« オフィサー包囲網?同世代の強敵たちを検証する | トップページ | 【超訳競馬ニュース】香港マイルを急襲!日本のエースだ!ハットトリック »

2005/12/10

【朝日杯】大一番の結果を左右するのは結局「屋根」

馬場管理技術の進歩にともない中山・芝コースの高速化が進んだと言われる02年以降、朝日杯は、来春のクラシック戦線を占う登竜門というより、マイラーとしてのスピード適性の高さを問う一戦へと、その性格を変貌させてきたように思える。
たとえば、決着時計の速さ。過去3年の優勝馬はいずれも1分33秒台のタイムを記録しているが、2歳オープン馬にとってはかなり敷居の高い水準であり、自らの持ちタイムを大幅に短縮しないかぎり、上位入賞は難しい。これひとつとってみても、競走馬として相当高い次元での完成度を備えていないことには、とてもクリアできない課題といえるだろう。ちなみに、5~6年ほど前には、エイシンプレストンメジロベイリーなどが新馬・未勝利を勝ち上がった後、いきなりここに挑戦しG1制覇を達成という例もあったが、当時と今とでは、決着時計が1秒近くも違っている
また、近年の上位入賞馬が概ね共通して兼ね備えているのは、マイル戦に相応しい緊密なラップへの適応力と、Aコースのラチ沿いをロス無く立ち回れる器用さ、さらには直線で先行勢を一気に捉えきる瞬発力・・・・そこから思い浮かぶのは、まさしく一線級マイラーのイメージである。クロフネシンボリクリスエス、あるいはディープインパクトでもいいのだが、デビュー当時からスケールの雄大さが評判を呼んでいた(その反面、荒削りな不器用さも秘める)素質馬たちと、朝日杯の優勝馬とでは、そのイメージが明らかに異なる。開花時期の早いスピード型であればOKというわけではないが、少なくとも、21世紀の2歳王者決定戦は、素質の高さだけで勝てるほど、甘いレースではなくなったということだ。

katsuharuまた、朝日杯の勝者を占ううえで、もう一つ注目しておくべき重要なファクターがある。それは騎手の手綱捌きというポイントだ。土曜日の芝のレースでも、再三繰り返された光景だが、この時期の中山芝コースは、Aコース開催にふさわしく、とにかくインを通った馬が優勢である。
たとえば、最終レースの幕張特別(芝二千・1000万下)。右回りは鬼門と言われ人気を落としていたルーベンスメモリー(柴田善)が、道中番手から終始ラチ沿いの好位置をキープして、後続の追撃を1番を振り切って見せた。その反面、1番人気で先行利が見込めたコンドルクエストは、中団から大外を回す競馬を試み、結局、差して届かずの3着・・・・このコンドルクエストの手綱を握っていたのが、朝日杯ではショウナンタキオンに騎乗する田中勝春騎手である。道中ではほとんど同じような場所に位置していた横山典騎手が終始最内にこだわる乗り方で2着確保したことを思えば、勝春騎手の騎乗ぶりは無用なロスを増やしただけという印象だった。これでは、さすがに「ボーンヘッド」の誹りを免れないし、この馬から馬券を買っていた自分も、正直かなり失望を感じた。

その勝春騎手、改めて中山・芝コースでの戦績を調べてみると(JRAレーシングビュアーでチェック!)、人気を背負う差し・追込馬に騎乗しているときには、無難に外を回していることが多い。もちろん内目のコース取りを通ることもあるが、そんな場合は往々にして内枠からの発走であり、自らインにこだわったというより、他馬に押し込められ意に沿わぬ位置を選択せざるを得なかったという風情である。

後方からの競馬になる」「ゴチャつく位置を避けてスムーズに進出させたい」との作戦を上原調教師が指示しているショウナンタキオン・・・・今回の枠順は、最内に近い2番枠になったが、上記の勝春騎手の騎乗ぶりも考え合わせていくと、おそらくインを突く戦法はありえない。昨年マイネルレコルトがみせたような、3コーナー付近から外目をマクってのロングスパートをイメージしているのだろうか。だが、芝の荒れがそれほど進行していない現在のAコースで、この乗り方はかなりリスキーな戦法と言わざるを得ない。
思えば、驚異的な末脚で他馬を圧倒した新潟2歳Sにしても、全馬が直線、馬場の真ん中から外に持ち出す特殊な展開・・・・ラスト600メートルでは、直線1000メートル戦と同様のセパレートコースの様相を呈しており、ショウナンタキオンは、何ら不利を受けることなく後方から進出し、長い直線と芝のいい外目を通るメリットを存分に生かし切ることができた。一方、今回の中山戦では、これとは対照的にインを走るコース取りの利が明白な競馬になる。果たして、新潟でみせた「あの脚」の再現を素直に期待していいものかどうか?人気ほどの信頼は置けないと考えておく必要がありそうだ。

