« 天皇賞が終わったらJBC! | トップページ | 【JBCスプリント】スピード一辺倒では乗り切れない舞台 »

2005/10/31

【天皇賞秋・回顧】想定外だった究極の上がり勝負

heavenly_romance_at_shuten05前半600m通過が37秒フラット、1000mの通過が1分02秒4。参考タイムがターフビジョンに映し出されるたびに、場内を埋め尽くす観衆の間に、ざわめきが広がっていった。どの馬も積極的に仕掛けることなく、レースは完全なスローペースに陥っている。こんな展開、いったい誰が事前に予測し得ただろう?
全馬が脚を温存したまま直線に突入し、レースは上がり勝負の様相を呈していった。こうなると前半ある程度の位置取りを確保している組が俄然有利になる。中団から後方に待機していた馬たちも伸びてはいるが、結局、好位勢と脚色が一緒になってしまった。
決着時計2分台でも、上がり3ハロンでべらぼうな速さを要求される戦い。なおかつ、勝負どころで数字に表れない一瞬の決め手を繰り出せる器用さがないと上位入線は厳しかったということか。結果、決め手に勝ったサンデー産駒たちが、例によって上位を独占している。

こんな予期せぬ展開になってしまったのは、レースを先導するとみられたストーミーカフェ・タップダンスシチーがいずれも順調さを欠いていたことが影響したせいだろう。宝塚記念ではコスモバルクを潰しにかかったタップダンスシチーも、今回はストーミーカフェを泳がせるだけの覇気のない競馬に終始してしまった。「動きたくても動けなかった」というのが、佐藤哲三騎手の本音かもしれないが。

エアグルーヴ以来久々の牝馬による天皇賞制覇を成し遂げたヘヴンリーロマンス。最内枠の利をフルに生かし距離ロスなく立ち回れたことも大きかったが、へこたれそうになる馬を叱咤激励し、温存していた決め手を最後の最後に引き出してみせた松永幹夫騎手の手綱捌きが光る。母父サドラーズウェルズ・母母父がリボーという重厚な血統背景や、渋馬場の札幌記念を制した実績から、どちらかといえばスタミナ勝負の消耗戦が得意なタイプと思っていたが、なかなかどうして。出走馬の持ち時計から上がり3ハロンだけを取り出し比較してみると、昨年の古都S・メイSで披露した33秒台の決め手はこのメンバーでも最上位の評価に値する水準で、サンデー産駒らしい決め手も兼ね備えた現代型の競走馬だったのだ。事前にスローペースと読み切っていれば、上位候補としてマークすることも可能だったわけで、今さらながら、展開予想の判断ミスが悔やまれる。

zenno_rob_roy__sweep_tosho_at_shuten05ゼンノロブロイは、直線狭いところをグイっと割って伸びてきたが、最後の最後、わずかに甘くなったところを差されてしまった。海外遠征明けの出走だけに、いったいどこまで仕上げてきたか?に注目しつつパドックを凝視してみたが、今回は例によって藤沢流の若干余裕残しの馬体だった。もちろん、この程度の状態でも本来の能力発揮に支障はなかったと思うが、昨秋G1を3連勝した当時の凄みまでは感じられなかったのも、また事実。年内残り2戦、おそらく次走のジャパンCでピークの仕上げに持っていく青写真なのだろう。


dance_in_the_mood__at_shuten05これに対し、パドックで素晴らしい気配をアピールしていたのが同厩舎のダンスインザムード。前走・府中牝馬ステークスでもこの馬の馬体を間近で観る機会を得たのだが、正直、馬体・気合い乗りとも「萎んでしまった」印象で、もう終わってしまったのか?と失望を感じていた。それがどうだろう?たった2週間後なのに、今日は馬体の張り・艶とも、まるで別馬のような絶好の気配を漂わせ、どっしりと周回を重ねているのだから、牝馬はわからない。気性面の煩さも、今ではすっかり解消されているようだ。レースにいっても、いったんは先頭を独走しあわやと思わせる好走を披露。北村騎手も、この馬をすっかり手の内に入れた感があり、この秋、目を離せない存在になりそうな予感がする。


sunrise_pegasus_at_shuten05パドックの気配だけなら、サンライズペガサスの仕上げの良さも目を引いた。毎日王冠当時、僅かに感じられたトモの周辺の緩みはすっかり解消され、マイナス8キロの馬体重も細くなったというより究極の仕上げというべき出来映えだったと思う。
スローペースで道中全馬が膠着状態に陥るなか、ただ1頭外からじんわりと動いていったが、結果的にはそれが裏目になり、直線まで脚をためた馬たちとの追い比べで後れをとってしまった。枠順が枠順だけに、待機策に徹したとしても上位まで届いたかどうかは、疑問といわざるを得ないが・・・・。生涯最後のG1獲得のチャンスを逃してしまったこの馬、つくづくに運に恵まれていないG2横綱に終わる定めだったのだろうか?こんな馬にシンパシーを感じてしまう自分も、まだまだ修行が足りないのかもしれない。

