« 【ジャパンカップ】外国人騎手の「ライン」から見えてくること | トップページ | 【阪神JF】「切れすぎる」末脚に不安あり! »

2005/12/02

【サウスニア2歳募集馬】選ばれし者の恍惚と不安

tc_002満を持してというべきか?やっとこさというべきか?暮れも押し詰まりつつあるこの時季、我らがサウスニアRHの2歳募集馬のラインアップの全容が、ようやく明らかになってきた。長引く不況とイマイチ煮え切らない所属馬の成績を反映してか?例年に比べ募集馬の頭数(全9頭)が少なめであるのが気になるものの、今年も、英オークス馬の仔に、デインヒルのラストクロップ、ロックオブジブラルタルの初年度産駒など、ゴージャスな外国産馬を品揃え。他のクラブと一線を画す独自の良血マル外路線は、いまだ健在のようだ。

だが、例年なら募集馬の看板をつとめるこれら外国産馬の影が薄くなるほどの、内国産ビッグネームが、今年はスタンバイしている。タニノクリスタル’04(父ブライアンズタイム)・・・・そう、言わずとしれた日本ダービー馬・タニノギムレットの全弟がラインアップの一角に加えられているのだ。

募集総額は8400万円(一口あたり168千円)。良血馬に相応しくかなり強気の価格が設定されている。これを高いとみるか、お買い得とみるべきか?サンデー無き後、クラブ法人の募集価格が全体として低下傾向にある現在、評価は微妙と言うべきかもしれない。もちろん、ネームバリューだけで即断するのは危険であり、自分も実際の馬体を目にするまで最終評価を保留しようと思っていた。
だが、公式サイトで公開された写真・映像をみるかぎり、その雰囲気はなかなかのものであった。スター候補生にふさわしく漆黒の毛色に四白流星ブライアンズタイム産駒らしいどっしりとした腹袋。まだ幼い体つきをしているとはいえ、クラシックシーズンに向け成長の余地もかなり大きそうな印象を受ける。ひとことで言うなら、齢1歳にして兄同様、威風堂々たる風格を漂わせている。このまま順調にいけば、皐月賞も視野に入ってきそうな器とみたい。

しかし、その一方で、不安な要素もないわけではない。

ポイントになるのは、入厩を予定している藤沢和雄厩舎の調教方針が、ブライアンズタイム産駒のこの馬にマッチするかどうか?だろう。藤沢厩舎の管理してきたBT産駒といえば、ボールドブライアントレジャーがその代表格といえるが、いずれも頭角を現してきたのは、春のクラシックシーズンを終えた後。仕上げにかなり時間を要しているし、その後、息の長い競走生活を続けいるとはいえ、ややもすると絞りきれないままレースに出走し凡走と、持てる素質を十分に生かし切れているとは言い難い。運動量そのものは豊富でも、レース出走時には幾分お釣りを残す藤沢流の調教流儀と、太りやすいブライアンズタイムの相性がどうなのか?出資を判断するうえでは、やはり気になる問題である。その反面、外国人騎手を積極的に登用する厩舎だけに、ケント・デザーモのような騎手に恵まれれば、レースにいってビシビシ追われ、仕上がり以上の好走も期待できるのだがが・・・・

サウスニアRH、2歳馬募集先行受付は、12月17日(土)~有馬記念当日の12月25日(日)まで。募集開始まであと2週間の時間がある。一度出資を決断すれば、その後数年間苦楽を共にする愛馬を選ぶ作業・・・・その最終判断は自ずと慎重にならざるを得ない。タニノクリスタル’04を中心に、今年の顔ぶれをもう少しじっくりと吟味してみようと考えている。

<参考ネタ> クラブ法人 今年の高額募集馬たち(2歳)

クラブ募集額兄弟
サンデーフレンチデピュティブルーアヴェニュー1億クロフネ
ロードRock of Gibraltarレディパステル8400万
サウスニアブライアンズタイムタニノクリスタル8400万タニノギムレット
サンデーアグネスタキオンディクシーズスプラッシュ8000万デルタブルース
サンデーダンスインザダークロゼカラー8000万ローゼンクロイツ
サウスニアMark of EsteemLady Carla7350万
社台ダンスインザダークニキーヤ7000万ゴールドアリュール
キャロットダンスインザダークポトザリス7000万ディアデラノビア
社台ダンスインザダークシングライクトーク6000万セイレーンズソング
ゴールドSeeking the Goldグラマラス5880万
サウスニアDanehillTasseled5880万Deploy Venture
ウインフレンチデピュティピンクタートル5800万レディパステル

12月 2, 2005 ひとくち馬主日記 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/7422994

この記事へのトラックバック一覧です: 【サウスニア2歳募集馬】選ばれし者の恍惚と不安:

» ひとくちごと トラックバック ボルジャノン厩舎
出資馬 のブルーバスターが今週の新馬戦を回避。来週か?安勝は乗ってくれるかな?あれれ…やっぱり今週出走だ。アンカツで。出資馬にアンカツは初めてだ。楽しみ〜 新規募集 サウスニアの新規募集の価格と厩舎が発表になった。谷野義務列島の全弟はF厩舎で...... 続きを読む

受信: 2005/12/03 8:48:03

コメント

はじめまして。実は私も今、初めて一口なる
ものをやってみようかと思案中です。
そして何気なく見つけたのがタニノクリスタル04です。

ギムレットは本当に好きな馬だったので、
その弟ということで注目したのが最初ですが、
それなりに色々考えてはいます。

一口自体、もっともリスクな投資だとは思って
いますが、競馬を楽しむ中でたどり着くのは
必然かなとも思います(笑)

とはいえ、一口はまったくの素人です。まして
クリスタル04の出資に関しては、額が額です。でも、
出資するならこの馬以外にも考えられないと
いう感じです。

突然質問ばかりで失礼かとは思いましたが、
参考に色々お話を聞ければなと思い、コメント
させていただきました。

ブログの方もちょくちょく見せていただいて
います。また参考にさせていただきます。
それでは。

投稿: キャプテン☆一等星 | 2005/12/08 22:07:21

キャプテン☆一等星さん。
確かにギムレットは、「記憶に残る名馬」でしたね。
クリスタル04があれほどの活躍を再現できるかどうかはわかりませんが、公式サイトで公開された動画をみるかぎりでは、「あの兄にしてこの弟あり」という雰囲気を漂わす良い馬だと感じています。

エントリにも書いたように、問題は藤沢流の調教スタイルで、ブライアンズタイムの素質を十分引き出せるかどうかでしょう。
とはいえ、ひとつの可能性として考えられるのは、どっしりとした腹袋をもったこの馬ならダート路線でも期待できる目があるということです。仮に脚元に不安が出てきても、ダートなら息の長い競走生活を送れる可能性がある・・・・ひょっとしたら、兄とはまったく違う路線でその才能を開花させてくれるのかもしれません。

ちなみに、他の募集馬では、カーティスクリークの弟リルズ04が面白そうです。独自の育成・調教スタイルをとる森厩舎というのも好材料ですね。高額のマル外(特にレディカーラ04)もいいけれど、募集額とのバランスを考えると、意外にお買い得な1頭になるかも?と思案しています。

投稿: 山城守 | 2005/12/09 2:10:15

コメントを書く