« 「神様」を味方につけるコツ | トップページ | 【菊花賞】トライアルのレベル比較から考えてみる »

2005/10/21

【サウスニア】注目!最初で最後の「未勝利戦」

秋の週末である。世間の関心は菊花賞に出走する「あの馬」に一極集中しているようだが、もちろんそんな華やかな舞台だけが競馬ではない。今週からひっそりとスタートする福島・裏開催。競馬ファンを自認するなら、ローカルを舞台に展開される激しい闘いからも、目を離すべきではないだろう。
番組上の注目点は、なんといっても前年まで編成が見送られてきた秋の福島名物・3歳未勝利戦が復活することだ。とはいえ、勝ちきれない駄馬同士による低調な凡戦続きで、興行的な興趣を削がれるのを嫌ってか?JRAはこの開催の未勝利戦にエントリーするための出走資格をかなり厳しく制限してきた。出走するためには、具体的に以下の各条件を満たす必要がある。

・中央競馬の競走・地方競馬指定交流競走および外国の競馬の競走への通算の出走回数が5回以下である馬
・直前に出走した競走が中央競馬の平地競走であり、その競走における着順が第3着以内の馬

まだまだ数多い3歳未出走馬・未勝利馬のうち、この条件のいずれかに該当する馬だけが、秋のラストチャンスに参加する切符を得られるわけである。さらに、資格を満たしている馬であっても、この開催の未勝利戦には、たった1回限りの出走しか認められないというのがミソ。ここまで厳しい出走制限は前代未聞であり、各馬にとっては、参加する以上、必然的に背水の陣を強いられる構図になるだろう。まさしく「スーパー未勝利戦」という呼び名にふさわしい、サバイバルレース。考えようによっては、G1以上に熱く激烈な闘いといえるのかもしれない。

そんな厳しい条件を承知のうえで戦線に名乗りをあげてきた、我が一口愛馬がいる。
日曜日・福島4レース柴山雄一騎手とのコンビでの出走が決まったルミナスオレンジ(牝3)だ・・・・なんと今回が晴れのデビュー戦にあたる。

luminous_orange■ルミナスオレンジ 牝3
(当ブログひとくち出資馬)
馬主:サウスニアRH
美浦・堀厩舎所属
父 パントレセレブル
母父アフリート
10月23日(日)福島4レース
3歳未勝利・芝2000に出走!

馬っぷりの良さや血統からも、もっと早くデビューの日を迎えることができたら、それなりの活躍が見込めただろうこの素質馬。同世代によるクラシック戦線が幕を閉じようとしているこの時期まで始動が遅れてしまったことには、それなりの理由がある。先天的な蹄の角度に問題を抱えているため、満足な育成過程をたどれなかったのだ。

自らの脚元との苦闘は、募集直後の1歳冬の頃から続いてきた。削蹄による爪の矯正、特殊な装蹄、投薬治療に舎飼休養・・・・爪の形がやっと整ってきたら、今度は蹄骨の先端に骨膜が出てくる。常に脚元への負担を気にせざるを得ない状況が続いたせいで、攻め馬を積み身体能力を養っていくプロセスはどうしても後回しになってしまった。
それでも何とか態勢を整え、トレセンに入厩してきたのが9月。だが、本当の意味での苦難はここから始まった・・・・。調教のピッチが進むにつれ爪の不安が再燃し、この開催でのラストチャンス出走に向けて、綱渡りの調整を強いられることになったのだ。

「本当にギリギリの線で爪がもっている状態。ただし、レースを使うからには悔いのない仕上げが求められますので、悪化を恐れずに、やるべきことはやったつもりです」(堀調教師のコメント)

本番直前のタイミングでの、調教師のこの発言・・・・これはさすがに重い。本馬にとっては、1回限りの出走制限だけでなく、自らの脚元という爆弾が必然的に「最初で最後の未勝利戦」を強いることになるのだ。ひょっとしたら壊れてしまうかもしれないが、それでも闘いに臨むしかない。なんだか悲壮感さえ感じられる異例のデビュー戦だ。
しかし、だからこそこの1戦に賭ける陣営の意気込みは、並はずれて強い。初戦から必勝の構えで臨む今回は、まさしく勝負がかりとみてよいだろう。

「馬体も出来上がっていると思います。稽古の感触から、能力的にはヒケをとらない感じですし、距離も忙しいよりはこれくらいの方が良さそう。最初で最後の未勝利戦ですし、使った後の反動などを考えると、この一度のチャンスを何とかモノにしたいところです」(堀調教師)

気になる相手関係だが、幸いなことに既走馬でそれほど手強いライバルはいないようである。また、初出走が敬遠され、愛馬がそれほど人気を集めることもあるまい。配当妙味は十分。ならば、ここは迷わず馬券でも勝負すべきタイミングといえる。
馬券を介して、愛馬と苦楽を共にする。結果はともかく、そんな競馬の醍醐味を満喫することができそうだ。三冠馬の誕生よりも、未勝利脱出なるか?!に要注目・・・・そんな日曜日は、もう間近に迫っている。

10月 21, 2005 ひとくち馬主日記 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/6495505

この記事へのトラックバック一覧です: 【サウスニア】注目!最初で最後の「未勝利戦」:

» party blow job movie free webcams hot studs トラックバック transsexual sites 26/11
Hi 続きを読む

受信: 2005/11/27 6:49:56

コメント

何とか滑り込みで希少なチャンスをモノできるといいですね!

投稿: esprit | 2005/10/21 12:45:10

山城さん、こんばんは!

今週の日曜日は久々に福島競馬場に遠征予定なので、
菊花賞の他にも大きな楽しみができました^^

応援馬券を片手に、
ルミナスの走りを目に焼き付けてこようかと思います!
鞍上が柴山騎手というのは、かなり心強いですね^^

投稿: せいきい | 2005/10/21 14:40:21

福島遠征とは、うらやましい!
ちなみに日曜日には、ルミナスオレンジ・デビュー戦の10分前、盛岡競馬場の第2レースにもわが愛馬(ゴールデンウィル)が出走を予定しています。こちらは菅原勲騎手鞍上ですし人気必至ですが、普通に走ってくればまず確勝でしょう。
福島では1階スタンドで岩手の馬券も買えますので、午前中の資金稼ぎに推奨です。(^^)

投稿: 山城守 | 2005/10/21 22:19:24

コメントを書く