02/27 1:07:25

» 親愛なる松永幹夫様へ トラックバック この馬を買うくらいならユニセフに募金しよう
『 親愛なる松永幹夫様へ 先日、ネット上の「松永幹夫 調教師試験合格、騎手引退へ」の記事を見て、私はたいへん驚きました。 と同時にこれほどの若さで騎手を引退される事を知り 続きを読む

受信: 2006/02/27 2:06:48

» ミキオさん有終の美 トラックバック [混]ミックスランチ
松永幹夫騎手が3月より調教師に転身する為、今日の騎乗が最終になりましたが 最後の重賞「阪急杯」を11番人気の伏兵、ブルーショットガンで制し 続きを読む

受信: 2006/02/27 6:51:53

» ミッキー有終の美を飾る。ブルーショットガン 阪急杯 中山記念回顧 トラックバック [踊]Dance!Dance!Dance!
最終レースも勝ってミッキーさすが。 中山記念 重馬場だったので結果的に前残り。バランスオブゲームは59kg,重馬場で5馬身差の完勝。GIIだからという話もあるが。ダイワメジャーは終始2番手。よく踏ん張った。エアメサイア、2番手グループで進んでいた。直線はやや苦し...... 続きを読む

受信: 2006/02/27 9:14:48

» 松永幹夫騎手、感動をありがとう トラックバック SEABLOGスポーツ
 阪神競馬11レース、12レースと連勝して通算1400勝を達成して、松永幹夫騎手が鞭を置きます。ごくろうさまでした。感動をありがとうございました。 続きを読む

受信: 2006/02/27 13:05:35

» 松永幹夫騎手、最後の騎乗で1400勝達成 トラックバック ☆下天は夢か☆
松永幹夫騎手、最後の騎乗で1400勝達成(netkeiba.com) 幹夫カッコ良かったぁ セイウンワキタツで1399勝リーチ、最終で達成と考えていたので正直1400勝達成は無理と思ってましたよ そこで向かえたメインレース ブルーショットガンで重賞制覇??まさかなぁ なんて思ってた..... 続きを読む

受信: 2006/02/27 17:36:48

» 競馬の神様やりすぎですよ(笑) でもラスト重賞制覇&1400勝おめでとう ミッキー!! トラックバック おいらを競馬場につれてって
             阪急杯(GⅢ) 阪神・芝1400              1着 ブルーショットガン  1:25.5              2着 コスモシンドラー     1/2              3着◎オレハマッテルゼ    1/2  ... 続きを読む

受信: 2006/02/27 20:48:51

» 松永騎手引退 トラックバック BARBON STREET
松永騎手が引退最後の日のメインレースを11番人気ブルーショットガンで勝利。 12Rも勝利を収め、通算1400勝。 引退の花道は劇的であった。 松永騎手の一番の思い出はミホノブルボンに果敢に挑んだキョウエイボーガンの 騎乗である。 三冠がかかったこのレースで人気のない..... 続きを読む

受信: 2006/02/28 7:42:26

» 阪急杯を終えて(2つの「お疲れさま」) トラックバック 最高10点,穴だらけ
今年の阪急杯は,今年の2月で騎手を引退することになっていた松永幹夫騎手が手綱を取ったブルーショットガンが勝利。阪急杯の次のレースで通算1400勝達成と,最高のフィナーレを飾ることができましたが,その一方で,2003年の2歳王者コスモサンビームがレース中に急性心不全を発症し,その生涯を閉じることとなりました。... 続きを読む

受信: 2006/03/01 1:19:02

» 松永幹夫ジョッキー、ラスト・ライド! トラックバック the borderland
雨が降ったから、京都にでも行こうかと思ってたのが阪神競馬場になった。偶然にも松永幹夫ジョッキー(以降ミッキー)のラストディ&引退式を見ることができ、雨に感謝! ミッキーは私が競馬を始めた頃から若手騎手として活躍しだしたので、何かと気になる存在でした。詳しくはこちらの過去記事で。 朝一で阪神競馬場に到着して、はちさんと合流。 以前河内騎手が引退するとき、ラストウィークに勝ちまくった(河内祭り)という話を聞いていたので、土曜から注目してました。しかも土日を残して残り4勝で1400勝という記... 続きを読む

受信: 2006/03/02 23:02:04

» 釈迦に説法 チューリップ賞 トラックバック 雲國齊の無謀
先週、惜しまれつつも引退した松永騎手だが、JRAも同騎手のこれまでの歩みや引退式 続きを読む

受信: 2006/03/04 7:56:14

コメント

ああ…複数のクラブの身売りが~

投稿: ボルジャノン | 2006/02/27 4:06:01

お世辞でなく、この記事を読んで本当に感動しました。
松永幹夫という騎手の Only One さを忘れてはなりませんね。

>若き松永調教師にとって何より最大の課題になるのは、自身の後継者(主戦騎手)を1日も早く育て上げることだろう。

こうした所にも人情溢れる彼なら期待できそうですね!!

投稿: skyli | 2006/02/27 10:19:42

>skyliさん

お褒めにあずかり恐縮です (^^)
何だかんだいっても、長年、馬券的にお世話になってきたジョッキーですし、ラスト騎乗となった日曜日の大活躍をみても、ほんとうに引退が惜しまれます。
ポスト松永幹夫・・・・個人的には松永騎手に次いで山本厩舎の馬で好成績を残している川田騎手あたりに期待したい所ですが、どうでしょうか??

投稿: 山城守 | 2006/02/28 0:08:59

いつもその筆力に感嘆させて頂いてますが、今回のエントリは特に素晴らしいです!感動しました。

それにしても、勝負師としてのミッキーは「いい意味での二面性」を持つ稀有な存在でしたね。
「折り合い・スタートセンス・そつなく先行」みたいなソフトイメージ(<ダビスタのせい?w)があったのに、デットーリとあんだけ叩き合ったJC(ファビラスラフイン)には震えたものです。

投稿: 半笑い | 2006/02/28 3:25:18

半笑いさん、コメントありがとうございます。

>勝負師としてのミッキーは「いい意味での二面性」を持つ稀有な存在でしたね。

松永騎手。穴ジョッキーとしての一面も、忘れることはできません。ファビラスラフインの秋華賞・JCは強く印象に残るレースでしたね。当時、馬券は取れませんでしたが(^^;

投稿: 山城守 | 2006/03/05 2:11:49

コメントを書く