« 【スプリンターズS回顧】偉大なる闘争心に乾杯 | トップページ | 【毎日王冠】展開と馬場から考えるコスモバルクの命運 »

2005/10/07

rain book 待望の新作が登場

新潟県小千谷市出身シンガー山本容子率いる"rain book"
あれから1年・・。 新潟・中越大震災から立ち上がろうとしている方たちへの"応援ソング"ともなる楽曲『心の力/お家へ帰ろう』のリリースです。古き良き日本の歌・童謡エッセンスを散りばめた作品。2年ぶりの新作、登場です

rain book公式HPの告知より引用~  

10月19日(水)リリースとなる待望の新作は、4曲入りマキシCD
「心の力」「お家へ帰ろう」「野ばら」「千本桜」・・・・いずれも、新潟県のFMポートではたびたびオンエアされているナンバーで、ファンにはお馴染みの楽曲だが、はじめて耳にする人に鮮烈な印象を与えることは確実だろう。ボーカル山本容子さんの透明感あふれる歌声は、相変わらず素晴らしく、思わずため息がでる。

DSCF0039久しぶりに公式HPに飛んでいくと、収録された全曲を試聴可能という大盤振る舞いを実施中であった。これで新作の全貌をほぼ知ることができたわけだが、4曲まとめて再聴してみると、また違った印象が感じられるのが興味深い。
rainbookというユニットが秘める可能性をまだ模索中でアラカルト的味わいだったデビュー作と比べ、2作目は作品としての統一感がぐっと強くなっている。郷愁を誘う旋律・アレンジと一体になって、ろうろうと響きわたる確信に満ちた歌声。歌詞のモチーフになった日本の童謡世界ばかりでなく、どこか知らない国を旅しているとき感じるような無国籍的な情感も少し感じさせてくれる。ありきたりな表現になってしまうけれど、独自の音楽世界が完成に近づいたというべきだろうか。個人的には、ライブでよく演奏している感涙必至のアイルランド唱歌「サリー・ガーデン」も収録して欲しかったが、見送られちゃったのが少し残念。

新潟と東京の一部に限られていた活動半径も、少しづつ拡がってきた。10月からは横浜のFMサルースでも、日曜10時から新番組「rain book~雨の日と日曜日は~」がスタート。多摩地区でも試聴可能なのは川崎市の山手エリアまでに限定されるので、我が家で直接耳にすることはでけないけれど、いったいどんな番組なんだろう。興味津々である。

umbrellabana2また、当ブログにたびたびコメントをいただいているtaylarさんの手による「rain bookファン倶楽部・新潟支部/umbrella」も結成されている。「新潟支部」なのに、関東圏からも入会者が多いのは何故?(笑) ともあれ私もさっそく入会して、「新潟支部・府中競馬場駐在員」として活動を開始しようと画策中である。

10月 7, 2005 音楽 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/6287308

この記事へのトラックバック一覧です: rain book 待望の新作が登場:

コメント

山城守様、こんにちは!rain bookファン倶楽部のご紹介、ありがとうございます!&ご入会、ありがとうございました。府中競馬場駐在員、でもokですが、よければ、西東京支部でお願いします!?では、よろしく。

投稿: taylar | 2005/10/08 1:39:43

初めまして。
おっさんと申します。
文字通り『おっさん』です。
いつも、筆力に感心しながら、閲覧しております。

さて、rain book の「お家へ帰ろう」が紹介されていましたので
書き込みさせて頂きます。
私の住む中部地方には中部日本放送(CBC)がありますが、
局を挙げてのキャンペーンに

『いっしょに歌お。』

というのがあります。
その10月の歌が「お家へ帰ろう」です。
私は、とても気に入っています。

非常に実績があるキャンペーンで
「涙そうそう(夏川りみ)」 や 「さくら(森山直太郎)」
なども扱われました。

ご参考までに。

http://hicbc.com/index.htm 

投稿: お | 2005/10/09 0:03:16


初めまして。
おっさんと申します。
文字通り『おっさん』です。
いつも、筆力に感心しながら、閲覧しております。

さて、rain book の「お家へ帰ろう」が紹介されていましたので
書き込みさせて頂きます。
私の住む中部地方には中部日本放送(CBC)がありますが、
局を挙げてのキャンペーンに

『いっしょに歌お。』

というのがあります。
その10月の歌が「お家へ帰ろう」です。
私は、とても気に入っています。

非常に実績があるキャンペーンで
「涙そうそう(夏川りみ)」 や 「さくら(森山直太郎)」
なども扱われました。

ご参考までに。

http://hicbc.com/index.htm 

投稿: おっさん | 2005/10/09 0:04:13

失礼しました。
アドレスが間違ってたみたいです。

hicbc.com

だけでいいのかな?

投稿: おっさん | 2005/10/09 0:11:07

おっさんさん、貴重なご指摘ありがとうございます。

http://hicbc.com/radio/hotline/campaignsong/0510/index.htm

ここですね♪
CBCといえば、中京芝千二の重賞(笑)
新潟で勝てなかった素質馬が、中京に転戦して穴をあけるパターンでの爆発を期待したいところです。

投稿: 山城守 | 2005/10/09 1:03:00

コメントを書く