10月 31, 2005 競馬予想・回顧アーカイブ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/6768346

この記事へのトラックバック一覧です: 【天皇賞秋・回顧】想定外だった究極の上がり勝負:

» 天皇賞・秋 結果 トラックバック Racing Blog 2005
6月の安田記念以来の東京競馬場。着いたのが3時近かったと思うが、東門からはいると、いきなりの人垣で警備の人間もずらり。競馬博物館から天皇皇后両陛下が出てこられるところだった。思わずカメラを向けて写真を撮ってしまったが、やはりブログに載せるのは抵抗がある。....... 続きを読む

受信: 2005/10/31 1:45:47

» 天皇賞(秋)の感想:サイン通り女帝誕生ですけど・・・ トラックバック 彩の国こうのす競馬BLOG
東京 11R G?天皇賞(秋) 結果1着  続きを読む

受信: 2005/10/31 1:49:15

» 第132回天皇賞を観て考えさせられたこと トラックバック TADAのDATA
春に続き、秋も大波乱決着となった天皇賞。GCの天皇賞回顧コーナーでお名前は失念し 続きを読む

受信: 2005/10/31 2:01:08

» ◆侘び助式◆『第132回天皇賞(秋)(G1)』予想(結果追記)◆ トラックバック ◇ 侘び助式 ◇ 
□回顧□☆ キルトクール ⇒ ハーツクライ 2人気=6着。参った。。。「ヘヴンリー 続きを読む

受信: 2005/10/31 6:33:43

» 天皇賞(秋) 結果 トラックバック 「たぬ馬」の目指せ!ういにんぐ馬券
               1   ヘブンリーロマンス                2 △ゼンノロブロイ                3   ダンスインザムード                5 ○スイープトウショウ                6 △ハ... 続きを読む

受信: 2005/10/31 6:46:24

» 天皇賞(秋)結果回顧 〜 愛子様の誕生日が平成13年12月1日だから… 〜 トラックバック 徒然なるままに自然の流れで
◎13 ゼンノロブロイ     2着○3 リンカーン       16着▲14 スイープトウショウ  5着△4 ハットトリック      7着△6 タップダンスシチー  9着△10 ハーツクライ      6着△16 サンライズペガサス 12着今まで、一緒に東京競馬場へ行った仲間達....... 続きを読む

受信: 2005/10/31 6:51:42

» 壮絶!差し返し! トラックバック アド☆レナリン
ヘヴンリーロマンスかよ!! いったんロブロイに差されてから、ゴール寸前、怒涛の差... 続きを読む

受信: 2005/10/31 7:55:17

» 天皇賞(秋)回顧【血統フェスティバル】 トラックバック 【血統フェスティバル】blog
1〜5着馬の血統を見ながら【天皇賞(秋)】を振り返ります。 続きを読む

受信: 2005/10/31 8:31:30

» 今週の反省と万馬券的中! トラックバック 今週のターゲット
土曜日は福島放送賞 馬単11,080円的中! 日曜日は渡月橋S 馬単38,400円的中!で二日連続 的中の万馬券となった。 グレードはと言うとさっぱりで来週こそは捕らえる・・・ 僕の目に映った天皇賞! 天皇賞はゲートが開いた瞬間に二頭、消えた・・・先ず....... 続きを読む

受信: 2005/10/31 11:37:53

» 天皇賞、終わってみれば・・・ トラックバック 【車椅子の競馬魔王】
天皇賞、終わってみれば荒れましたね。私は◎ゼンノロブロイ ・△ダンスインザムード 続きを読む

受信: 2005/10/31 12:57:25

» 女性天皇誕生?天皇賞秋の反省会。 トラックバック 打ち上げ花火
  札幌重賞は偉大だよ。。   1着 ×ヘブンリーロマンス・・・好スタートから道中は中団内ピッタリでゼンノロブロイの近くにつける。4角でホウキパウェーブが外によれるとここぞとばかりに早めスパートで追い出し、抜群の反応で内を突き進む。ラップの1番早いところ....... 続きを読む