仮にショウナンタキオンが好走できる可能性があるとするなら、先行勢が前半から超ハイペースで飛ばし、馬群が縦長になった場合だろう。これなら、ラチ沿いから1~2頭外側を通りながら後方から先団に取り付くことができる。また、馬群が散り散りになる展開になれば、3年前のサクラプレジデント(勝春騎乗)のときと同様、内枠から出遅れても、運良くインのコース取りを確保できるかもしれない。
だが、今回に限っては、好位でラチ沿いのコースを固めるグループも、福永・武豊・内田博幸・デザーモなど、かなりえげつない顔ぶれが揃っている。これらのメンバーがガッチリとラチ沿いを固めてしまう状況が見え見えというなかで、後方からやってくる馬に勝利への最短コースが開く可能性はかなり小さいとみておく必要がある。また、逃げ馬スロクハイネスの取り消しで、前半から極端にペースが速くなることもなさそうだ。

非凡な素質を秘めるショウナンタキオンという天の配剤に恵まれた今年の朝日杯、勝春騎手にとっては久々のG1勝利の好機ではある。だが、大一番の結果を左右するのは、結局「屋根」の巧拙という、厳しい現実が待ち受けていそうな予感がしてならない。

【結論】
◎ジャリスコライト
○フサイチリシャール
▲ダイヤモンドヘッド
△ディープエアー
△フェイクフェイス

Photo:(C)Horses.JP(この画像の無断転載・複製はご遠慮ください)

「屋根」といえば、ジャリスコライトの手綱を取る名手=ケント・デザーモも、中山開催に入ってから、人気を背負いながら、今ひとつ成績が振るわない印象を受ける。先週のターコイズSのように最内を突くと前がズラリと壁になって立ち塞がり、外を回すと前が止まってくれない。どうにもチグハグな印象で、リズムが悪い
だが、悪ければ悪いなりに活路を見いだし、しっかりと結果を残してくれるのが、名手の名手たる所以である。幸いなことに、今回手綱を取るのは、鞍上の指示に機敏に反応できるセンスと世代屈指の決め手の持ち主。いちょうSが、マイル戦とはいえスローだったことを危惧する声もあるが、現時点での完成度の高さという点で、朝日杯の勝者に最もイメージが近いのはやはりこの馬。追い切りでみせた前代未聞・10頭合わせのパフォーマンスも、好位の馬込みから動いていく戦法を強く意識したもので、どんなペースになっても対応できる自在さを強化する方向に働きそうだ。

また、フサイチリシャールの手綱を取る福永騎手は、土曜競馬で痛恨の落馬。一時は日曜日の騎乗が危ぶまれたものの、どうやら中山入りして万全の態勢を取ってくる模様で、まずは一安心といったところ。仮に福永騎手が騎乗できない事態なら、当日中山で5鞍騎乗予定のある村上忍騎手(岩手)へのスイッチという妙手(!)を期待したいところだが・・・・フサイチの社長にそこまでの英断ができるかどうか?
前走の時計は掛け値なしに優秀だが、淀みないラップを刻んで先行するタイプとはちょっと違う。それがマイル戦でどう出るかが見所だろう。
以下では、最内枠に恵まれた武豊騎乗馬と、レベルの高い北海道シリーズ好走馬には、当然注意が必要。

キルトクールは、ショウナンタキオン。もちろん能力が能力だけに、2~3着の目はあるが、おそらく優勝はない。取りこぼしの可能性が最も高い人気馬であることを、再度強調しておきたい。

12月 10, 2005 競馬予想・回顧アーカイブ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/7561406

この記事へのトラックバック一覧です: 【朝日杯】大一番の結果を左右するのは結局「屋根」:

» 朝日杯フューチュリティステークス トラックバック そこで馬が走るかぎり
過去の傾向 からも 求められるのは持久力ある末脚 そして先行断然有利 ここは迷わず ◎フサイチリシャール 福永は今日落馬して 左手首挫創 左手の甲内出血 明日の騎乗は大丈夫でしょうか ○ジャリスコライト ▲スーパーホーネット △ディープエアー 臨戦課... 続きを読む

