« 【朝日杯】大一番の結果を左右するのは結局「屋根」 | トップページ | 掟破りもまた楽し rain book ラ・フェット多摩に登場 »

2005/12/12

【超訳競馬ニュース】香港マイルを急襲!日本のエースだ!ハットトリック

hattrick_on_tennosho香港国際競馬で、日本勢が予想以上の大健闘!みごと香港マイルを制したハットトリックはもちろん、ヴァーズ2着のシックスセンス、マイル6着のアサクサデンエンも、よく頑張ってくれたと思います。これを記念し今回も、海外競馬ニュースの速報版を、当ブログ管理人による「超訳」にてお届け。原文は、香港賽馬会HPのニュースページに掲載されていた「JAPANESE ACE HAT TRICK SWOOPS TO LAND CATHAY PACIFIC HONG KONG MILE」です。
例によって、あくまで訳者の思いこみによる誤訳・暴走も多々あるかと思います。特に、鉛が落ちてレース発走時刻に遅延が生じたというくだりは、あまり自信がありません。昔、フェブラリーSで、岡部騎乗のウイングアローが馬場入場後、鉛を落とし再検量という「事件」があったけれど、今日のレースでは全騎手が再検量を強いられたのでしょうか?このあたりの事情は、さすがに記事だけでうかがい知ることはできないので、どなたか補足していただけると嬉しいです。

■香港マイルを急襲!日本のエースだ!ハットトリック
Japan's Mile Championship winner Hat Trick transported his national status to the international stage when landing the CXHK MILE at Sha Tin under Olivier Peslier.
Sent off as second favourite behind local hope Bullish Luck, Hat Trick was towards the rear of the field early in third last spot under a patient ride from Peslier.
Turning into the straight Hat Trick started to improve his position and came with a decisive run from the 300 metre mark to take the race by the scruff of the neck and win by a length and a quarter from the Darren Beadman ridden The Duke, who had raced prominently throughout, but who had no response to the winner's decisive thrust.

鞍上オリビエ・ペリエに導かれ、シャティンの香港マイルを見事制したハットトリック(三連冠)・・・・日本マイルチャンピオンシップの勝者は、世界の檜舞台でも哩王の勇名を轟かせてみせた。
地元の期待を集めるブリッシュラック(牛精福星)に次ぐ2番人気の支持を集めたハットトリックは、道中、最後方に近い位置取り。しっかりと手綱を抑えるペリエのもと、我慢の競馬に徹していた。
勝負は、直線を向いてから。進撃を始めたハットトリックは、残り300メートルの点から持ち前の豪脚を披露し、一気に他馬をゴボウ抜きする勢いを示す。終わってみれば、ダレン・ビードマンが騎乗するザデューク(星運爵士)に1馬身と4分の1差をつけての、完勝だった。ザデュークも、完璧に勝ちパターンの競馬だったが、勝者の圧倒的決め手の前には為す術がなかった。

Afterwards a delighted Peslier said: "It was a great race, and he's a wonderful horse. He was as good here as he was in the Mile Championship last time. He races from the rear, he was drawn wide, but I was always confident."

レースの後、喜びのペリエ騎手は、こう語っている。
いいレースでしたね。ハットトリックは素晴らしい競走馬ですよ。仕上がりも万全で、マイルチャンピオンシップを優勝したときと変わりないほど、状態が良かった。外目の枠で後方からの競馬だったけれど、終始、自信をもって乗ることができましたよ

The Tony Cruz trained favourite Bullish Luck raced in about eighth spot and ran on to finish fourth, without ever looking likely to take a hand in the finish. Dave's Best was third, half a length behind The Duke, who was the same distance ahead of Bullish Luck.

一方、1番人気を背負っていた地元の雄・ブリッシュラック(トニー・クルーズ厩舎)は、道中およそ8番手の位置どりを進んだものの、これという見せ場を作れることなく4着に終わった。デーヴズベスト(天仲之寶)は、ザデュークから半馬身差の3着に食い込み、ブリッシュラックに半馬身の着差をつけている。

The disappointment of the race was Rakti, who missed the break from gate three, and travelled on the fence in about sixth spot, but never looked to be happy in the race, never gave his jockey Philip Robinson any cause for hope at all. "He was not the same Rakti, the gears were just not there today," lamented Robinson.

残念なのは、ラクティ(發達蹄)のレースぶりだった。3番ゲートから出遅れ気味にスタートし、道中は内ラチ沿いの6番手を進んでいたが、終始手応えがひと息。直線でも全くいいところなく敗退してしまった。「いつものラクティじゃなかったよ。今日は歯車がかみあわず、ちぐはぐな競馬になってしまった」と、鞍上のフィリップ・ロビンソン騎手も、落胆を隠さない。

There was a quarter of an hour's delay to the start of the race when a lead weight was found on the floor, which necessitated the runners being unsaddled, the jockeys weighing out again, and the horses re-saddled before the race could take place, a factor that cannot have helped the more volatile contenders.