受信: 2005/10/31 15:56:29

» 女帝誕生!「天皇賞秋」結果・・・ トラックバック めかりんだいありぃ
まさか、調教がいいって選んだヘブンリーロマンスがロブロイに勝つとは・・・ 13番1着固定の3連単はパー。 かろうじてロブロイ軸の3連複はゲットできました。 競馬はじめて、初めての10万馬券です。 レースはロブロイしか見てませんでした。 あともう少しってところで100万が・・・ 今日もremiちゃんと電話しながら観戦してたのですが、ゴールに近づくにつれ無言になるワタシ(爆 手に汗握るってこのこと。 結局去年と同じ、藤澤厩舎が3着内に2頭。 牝馬が連帯してロブロイと牝馬... 続きを読む

受信: 2005/10/31 17:36:35

» ロマンスの行方は?天皇賞回顧! トラックバック BARBON STREET
いきなりドリカムの曲名みたいなタイトルですが、 たいした意味はなく勝ち馬からもじっただけです・・・ どう転んでもこの馬券は買えません。 でも、サイン馬券で牝馬4頭に連に絡むだろうロブロイで馬券買えば当たってるんですよね? 一度こんな大混戦のGIのときにこんな馬..... 続きを読む

受信: 2005/10/31 18:27:37

» 天皇賞【回顧】 トラックバック そこで馬が走るかぎり
1000m通過が62.4・・・この時点で私の馬券は紙屑に確定( ; ‐ω‐) ヘヴンリーロマンス 1着 1枠からインぴったりを走って 直線で前も開いて・・・ 上手くいったとはいえ 見事な末脚(32.7)に呆然(゚Д゚) まさかゼンノロブロイを差し返すとは思いませんでした 松永幹夫は... 続きを読む

受信: 2005/10/31 19:46:34

» ひとりごと 26 トラックバック ボルジャノン厩舎
天皇賞… 松永幹夫騎手おめでとう!松永騎手はおいらと一緒の熊本出身なのだ。だから嬉しかった。ただテレビで自厩舎でGI初勝利とあったが、交流GI勝ってなかったかなあ…まあ、いいか。 予想のほうは牝馬中心にしたんだけど、4頭のうち2頭選んだら残りの2頭がき....... 続きを読む

受信: 2005/10/31 20:52:12

» 天皇賞(秋) トラックバック Foot Days
今日行われた天皇賞(秋)は1着にヘヴンリーロマンスが来て大荒れの結果となりました・・・。っで、ワタクシメですが、何とヘヴンリーは買ってたん(+ゼンノロブロイを軸ででも)ですが、ダンスインザムードは消してましたorz。馬連なら取れてたんでしょうけど、3連複では・...... 続きを読む

受信: 2005/10/31 21:35:19

» 天皇賞(秋) トラックバック Foot Days
今日行われた天皇賞(秋)は1着にヘヴンリーロマンスが来て大荒れの結果となりました・・・。っで、ワタクシメですが、何とヘヴンリーは買ってたん(+ゼンノロブロイを軸ででも)ですが、ダンスインザムードは消してましたorz。馬連なら取れてたんでしょうけど、3連複では・...... 続きを読む

受信: 2005/10/31 21:36:39

» 天皇賞回顧〜「母衣引」の幻影覚ます「天空よりの使者」〜 トラックバック Re:F's blogroom
天皇賞は、どのように決着いたしましたの? まぁ、インを突いて内ラチ沿いをスルスルと。 まぁまぁまぁ、恐ろしいことを。寒気がする、あぁ、怖い。 それ以上の事は仰らないで!  ・・・・・と思っ... 続きを読む

受信: 2005/10/31 21:57:58

» 天皇賞・秋の回顧(トップスピードはとっておき!信じる者は救われる) トラックバック 最高10点,穴だらけ
出走できた18頭全てに勝つチャンスがあると思っていた今年の秋の天皇賞。しかし,勝ったのは単勝14番人気のヘヴンリーロマンス。1997年のエアグルーヴ以来,8年ぶりの牝馬による秋の天皇賞制覇となりました。 1着・ヘヴンリーロマンス 道中はインコースを徹底的につき,中団での競馬。直線でもしばらくは内ラチに張り付くような走りでしたが,前にいたダンスインザムードの進路を見て外へ持ち出し,そこから脚を伸ばしていくと凄まじい... 続きを読む