受信: 2005/12/11 0:10:40

» ◎ダイアモンドヘッド 朝日杯FS【血統フェスティバル】予想 トラックバック 【血統フェスティバル】blog
【朝日杯FS】出馬表と出走馬・近5年の1〜3着馬の血統を掲載。 続きを読む

受信: 2005/12/11 0:12:50

» 醒める前にテイクアウト、お願いしますセニョリータ!朝日杯FSの予想。 トラックバック 打ち上げ花火
 今年の朝日杯は3強の様相を呈している。いちょうSでつまりながら外に出し完勝したジャリスコライト。立て直しの効く精神力、それを実行できる体のポテンシャルは2歳馬離れしています。1番人気も仕方なしでしょう。そして東スポ杯2歳Sをレコード勝ちしたフサイチリシャ....... 続きを読む

受信: 2005/12/11 0:27:38

» 近年最高メンバーか 朝日杯予想。 トラックバック 空想世界 ★我思う、故に我有り★
朝日杯  自信度 60% 人気が三頭に集中し、2頭転べば三連複でも高配当。 フサイチリシャールは鼻にスムーズに行けなかった場合やHペース時不安。 今回は絡まれるだろうし、ここで完勝するようなら本物だろう。 ジャリスコライトは上がりは確かに早いがメンバーを... 続きを読む

受信: 2005/12/11 0:29:06

» 予想-朝日杯FS(GI)/鳴尾記念(GIII) トラックバック ■soliloquy■
■■朝日杯FS(GI)■■ 先日の『朝日杯-重賞経験の有無は?』の記事で書いたよ 続きを読む

受信: 2005/12/11 0:29:17

» たまにはガッツリ朝日杯FS・鳴尾記念 予想 トラックバック 何も言えなくて・・・さまぁ〜
 今日のは全くアカンかったー!神も仏もおらんのな  それでも競馬はやってしまうのね。なんとか当てたい予想です ■第57回朝日杯フューチュリティステークス(GI) ◎9 ディープエアー  最後は5番人気になりそうですがジャリスコやリシャールとで20倍つくなら....... 続きを読む

受信: 2005/12/11 0:30:39

» ◎ディープエアー〜朝日杯FSの最終予想 トラックバック ズルコビッチ劇場
・血統の色分けは→コチラ 参考データ ・過去の朝日杯フューチュリティS血統&ラップ ・その他の中山マイル重賞   ダービー卿CT、ニュージーランドT、京成杯AH。 ・過去の 続きを読む

受信: 2005/12/11 0:36:22

» 朝日杯フューチュリティステークス予想(「武勝善(たけかつぜん)」 これが私の 朝日杯!) トラックバック 最高10点,穴だらけ
先週の2歳女王決定戦,阪神ジュベナイルフィリーズでは2戦無敗のテイエムプリキュアが勝利し,騎乗していた熊沢重文騎手は約14年ぶりのGⅠ制覇を達成しました。今週は2歳馬の頂点を決める一戦である朝日杯フューチュリティステークスが行われますが,先週の結果にあやかり,人重視の予想をしようと思っています。 今回のレース,注目している人物が何人かいます。一人目はショウナンタキオンに騎乗する田中勝春騎手。GⅠ制覇そ... 続きを読む

受信: 2005/12/11 0:38:53

» 朝日杯フューチュリティーS・展望 トラックバック 気の向くままに思うまま
いやぁ、ここんとこ予想が外れまくり。まぁ、そんなもんでしょう。というわけで、今週は牡馬の新人賞、朝日杯です。過去にはアドマイヤドン、バブルガムフェロー、ナリタブライアン・・・といった成長してからも名馬として競馬界に君臨した馬を輩出したレース。阪神JFに比べ....... 続きを読む

受信: 2005/12/11 1:05:08

» 朝日杯FS予想 トラックバック LUCKY STRIKE
「矢部美穂のひと肌脱ぐわ」のコーナー見ましたぁ? あと1つwww その美穂嬢の今回、「ジャリスコ、差して、伸びて、止めて撚」と。 デザーモくんに是非お願いしたい、差さないで伸びないで止めないで~。 有馬の前に全部脱いで頂きましょー!(予想の一考に入れ..... 続きを読む

受信: 2005/12/11 1:24:55

» 朝日杯FS トラックバック inside out
Lv.63 番印N指 01…441ダイアモン 02…757ショウナン 03…265フェイクフ 04▲164アポロノサ 05…847スーパーホ 06△370ダノンブリ 07◎2260ジャリスコ 08…263デンシャミ 09△153ディープエ 10…650スロクハイ 11△3…レソナル 12○2054フサイチリ 13…1046タニオ..... 続きを読む

