« 【マーキュリーC】マンネリ打破の意気込み示した岩手勢の奮闘 | トップページ | 【函館記念】コース巧者によるコース巧者のための中距離重賞 »

2005/07/22

小林俊彦騎手、土曜・新潟競馬に登場!

b_boka3年前の新潟・夏開催で、地方からのスポット参戦ながら1日4勝の固め打ち。中央競馬ファンの度肝を抜いたばかりか、グリーンチャンネルのベテランキャスター土居壮氏をして「あれほど追える騎手がいるとは・・!」と絶句させてしまったあの男が新潟に帰ってくる。
小林俊彦騎手。いわずとしれた岩手競馬を代表するトップジョッキーである。

今年も地元では早々と83勝をマークし(第3回盛岡開催終了時)、リーディング首位を独走中。4月には、デビュー24年目にして記念すべき2500勝の金字塔も打ち立てている。いまや、岩手だけでなく地方競馬の顔といっても過言ではないビッグネームの登場だ。

その小林騎手、95年福島競馬場の未勝利戦に初登場して以来、JRA遠征時の通算成績は、52戦5勝7連対。中央競馬と地元の土日開催が重なるため、出走回数は決して多くないし、騎乗馬にもそれほど恵まれている印象はないが、それでも単勝回収値134・複勝回収値89のデータが記録されている。中央競馬の舞台でも地元騎乗時と同様に、馬券的信頼に応えうる技量を発揮していることは、データからも裏づけられるといってよい。
特に、新潟競馬との相性は抜群で、連対率22%・単勝回収値289・複勝回収値128の好成績をマーク。長い直線の左回りというコース形態が盛岡と似ているのがよいのだろうか?先行してよし、追い込んでよしと、我が庭のように大活躍していった3年前の夏開催が今でも記憶に新しい。

3年ぶりの新潟登場となる土曜日は、騎乗回数も10回とチャンスたっぷり。なかでも期待は、10レースのBSN杯(ダ1200)でコンビを組むビービーバーニングだ。

フルゲート15頭の多頭数。粒ぞろいのメンバーが揃った1戦だが、出走馬の力量に差がないレースだからこそ、騎手の技量が結果を左右する。小林騎手の腕っぷしなら、勝機十分だろう。これ以外のレースでも、各種指数で上位から1秒以内の位置にいる小林騎乗馬は、穴馬として警戒が必要である。絶好の外枠に恵まれた8レースの直線1000メートルなども、その騎乗ぶりから目が離せない。

この日は、同じ新潟競馬に元上山の板垣吉則騎手が、函館競馬には菅原勲騎手も登場してくる。岩手競馬を代表する名手たちが、各地で大暴れしてくれることを密かに期待してみたい。

7月 22, 2005 今週の注目馬, 岩手競馬 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/5095516

この記事へのトラックバック一覧です: 小林俊彦騎手、土曜・新潟競馬に登場!:

» 函館メイン『青函S』の注目馬はこの馬!! トラックバック 駿平のこの馬に注目!!
JRAでも2歳のオープン戦が始まりますね。函館では『ラベンダー賞』、新潟では『マリーゴールド賞』が行われます。そして両方のレースに、みちのくレース・岩手競馬から併せて3頭の若駒が出走します。朗報を期待したいところです。さて、明日の新潟では水沢所属の小林...... 続きを読む

受信: 2005/07/23 1:25:23

コメント

コメントを書く