受信: 2005/10/31 22:15:43

» 天皇賞(秋)を振り返る・・・ トラックバック とほほ…馬券
天皇賞、荒れましたねぇ・・・。 まさかあそこまで行ってしまうとは・・・。 パドック気配の記事をUPしましたが 、 実は一個だけ書き換えた箇所がありました。 (修正前)       (修正後)  ①デキ絶好 → ①デキ良好 いや、ヘヴンリーロマンス、イ... 続きを読む

受信: 2005/11/01 0:23:49

» 女帝の時代到来か,天皇賞・秋の回顧 トラックバック Sonomama! x2 blog
史上初めて天皇皇后両陛下が観戦された天皇賞は,最後に大番狂わせが待ってました。牝馬,しかも伏兵的存在のヘヴンリーロマンスが優勝。単勝は何と14番人気。前走に引き続いての牡馬相手に連勝で,これはひょっとするとフロックでは片付けられない馬なのかも。   鉄ウ本 1着 −−− ヘヴンリーロマンス 2着 −◎◎ ゼンノロブロイ 3着 −▲△ ダンスインザムード 4着 −△− アサクサデンエン 5着 −△△ スイープトウショウ 勝ちタイム2:00.1 上がり3F33.6 13.4 -... 続きを読む

受信: 2005/11/05 17:25:35

コメント

こんにちは。
コスモバルクが出た毎日王冠ですら61秒、オースミハルカがいた府中牝馬Sですら60秒で前半走ってるのにストーミーとタップが出て62秒はないですよねぇ。。今年の府中中距離重賞はこんな感じで2ヶ月終わっちゃうんですかね?今週のアルゼンチン杯も例年ならスタミナ勝負になるけどまた昨年のようにスローになりそうな気が…トラウマになっちゃいそうです。

ちなみにドリーム競馬に出ていた大坪さんは「ストーミーとタップが行くなら平均より遅くなる」って言い当ててましたよ。ただ、そう考えた理由は2頭の過去の競馬を考慮したというより2頭しか先行馬がいないからみたいな言い方でしたけど(笑)まあ当たりは当たりですかね。

投稿: Jr. | 2005/10/31 15:50:43

Jr.さん、こんにちは。
関西のドン、大坪元雄氏(笑)まだまだ健在のようで嬉しいです。相かわらず楽しい馬名間違いを連発しているのでしょうか?

投稿: 山城守 | 2005/10/31 23:46:01

府中競馬場駐在員殿、こんにちは。
いやー、天皇賞、ハーツクライが絶好調!とどの紙面でも言ってましたし、軸かな?と思っていたのですが、天覧レースですからねぇ?心が泣く、はないだろう、と思い、かと言ってZロブロイは次かな?と思いましたし、でも他に買いたい馬はいないし・・・でも娘さんがまもなく結婚とするし、Hロマンス、天上のロマンス?一番ふさわしいかな、松永で松だし・・・今更リンカーンじゃないよな?確か天皇の車はセンチュリーだし・・・などとうだうだ考えて結局買いませんでした。100円だけでも買っとけば良かった・・・でも、ダンス~までは絶対買えませんでしたね。パドックではよかったようですね?今後の参考にさせて頂きます。
名古屋、お疲れ様です。もしrain bookさんのLiveが見れたなら、ご報告よろしくお願い致します。お気をつけて。

投稿: taylar | 2005/11/01 23:32:37

新潟支部長殿、毎度ありがとうございます(^^)/
11月3日(祝)は、JBCで盛り上がるドンコと、rain bookを掛け持ちで、名古屋市内を駆け回ることになりそうです(笑)
この場を借りて、あらためて告知などしてみましょう。

11/3(木)13:30~14:45 rain book
CBCラジオ中部日本放送
特別番組「嘉門達夫のカモナマイハウス」公開録音
ゲストライブ出演 ※演奏は13:30~
場所:CBCハウジング名古屋西住まいの公園(東芝工場跡地)
名古屋市西区名西2丁目3301-4

会場はおそらくドンコの競馬場から、タクシーで20分程度の場所です。昔、名古屋にも住んでいたことがあるもので(^^)
JBCのウインドブレーカーを着こんで、ライブを観てきます。

投稿: 山城守 | 2005/11/02 2:56:27

コメントを書く