« 【阪神JF】「切れすぎる」末脚に不安あり! | トップページ | 【朝日杯】大一番の結果を左右するのは結局「屋根」 »

2005/12/09

オフィサー包囲網?同世代の強敵たちを検証する

officer_green_wood前走・ブラジルカップで2着した後、短期放牧に出されていたオフィサー(牡3・当ブログひとくち出資馬)が、6日(火)栗東トレセンに無事帰厩してきた。目下、出走に向けて照準を合わせているのは来週土曜日・阪神メインに組まれる準オープンのハンデ戦・アクアルミナスS(ダート1200)である。
(写真は、サウスニア公式サイトより)


週刊競馬ブック」に掲載された「オープン馬・準オープン馬近況レポ」によれば、現時点で、このレースに出走表明をしているのは、スリージェム(牡4)・コウエイキンラベル(牡6)といった準オープン常連に加え、エアアドニス・ゼンノエキスプレス・プリュネルといった3歳勢・・・・・つまり順調にいけば、有名なヨメ@宮本さんのところのプリュネル嬢(牝3)と、愛馬オフィサーの初対決が実現するわけで、ブロガー的にはちょっとワクワクするような注目の争いである。
だが、それはともかく、このレースには、ダートでまだ底を見せていない3歳の素質馬がこれ以外にも少なからず登録してくることが想定され、侮れないメンバーの集うハイレベルな一戦になりそうな予感がする。

そう思って、現在ダート短距離戦線を争う3歳・準オープン馬の顔ぶれをチェックしてみると、想像以上に層が厚いことに驚かされる。アクアルミナスSに出走可能性がある馬だけを数えても、ざっと20頭。試みにTARGET FRONTIER JVを使って、3歳勢だけで仮想出馬表を組んでみたのだが、古馬抜きの顔ぶれでもかなりの大激戦である。グリーンチャンネル「先週の結果分析」で三たび番組推奨馬に選ばれたオフィサーといえど、ここまで強敵が揃うと、ちょっと油断はできない。

aqua_luminous


これらのうち、既にオフィサーが直接対決で下しており、勝負付けが済んでいると思われるのは、マルカフレンチを筆頭に、ヒカルバローロリメンバードリームマイティシルバーヴィフォルテモエレの2頭といったあたり。それ以外の馬とはまだ対戦履歴がない。

未対戦のメンバー中でも、時計比較からまず強敵になりそうなのは、マイティスプリングだろう。前走・東京ダート千四で前日のブラジルC2着に匹敵する走破時計を叩き出している。このレースで2着に下したメジロハンターが次走をアッサリ勝ち上がったことから高レベル評価は疑いようもなく、さらには、あのアントニオマグナムを4馬身も離しているのだから、先行力が生きる展開になればかなり怖い。

さらには、牝馬のキープザフェイス。距離適性は千六がベストなので、敢えて阪神の千二にまで駒を進めるかどうかはわからないが、仮に出走してくれば、オフィサーの強力なライバルになりうる素材とみている。前走・河口湖特別(東京ダ千六・1着)では、鞍上の田中勝春騎手がこの馬に跨ったとたん、ニンマリと表情を緩めていたが、つまりはそれほどの状態にまで仕上がっていたということ。牝馬といえど、昇級後も上位で通用する可能性は小さくないだろう。

これ以外だと、風水パワーの後押しを受ける(?)実績馬コパノフウジン、坂のあるコースでは未知数とはいえ連勝の勢いが怖いアフリート産駒・ゼンノパルテノン、馬体が絞れていれば鋭い末脚を発揮してくるダンディズム、それに宮本厩舎の秘密兵器・プリュネル嬢などにも、当然注意を払っておきたいところだ。

ブラジルカップの内容から、今回はそれなりのハンデは覚悟しなければならないオフィサーが、これら同世代の強敵をどう迎え撃つのか?また、オフィサーとのコンビ復活が期待される武豊騎手(あるいはペリエかも?)が、どんな手綱捌きで愛馬を導いてくれるのか?ちなみに古馬勢からも、タイキジリオンなど強豪がここに矛先を向けてくる可能性があり、興味は尽きない。
注目の1戦に愛馬の出走が決定すれば、阪神競馬場に遠征の体制を組んで、声援を送りに行くつもりである。

12月 9, 2005 ひとくち馬主日記 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/7534550

この記事へのトラックバック一覧です: オフィサー包囲網?同世代の強敵たちを検証する:

» 12月は大爆発か?ギャラクシーS トラックバック サラリーマン馬主の部屋
先週、阪神JFを4頭馬連BOXの6点で決め、少し勢いのでてきた馬券勝負だが、今日も爆発してくれました。キーワードは6点と午後です。先週もそうだったのですが、最近(いや、いつもかな?)は口座に入れてもお金が直ぐなくなるので、最寄のATMから追加資金を入れに....... 続きを読む

受信: 2005/12/10 17:55:38

» ひとりごと 47 トラックバック ボルジャノン厩舎
来週は… いよいよファイナルS(笑)このレースは馬が馬場入りするときの曲がヨーロッパの「ファイナルカウントダウン」らしいのですが、この曲が入ってるアルバムの2曲目がおいらは大好きです。うつくしいメロディ、うつくしいコーラス、うつくしいハーモニー。いい曲....... 続きを読む

受信: 2005/12/11 23:23:09

コメント

自己レスです。
ギャラクシーSを叩いて、次週のアクアルミナスSへ連闘か?とみていたマイティスプリング。大幅馬体増でもミリオンベルをまったく寄せつけず、強い勝ちっぷりでした。
一方、中山メインでは、ブラジルC1着のタイキエニグマが堂々の横綱相撲・・・・これなら、次週のオフィサーもかなりやれそうです。

投稿: 山城守 | 2005/12/10 15:49:37

エニグマもマイティも確かに強いですね。エニグマは中距離路線に行ってしまうかもしれませんが、マイティは何れぶつかるんでしょうね。この短距離ダート路線は1000万下からOPまでかなり層が厚いので、オフィサーも確かに楽観できませんが、武が手綱をしっかり握っていてくれれば、来年は重賞の1・2取れそうに思うんですが。親ばかですかねえ....

投稿: suganokun | 2005/12/10 18:00:05

suganokunさん。土曜競馬の大爆発、おめでとうございます(^^)
私もギャラクシーSは、マイティスプリングから勝負するつもりでしたが、馬体重発表を聞いてさすがに弱気に・・・・結局、仕上がりが良く見えたニシノコンサフォスからの流し馬券を購入しちゃいました。で、買った後からニシノがブライアンズタイム産駒であることを発見(冷や汗) 休み明けに来るはずなど、ないんですよねえ・・・・
しかし、マイティスプリングは、そんな私の弱気をあざ笑うかのように圧倒的強さを発揮してくれました。これならオフィサーも、今週格上挑戦を選択してもよかったかも。いずれにせよ、来週は大勝負といきましょう!

投稿: 山城守 | 2005/12/11 0:09:14

今週は仕事が忙しそうなのでおもいっきり先行して記事かいてみました。

投稿: ボルジャノン | 2005/12/11 23:18:20

>ボルジャノンさん

オフィサーは、アクアルミナスSと中山・市川Sのダブル登録。29頭登録の抽選突破は容易じゃないけど、出走さえ叶えば、ここでも首位を狙えそうな感触ですね。
ファイナルカウントダウン♪・・・・スペースローンウルフ時代の武藤敬司が入場テーマに使っていたような気もします(笑)

投稿: 山城守 | 2005/12/12 1:18:55

コメントを書く