ちなみにレースの発走時刻が、予定より約15分遅れとなったが、これは鉛の重りが、床に落ちていたことが判明したため。このアクシデントのせいで、出走馬は一度鞍をはずし、騎手たちも再検量を行う必要が生じた。出走各馬はレース前に再度、鞍を装着しているが、そんな出来事が、激しい気性の馬たちに何らかの影響を及ぼした可能性もありうるだろう。

Asakusa Den'en , Japan's other challenger ran well from his widest draw in gate 14 to finish sixth just behind Court Masterpiece under Kieran Fallon, who got a dream run up the rail.
Fallon said, " At one point I thought I might get there, but he weakened in the last 100 yards."

日本からのもう1頭の挑戦者アサクサデンエン(浅草田園)は、大外14番枠からよく差をつめてきたが、内ラチ沿いをスルスルと伸びたキーレン・ファロン騎手のコートマスターピース(珍品)の直後、6着での入線だった。
一瞬、届くかも!と思ったけれど、残り100メートルで一杯になってしまったよ」とファロン騎手は語っている。

12月 12, 2005 競馬予想・回顧アーカイブ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/7579244

この記事へのトラックバック一覧です: 【超訳競馬ニュース】香港マイルを急襲!日本のエースだ!ハットトリック:

» ハットトリック香港マイル制覇 トラックバック Le Petit Prince
香港のシャティン競馬場で行われた香港国際競走。 日本から参戦したハットトリックが見事、香港マイルを制覇! 2001年にヴァーズ・マイル・カップのV3を達成して以来の日本馬の優勝ということになります。 しかも管理する角居厩舎はシーザリオに続く海外GⅠ制覇。 同じくキャロットクラブもシーザリオに続く海外GⅠ制覇。 角居&キャロットのタッグは国内GⅠ2勝を含み今年4つ目のGⅠ勝ち・・・。... 続きを読む

受信: 2005/12/12 1:15:05

» 日曜日の競馬(12/11) トラックバック クロミちゃんの競馬日記
朝日杯はフサイチリシャールが優勝。 パパみたいに将来は芦毛の怪物と呼ばれるかな? タキオンはスタート直後に掛かってしまって 最後は余力がなかったみたいだね…。 今度こそカッチースマイルに期待したんだけど。 まだまだチャンスはあると思うのでカッ....... 続きを読む

受信: 2005/12/12 1:31:54

» 香港で日本馬大活躍 トラックバック Brotherhood of YOU and KUREHA
日本で朝日杯フューチュリティステークスが 行われていた頃、 海の向こうでは 日本馬が果敢に挑戦したレースがありました。 香港国際競争です。 香港のヴァーズ競馬場で行われた国際GIレースの 香港マイル(1600メートル芝)に ハット....... 続きを読む

受信: 2005/12/12 1:37:03

» 香港マイルをハットトリックが優勝! トラックバック せきねだいあり〜
朝日杯の裏で、香港・シャティン競馬場で行われた香港国際競走。 日本勢は3レースに4頭が出走したわけですが…。 見事、ハットトリックが、見事香港マイル(G1)を制覇しました。 香港マイルは、サイレントウィットネスを初めて破ったブリッシュラック、2頭をまと....... 続きを読む

受信: 2005/12/12 2:23:56

» ハットトリック 香港GI制圧 トラックバック super chot blog
ハットトリック、香港マイル制覇(netkeiba.com) ハットトリックがマイ 続きを読む

受信: 2005/12/12 7:15:27

» ハットトリック 香港を制す。 トラックバック CW馬なりにて歩む
香港マイルをハットトリックが勝った。 続きを読む

受信: 2005/12/12 7:36:22

» 乙津多摩川準優勝お疲れちゃ〜ん&香港三連冠なフサイチDAY トラックバック ラリーズクラブ
【香港賽馬会】 三連冠快挙達成!沙田G1國泰航空香港一哩錦標に出走した三連冠ことハットトリックが柏兆雷ことオリビエ・ペリエの手によって鋭い末脚を香港の地でも繰り出し、見事海外G1優勝を達成しました! また、沙田G1國泰航空香港瓶では、超預感ことシックスセンスが...... 続きを読む

受信: 2005/12/12 7:43:08

» 祝!ハットトリック、香港マイル制覇 トラックバック SEABLOGスポーツ
 香港のシャティン競馬場で行なわれた香港マイルでペリエ騎手騎乗のハットトリックが優勝したようです。おめでとうございます。 続きを読む

