« 【オールカマー】逃げ残りを許さず差してくる馬がいる | トップページ | 【スプリンターズS】休養明けの明暗を考える »

2005/09/27

【サウスニア】いいことばかりはありゃしない

約2か月前のデビュー戦(小倉芝二千)で、先頭から7秒以上も離されヨタヨタとしんがりでゴール板を通過。思わず天を仰いでしまうような絶望的大敗から、競走馬としての第一歩をふみだした、わが愛馬モダンアーティスト
タイムオーバー明けの2戦目以降、ダート路線に転じ新境地開拓をめざすも、結果は7着と11着。レース内容は少しづつ競馬の体をなしてきたが、依然光明は見えない。中山・阪神開催の終幕も近づき、未勝利戦終了まで残すところ僅か。ここまでくると、さすがに親バカの熱も冷めてきた。常識的に考えるなら、もうチャンスを拾える可能性などありえないだろう。自分だけでなく出資者の誰もがそのように考え、愛馬の行く末に対しなかばサジを投げる気分になっていたはずだ。
ところが、ところがである。そんな出資者の冷めた見方に発憤したかのように、この愚息が、4戦目の中山戦(ダート千八)で一世一代の大激走をみせてくれたのだ。

md_036■モダンアーティスト牡3
(当ブログひとくち出資馬)

馬主:サウスニアRH
栗東・角居厩舎所属
父Fusaichi Pegasus 母父Nureyev
9月25日(日)中山3レース
3歳未勝利・ダート千八1着
(写真 サウスニアHPより転載)

デビュー以来、最も無難に発馬を決めるとサッと控えて、道中はポツンと中団を追走。3角から鞍上のスパート指令が下ると、550キロ近い巨漢が大きなストライドで、外からグングンと先頭との差をつめてくる。一瞬、わが目を疑ってしまったが、やって来たのは間違いなくわが愛馬だ!4角で先に抜け出すウインの馬を目標に外から馬体を合わせると、巨体を踊らせながら、ゴールまで渋太い伸びを持続。過去3戦の不甲斐ない競馬がまるで悪い冗談だったかのように完璧なレース運びで、起死回生の未勝利脱出を決めてくれた。

勝ち時計は1分56秒フラット。不良発表の脚抜きよい馬場だったことを考慮するなら、けっして上等な部類ではない。冷静に考えれば、関西未勝利勢と比較しても手薄なメンバー構成に恵まれており、低レベルと評していいレースかもしれない。また、愛馬自身の気配もパドックや返し馬では、まだまだ未完成という印象を受ける。雄大な馬体と長い手脚をを持てあましている感じで、500万下に入っていきなり通用するかと問われれば、現時点では「?」と答えざるを得ないだろう。

とはいえ、3歳馬にとってラストチャンスというべきこの時期、狭き門となっていた未勝利戦を突破し、競走生活を続けるメドを立ててくれたのは、やはり嬉しい。出資者ですらあきらめかけていたこの馬の可能性を見限ることなくトライを続け、短期間で見事に結果を出してくれた角居調教師と厩舎スタッフの努力には敬意を表したいと思う。

だが、いいことばかりが続くわけではない。
わがサウスニア出資馬の大将格=オフィサー(牡3・1000万下・栗東・森厩舎)の近況が、どうもパッとしないのだ。

本来なら、夏の新潟開催で1000万下特別出走の手はずだったこの馬。ところが、短期放牧先から栗東トレセン帰厩時に馬運車を破壊するほどの大暴れを演じ、外傷を負ってしまう。今にして思えば、これがケチのつけ始めだったわけだが、それでも気を取り直して、阪神・箕面特別(ダート千二)での復帰にむけて動き出した先週金曜日、今度はしっぽの先端に皮膚病による化膿箇所ができてしまったらしい。これで、再度ローテーションは白紙となり、短期放牧先に逆戻りである。

11月の京都・東京戦あたりで仕切り直したいと思っています」と森調教師はコメントしているが、思いもよらず長い休養を挟むことになってしまった現状で、果たしてどこまれやれるものか?春開催ラストの500万下でオフィサーが2着に下したマルカフレンチ(牡3)が飛ぶ鳥を落とす勢いで出世街道を驀進するのをみるにつけ、出資者の内心は穏やかではない。けれど、ここはじっと我慢の子。秋も深まった季節に愛馬と無事再会できることを心待ちにしていよう。

9月 27, 2005 ひとくち馬主日記 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/6136557

この記事へのトラックバック一覧です: 【サウスニア】いいことばかりはありゃしない:

» こんなのつくりました その2 トラックバック REIN画廊
これはパドカのオフィサーバージョンです。JRAのオリジナルオッズカードです。 ただオフィサーが尻尾が皮膚病で出走は11月頃になるらしい。残念。 続きを読む

受信: 2005/09/27 22:21:44

コメント

オフィサー、年内オープンは厳しそうですね。有馬ファン投票しようと思ったのに。まあ見守ってやりましょう。

投稿: REIN | 2005/09/27 21:03:11

REINさん、亀レスで恐れ入ります。
オフィサー回避で無念の一戦となった箕面特別は、ランペルティーザの粘り全開でしたね。これで難敵が1頭1000万下を卒業。順調なら、パレスエースやマチカネホマレあたりとは互角以上に戦えるはずですから、10月の復帰戦が楽しみです。
サンドリーン。結局、一口だけ出資しました。ここで補償を使ったので、自腹の持ち出しは1万円以下というリーズナブルなお買い物です(^^;

投稿: 山城守 | 2005/10/02 0:34:17

コメントを書く