« 【エリザベス女王杯】前哨戦のパドックを思い出しながら | トップページ | ファインモーションのように 上原ひろみ「Spiral」 »

2005/11/13

夢の舞台は東へ西へ~レインブック名古屋でライブ

B000B52DC210月に約2年振りとなる新作「心の力/お家へ帰ろう」をリリースしたばかりの個性派ユニット・レインブック(rain book)日本の童謡をモチーフにした郷愁豊かなサウンドと、まるで天女が奏でるような透明感に満ちた歌声は、今作でも独自の音楽世界を拡げており、聴く者の耳をとらえて離さない。そんな彼らの活動エリアは、デビュー以来、ホームグランド・新潟でのラジオ番組と東京のライブが中心。つまり、地域限定バンドの趣があったわけだけれど、ここにきて嬉しいことに、全国展開の気運が盛りあがりつつあるようだ。

きっかけは、中部日本放送CBCラジオ10月のキャンペーンソングとして「お家へ帰ろう」が選ばれたことである。かつては「涙そうそう」や「さくら」も取り上げられたという、この由緒あるヘビー・ローテーションの座を射止めたことの効用は小さくなかったようで、記念(?)のミニライブも名古屋市内で催されることになった。演奏の日取りは奇しくも11月3日(祝)・・・・そう、JBCの開催で名古屋競馬が2万人大観衆に埋め尽くされ熱く燃えたあの日のお話である。当ブログ管理人もこの日は当然、名古屋に遠征中。となれば、ドンコからタクシーを飛ばしてでも、会場に駆けつけるしかない。

ライブ会場は、市内・西北部にオープンしたCBC住宅展示場のイベントコーナーである。この日のライブは、ラジオ番組の公開録音として行われたのだが、メーンエベントは、かの替え歌名人・嘉門達夫氏の独演会であった。我らがレインブックは、そのセミファイナルとして午後1時30分、昼下がりのステージに登場。要するに前座だったわけだが、まるで芸風の異なる嘉門氏との接点がなかった分、独自の音楽世界を縦横無尽にアピールする機会を与えられ、それはそれでかえって良かったと思う。演奏してくれたのは、以下の3曲だった。

11/3(日)名古屋市・CBCハウジング ライブ 13:30~
1.心の力
2.朧月夜
3.お家へ帰ろう

rainbook_at_nagoya_cbc_liveこの日のライブは、オリジナルメンバー2人(山本容子+前澤ヒデノリ)のみによるシンプルな構成。SPが奏でるカラオケをバックに、山本さんのボーカルと、前澤さんのアコースティックギターを被せていくという演奏だったわけだが、それでもライブならではの即興性と風通しの良さを感じさせる好演奏だった。短時間のミニライブゆえに楽曲の目新しさは無かったけれど、その分、歌い込んできた作品ならではの手堅さと安心感がある。圧巻は「お家へ帰ろう」の後半部で、山本さんがルルルルゥ・・・・と、突然歌い出したスキャット。アドリブだったのかどうかは定かでないけれど、力のある歌い手にしかできない芸当だ。聴く者のハートをグイッと鷲づかみするかのような確信に満ちた響きには、思わず魅了されてしまうばかりだった。

ラジオの公開録音らしく、MCも楽しい。傑作だったのは、山本さんが酩酊してタクシーに乗ってから、財布の中のお金が足りないことに気がついたときのエピソードだ。無賃乗車の汚名を避けるために、腹をくくった山本さんは「私歌いますっ!」といきなり宣言。運転手1人を聴衆に、あの歌声を朗々と狭い車中に響き渡らせたという。結局、感激した運転者から「おねえちゃん、がんばれよ!」(笑)と激励され、料金を負けてもらったうえ缶コーヒーまでご馳走になったらしい。芸は身を助けるとはまさにこのこと、羨ましいかぎりである。

この日を皮切りに、地元・新潟でのキャンペーンツアーも敢行したレインブックは、以降も各地で活発な活動を続ける予定だ。11月21日には栃木県のAM・FMラジオに初登場、12月にかけてはNHK・FMの全国放送でもゲストの予定が入っている。活字メディアにも少しづつ浸透しつつあるようで、新潟地方版の朝日新聞に紹介記事が出たばかりか、なぜか仙台版のフリーペーパーにも新作がお薦めの一枚として紹介されている。まさに東へ西へ。個人的には、この勢いで来シーズンぜひ、盛岡競馬場でのライブを企画してほしいと願う。内田利雄騎手がライブで観衆を湧かせたあのステージこそは、彼らの芸風がピタリとマッチする夢の舞台だと思うのだけれど、はたしてどうだろう?
ともあれ12月に都内で予定しているライブにも、機会をみつけ足を運んでみようかと思っている。

【関連サイト】
rain book 公式ホームページ
rain bookファン倶楽部・新潟支部/umbrella-HP

11月 13, 2005 音楽 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/7091901

この記事へのトラックバック一覧です: 夢の舞台は東へ西へ~レインブック名古屋でライブ:

コメント

山城守様、くわしいレポート、ありがとうございます。&倶楽部の紹介、どうもです!日本一景気の好い名古屋から、熱い支援の火が燃え上がって欲しいと思っています。

投稿: taylar | 2005/11/14 7:58:24


こんにちは。

昨日の夕方の番組で、ON・AIRされていました。 
会場に、山城さんはいらっしゃってたんですね。

投稿: おっさん | 2005/11/14 14:43:02

ラジオ放送の模様までは、さすがにチェックできませんでしたが、わりと最近の放送だったのですね。
CBCといえば、中京名物の電撃戦CBC賞も、来年から夏場に開催時期が変更されます(笑)・・・・炎暑の中京が盛り上がる季節までに、rainbookが名古屋でブレイクしてくれると嬉しいですね。

投稿: 山城守 | 2005/11/18 1:01:21

コメントを書く