受信: 2005/12/11 1:28:01

» 3歳王者決定戦、朝日杯FS(G1) 予想 トラックバック ハッピースポーツブログ
朝日杯FS(G1) 中山 芝1600m ◎フサイチリシャール ○ジャリスコライト ▲スーパーホーネット △ダイアモンドヘッド △ショウナンタキオン △ディープエアー △ダノンブリエ 前評判ではジャリスコライト、フサイチリシャール、ショウナンタキオンの3強の対決と見られており、単勝オッズも拮抗している。 確かに素質という点においては上記3頭が抜けていると思うが、前が止まらない今の中山コース... 続きを読む

受信: 2005/12/11 2:55:39

» 予想 32 トラックバック ボルジャノン厩舎
朝日杯FS 田中勝春騎手がGⅠ連敗記録を更新中だが、先週14年ぶりに熊沢騎手がGⅠを勝利した。ここで田中勝春騎手が勝利すると13年ぶりのGⅠ勝利となるし、今年初の関東の騎手のGⅠ勝利となる。がんばれカッチ-!!ということで本命はショウナンタキオンです。 そして、...... 続きを読む

受信: 2005/12/11 3:07:07

» 朝日杯フューチュリティステークス-前日予想- トラックバック Todasoft Blog
枠番 馬番 馬名 性齢 重量 騎手 ささ予想 ロラ予想 1 1 ダイアモン... 続きを読む

受信: 2005/12/11 3:33:05

» 朝日杯FS(G1)最終診断 トラックバック Trifecta Wizard〜3連単の達人〜
2歳チャンピオン決定戦・第57回朝日杯FS(G1)。 古くから翌年のクラシックを占えるレースとして、重要なレースであるが、近年はクラシックへの直結度合という点では阪神競馬場で行われるラジオたんぱ杯にその座を譲っている感がある。 過去10年間を対象....... 続きを読む

受信: 2005/12/11 4:31:31

» (競馬予想)朝日杯FS、鳴尾記念 トラックバック たこの感想文
朝日杯FS ◎フサイチリシャール これは、どちらかと言うと応援馬券です。2歳戦は 続きを読む

受信: 2005/12/11 4:49:26

» 釈迦に説法 朝日杯FSほか トラックバック 雲國齊の無謀
中山11R 第57回朝日杯FS GⅠ恒例の全頭チェックを。 1 ダイアモンドヘッ 続きを読む

受信: 2005/12/11 6:42:19

» 朝日杯FS予想 トラックバック BARBON STREET
朝日杯FS 前有利、内枠有利の中山マイル。 開幕週だけあって前も止まらないだろう。 人気馬3頭が飛ぶことは考えられず、 その中でもジャリスコライトの前走のレースに 魅力を感じる。 早熟か否かはわからないが、 不利を被りながら、一瞬で他馬を引き離すレースは 並..... 続きを読む

受信: 2005/12/11 7:49:11

» 2005『朝日杯FS【GI】』と『鳴尾記念【GIII】』の予想 トラックバック 駿平の岩手競馬に注目!!
今日のJRAの重賞競走は、中山競馬場で『第57回朝日杯フューチュリティS【GI 続きを読む

受信: 2005/12/11 10:01:11

» 【馬】 朝日杯FS トラックバック saqurise!
【 週刊競馬予報 】 S氏「勝つ! 勝つ!! 勝春っ!!!」 Q氏「勝つ! 勝つ!! 勝春っ!!!」 S氏「勝つ! 勝つ!! 勝春っ!!!」 Q氏「勝つ! 勝つ!! 勝春っ!!!」 S氏「勝つ! 勝つ!! 勝春っ!!!」 Q氏「勝つ! 勝つ!! 勝春っ!!! ・・・ っていつまで付き合ったら良いんですかっ!!」 S氏「このまま終わっても良いかな? くらいの勢いだったんですけど(笑)」 Q氏「それじゃぁ、意味がわかんないよ(笑) 先週の熊沢Jの久々のG1勝ちがあったんで、『今週は田中J... 続きを読む

受信: 2005/12/11 11:13:06

» 朝日杯FS予想 トラックバック Goodthing競馬Blog
中山11R・朝日杯FS 芝1600m 昨年のペールギュントのごとく、内枠の追い込み馬はつらい。今回は休み明けなので思い切って斬る。 勝つのはフサイチリシャール。外枠から先行し、後半は押し出されるように先頭へ。 後続を押さえ込んで4連勝でGI制覇。相手はジェリスコライトを指名したい将来性の高い馬だが、ここは単穴評価。 相手は素質高いサンデー産駒のダイヤモンドヘッドを指名する。良馬場での切れ味に期待する。 続いて久々も動きいいディープエアー。穴は、フェイクフェイス、アポロノサトリ、スーパーホーネットの... 続きを読む