受信: 2005/12/12 7:59:00

» 香港国際競争 結果 トラックバック 上下左右
香港ヴァース シックスセンス 2着 勝ち馬 ウィジャボード 香港スプリント アドマイヤマックス 11着 勝ち馬 ナチュラルブリッツ 香港マイル ハットトリック 勝利!1着 アサクサデンエン 6着 ハットトリック! 香港マイル制....... 続きを読む

受信: 2005/12/12 10:01:47

» 香港マイル結果 ハットトリック優勝!! トラックバック 【血統フェスティバル】blog
【香港マイル】1〜3着馬の血統。ハットトリック優勝!! 続きを読む

受信: 2005/12/12 10:12:13

» 香港 祝!ハットトリック勝利 トラックバック お馬はかわいいV
今年の香港は、サイレントウィットネスの回避で馬場に水を撒かなかったそうです。1頭の馬のためだったんですね。 さて香港マイルは予定の時刻を10分以上過ぎてやっとスタート。ペリエ騎手鞍上のハットトリックはゲートの中でかなり暴れていたようですが、いつもなので....... 続きを読む

受信: 2005/12/12 10:21:06

» 香港マイルでハットトリックが優勝!! トラックバック ニュータイプ的競馬
いやー。良かった、良かった。昨年の香港ではボコボコのギタンギタンにされていましたからね日本馬。今年もどうなる事かと思いましたがハットトリックがやってくれました!いつも通りの後方からの競馬で直線勝負。追い出した時に馬体をぶつけられた時は、どこの国の馬だ!ボ....... 続きを読む

受信: 2005/12/12 11:08:41

» 香港のレースもチェック! トラックバック stay_gold.com
昨日は時間が無かったのとライブで燃え尽きた感があったので、香港のレースの回顧してませんでした。 まぁレース見てもいないので回顧もへったくれもないんですが(汗 とりあえず順番に発表されてる結果を見ながら書いてみますか。 1:キャセイパシフィック香港ヴァーズ (結果はこちらから) シックスセンス2着!! 惜しいなぁ。 勝ち馬が去年の欧州年度代表馬ウィジャボードなら仕方ないかな。 凱旋門... 続きを読む

受信: 2005/12/12 11:12:00

» ハットトリックが香港マイル制覇 トラックバック JRA攻略百年構想
キャセイパシフィック香港マイル(国際G1)の結果〜ハットトリック号優勝!〜(JRAのお知らせ)  前後半の半マイルが48.4秒→46.4秒だからペース判定的にはスローになるのか。日本のマイルGⅠで後半が2秒も速いペースにはまずならないが、それを後方待機から4角....... 続きを読む

受信: 2005/12/12 13:24:40

» ハットトリック,香港マイル(G1)制覇おめでとう! トラックバック BLACKLAND's BLOG
ハットトリックとペリエJK,角居調教師,香港マイル(G1)制覇おめでとう!!うちではグリーンチャンネルは見ることが出来ないので,香港ジョッキークラブのサイトにある映像を見ました. スタートは出遅れ気味で後方から3番手での競馬.4角から外に持ち出し,ラスト100mで先頭を行くTHE DUKEを捉えて1と1/4馬身の差を付けてのゴール!マイルCSの勝ちはちょっと半信半疑だったんだけど,香港マイルを見て思いました.あんたは強いわ,ハットトリック.考えてみりゃデュランダルやラインクラフトに勝ってる訳だから... 続きを読む

受信: 2005/12/12 19:07:58

» 香港マイル2005写真&レース実況【香港賽馬会HPより】 トラックバック トニー便
写真1:日本中央競馬会理事長・高橋政行氏がキャセイパシフィック航空・香港マイルカップのベストグルーミング賞を獲得したデイブズベスト(天仲之寶)の厩務員に渡すところ。写真2:日本代表、ハットトリック(4番)が鞍上ペリエの見事な腕に応えて1馬身1/4差で香港マイ...... 続きを読む