受信: 2005/12/11 12:36:35

» 朝日杯FS&鳴尾記念展望 トラックバック ウマと株の日々
昨年は前哨戦である京王杯の内が伸びる異様な馬場のせいで力の比較ができず的中できなかったが、それ以前はコスモサンビーム、エイシンチャンプと二年続けて三連複をとった、個人的には相性のいいレース。 今年は下馬評通り上位三頭は強いように思えるが、それぞれに弱点と言うか... 続きを読む

受信: 2005/12/11 12:46:19

» 鬼馬「朝日杯フューチュリティステークス」新聞版 トラックバック SEABLOGスポーツ
 日曜日はいよいよ朝日杯です。前売りでは3強のオッズですが、さてどんな結果になるでしょうか。 続きを読む

受信: 2005/12/11 14:17:07

» 朝日杯FSの予想 トラックバック Sonomama! x2 blog
気づけば再び日曜日。遅くなりましたが、今週こそは予想エントリを投稿します。 今日は2歳王者決定戦、朝日杯フューチュリティーSが行われます。まだまだキャリアの浅い若駒の争いですが、3強ムードが漂っているレースです。アグネスデジタルの半弟のジャリスコライトが一番人気、それに続くのがクロフネ産駒のフサイチリシャール。3番手は新潟2歳チャンプのショウナンタキオン。いずれも将来性たっぷりの馬ばかりで、どれを本命にしようか悩みます。... 続きを読む

受信: 2005/12/11 14:33:31

» あの衝撃を思い出せ!朝日杯FS予想! トラックバック キルトクールブログ
前哨戦のグレードレースの中で、レベルが高い順に並べると以下のようになる。。。 新潟2歳ステークス AC 札幌2歳ステークス AC 東京スポーツ杯 BC デイリー杯 DD 京王杯2歳S ED いちょうS DC☆ もっとも衝撃だったのはやはり新潟2歳のレースである。 出遅れ..... 続きを読む

受信: 2005/12/11 20:19:19

» 日曜日の競馬(12/11) トラックバック クロミちゃんの競馬日記
朝日杯はフサイチリシャールが優勝。 パパみたいに将来は芦毛の怪物と呼ばれるかな? タキオンはスタート直後に掛かってしまって 最後は余力がなかったみたいだね…。 今度こそカッチースマイルに期待したんだけど。 まだまだチャンスはあると思うのでカッ....... 続きを読む

受信: 2005/12/12 1:32:21

コメント

自分もショウナンタキオンについて同様の見方をしてます。
あの枠から外に持ち出すのもどうかと思いますし、昨年のペールギュントなどを考えると極端なレースをして届く形態ではないですよね。
まぁ、本命は違いますけど。

投稿: るいこすた | 2005/12/11 1:06:35

>るいこすたさん

ショウナンタキオン。鞍上の技量は別にしても、脚質的に朝日杯優勝馬のイメージとは違うタイプだと思います。
私は、3年前のサクラプレジデントに似たタイプと考えましたが、なるほど、ペールギュントですか。ここで3着したら、正月のG3で狙う手もありですね。

投稿: 山城守 | 2005/12/11 11:10:51

私も朝日杯FSの優勝馬のイメージに同感です。

近年、朝日杯FSの勝ち時計が速くなることにより、クラシックにつながる馬ではなく、現時点で完成度の高いマイラーでないと勝てないレースになっていますよね。

ショナンタキオンについては、何とも言えませんが…。

どんな展開になるか、もしかしたら内がパッカリ開くかも知れませんし。

レースは出たとこ勝負ですが、山城さんの予想過程は素晴らしいと思います。

また遊びにきます!

投稿: 治郎丸敬之 | 2005/12/11 11:50:55

>治郎丸敬之さん

予想拝見しました。
ジャリスコライトに関しては、ほぼ同意見です。この馬の将来性については現時点で即断できませんが、マイラーとしての完成度の高さは、2歳王者にふさわしい水準に達していると思います。

>どんな展開になるか、もしかしたら内がパッカリ開くかも知れませんし。

サクラプレジデントの年がそうでした。
確かにありえますね(笑)
ショウナンタキオンの優勝はないと思いますが、念のため2着付けの馬単は、こっそり押さえるつもりです。

投稿: 山城守 | 2005/12/11 12:47:23

コメントを書く