受信: 2005/12/12 20:01:34

» 香港国際競走の結果~ハットトリック優勝~ トラックバック 競馬SevenDays
~~~気になる競馬NEWS~~~◇香港マイル(芝1600m)O・ペリエ騎手が騎乗したハットトリック(牡4、栗東・角居)が、香港マイルで見事優勝を飾った。2001年のエイシンプレストン以来4年ぶりの香港マイル制覇。なお、人気を集めた藤田伸... 続きを読む

受信: 2005/12/12 20:53:35

» ゴ〜〜ル!〜香港マイル(G1)回顧〜 トラックバック Trifecta Wizard
香港シャティン競馬場で行われた香港マイル(G1)は日本のハットトリック(三連冠)(牡4)が優勝した。 続きを読む

受信: 2005/12/13 1:22:48

» ゴ〜〜ル!〜香港マイル(G1)回顧〜 トラックバック Trifecta Wizard
香港シャティン競馬場で行われた香港マイル(G1)は日本のハットトリック(三連冠)(牡4)が優勝した。 続きを読む

受信: 2005/12/13 1:24:04

» ハットトリック、香港でもGⅠ制覇のVゴール!! トラックバック 祐貴のディープなブログ
12月11日、香港のシャティン競馬場で香港国際競走が行われ、日本馬4頭が出走した。 14時10分頃(現地時間)行われた香港ヴァーズ(GⅠ、芝2400m)には、今年の皐月賞2着、ダービー3着の四位洋文騎乗シックスセンスが出走。8番人気と低評価だったが、後方から直線追い込....... 続きを読む

受信: 2005/12/13 17:18:36

» 【香港】ハットトリックおめでとう! トラックバック 【車椅子の競馬魔王】
さすがハットトリック!さすがペリエ騎手! 本当に凄かった。今回の香港マイルは春の 続きを読む

受信: 2005/12/13 20:13:48

» けいばごと 2 トラックバック ボルジャノン厩舎
映像はみてないけど… 香港に出走した馬などの感想を。ハットトリックおめでとう。ペリエ騎手は身元引き受け人がサウスニアになって成績が悪いので心配したのですが、安心しました。アサクサデンエンは6着だったけど漢字がそのままなのがよかった。シックスセンスは2着....... 続きを読む

受信: 2005/12/14 21:45:24

» コスモバルクは五十嵐とコンビ復活 トラックバック Brain Squall 【競馬ニュース&コラム】
【注目記事】 ◆JRA重賞3勝のバルク、五十嵐冬が再コンビ ◆スティルインラブ号の引退式について【京都競馬場】 【レース結果】 ◆【朝日杯FS】(中山)??横綱相撲で戴冠!2歳王者はフサイチリシャール ◇レース後のコメント ◆【鳴尾記念】(阪神)??これぞベテランの味!メジロマントルまんまと逃げ切り勝ち ◇レース後のコメント ◆【香港マイル】(沙田)??日本のマイル王、ハットトリックが差し切り勝ち...... 続きを読む

受信: 2005/12/15 0:22:09

コメント

どうもお久しぶりです。。。
>鉛が落ちていたので
中継のかすかに聞こえる現地の解説と日本の中野さんもそう言ってました!!
ちなみハットトリックはぺリエが重かったため再検量がなかったらしいです。。。
調教師曰くぺリエが重くて初めて感謝したと言ってました(^^)
再検量がなかったおかげでレース前の状態は一番よかったとも言ってました。。。

ちなみにスプリントが勝てないのは馬場だと合田さんが訴えてました。。。
ダートも芝もこなせるスプリンターが香港に遠征した方がよいと・・・
今回は香港の英雄が出走しなかったため水もまかれてなかったので期待してたんですけどねぇ?!
残念です・・・
(まぁ不利を受けまくって走れなかったというのもあるんですけどね)

投稿: 坊主 | 2005/12/12 17:00:35

TB、どうもありがとうございます。こちらからTBでお返しできないのでコメントで。

レース映像はどっかの掲示板(笑)から引っ張ってきて見たのですが、マイルCSの再現VTRを見ているかのようでしたね。この馬自身の成長もあるし、ペリエ騎手が完全に手の内に入れたかのような騎乗も見事でした。

あと、今に思えば香港に行く前のマイルCSは、やっぱり観に行って正解だったな、と(笑)。

投稿: ジョカトーレ・F | 2005/12/12 21:39:54

坊主さん、コメントありがとうございます。

>ちなみハットトリックはぺリエが重かったため再検量がなかったらしいです。。。

合田さんがスポーツ紙のコラムで同趣旨の記事を書いていましたが、それでやっと腑に落ちました。
アドマイヤマックスは、道中の脚色こそ悪くなかったけれど、やはり不利が応えた印象を受けました。直線競馬への適性も未知数でしたが・・・・

ちなみに今回未登場の香港の英雄は、中山のスピード馬場でもあれほど強いのですから、是非、敵地でもパンパン馬場でデュランダルとの一騎打ちを見たかった気がします。

投稿: 山城守 | 2005/12/16 0:46:48

>ジョカトーレ・Fさん

私はグリーンチャンネルのビデオ録画で観戦しましたが、ハットトリックがパドックを周回する様子など、確かにマイルCS当時と全く遜色ないデキに見えました。

>今に思えば香港に行く前のマイルCSは、やっぱり観に行って正解だったな、と(笑)。

現地に行かないかぎり、香港の馬券を買えないのが、残念ですが。ウイジャボードとシックスセンスで決まった香港ヴァーズなど馬単1点で取れるんですけどねえ(笑)

投稿: 山城守 | 2005/12/16 0:50:36

コメントを書く