« 【馬券日記】戦利品はタイガー&ドラゴン | トップページ | 【北九州記念】差し・追込有利を生み出す構造がある »

2005/07/14

【ジャパンダートダービー観戦記】カネヒキリ、無人の荒野を行く

kane_hekili_at_jdd第7回 ジャパンダートダービーGI3歳
ダート2000m (外コース) 良馬場

1着 10 カネヒキリ      JRA  武豊
2着  9 メイプルエイト    船橋 張田
3着 14 ボンネビルレコード 大井 的場文
4着  7 ブラウンコマンダー 船橋 左海
5着  1 ドンクール      JRA  熊沢

他馬を歯牙にかけることもなく淡々とコースを1周、終わってみれば4馬身差の圧勝劇だった。既に勝負付けは終わった感のあるJRA勢はもちろん、大駒を欠く南関勢にも、自分の行く手を阻む者はいない。そのことを最初からわかっていたのか?今夜のカネヒキリは、寸分の狂いもなく与えられた仕事を消化し、さも当然の結果であるかのように、3歳ダート王者の称号を手にしてみせた。

そのカネヒキリ、パドックに登場した時の様子からして、他馬とはまったく次元の違う存在であるようにみえた。初めてのナイター登場なのに、周囲を物見するでもなく落ち着き払った態度。鍛錬の成果を誇示するように、カクテル光線に映える筋肉の鎧。ストライドも一際大きく、パドックの外側をのっしのっしと周回する姿から、「今日は勝ちに来ました」というカネヒキリ自身の意志表示が、無言のうちに見る者へと伝わってくる。
それでいて、大舞台を目前に控えた精神の昂ぶりであるとか、緊張などはまったくその素振りさえ見せないのだから、恐れ入ってしまう。3歳の若駒らしからぬ堂々たる風格といえば聞こえは良いが、正直、可愛げがない。これに比べれば、同じ勝負服の芝王者ディープインパクトなど、ダービーの下見所で盛んに尻っぱねを繰り返しており、今にして思えば、まだ愛嬌があったと思えるくらいだ。

一番強い馬がそのように落ち着き払っていては、他馬のつけいる隙などあろうはずもなかった。カネヒキリを意識しすぎた感のあったJRA勢や、船橋・川島厩舎のマズルブラスト(この馬のデキの良さも目立っていた)は、強すぎる最強馬を前に早仕掛けを強いられた分、ゴールを前にして自滅の道を辿ってしまう。その結果、掲示板の2~4着を占めたのは、ホームグラウンドで普段着の競馬に徹し、おかげで着を拾うことができた南関勢。カネヒキリからアグネスジェダイ、マズルブラスト、コンゴウリキリオーへと流していた自分の馬券ははずしてしまったが、終わってみれば、それもなるほどと納得のいく結果である。

走破時計は2.04.9。同じく良馬場で争われた東京ダービーに比べ0.4秒速い決着になったが、前半のペースの違い、上がりタイムの差まで考慮に入れるなら、両レースのタイム的価値はほぼ同等とみてよいだろう。これら2レースでともに2着しているメイプルエイトを物差しにして考えれば、奇しくもともに4馬身差で勝利したカネヒキリとシーチャリオットは、ほぼ力量互角という推論も成り立つ。
競馬に「たら・れば」は禁物ではあるが、もし南関の覇者が内田博騎手とのコンビで今夜の全国王座決定戦に駒を進めていたら、いったいどんな競馬になったのだろう?興味は尽きない。しかし、現実に自分の目の前を通り過ぎていったのは、無人の荒野を行くがごとく独走態勢の入ったカネヒキリただ1頭の勇姿だった。

7月 14, 2005 競馬予想・回顧アーカイブ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/4962633

この記事へのトラックバック一覧です: 【ジャパンダートダービー観戦記】カネヒキリ、無人の荒野を行く:

» 思いは秋へ~第7回JDD(G1)回顧 トラックバック TADAのDATA
7月にしては肌寒さすら感じるなか、圧倒的1番人気に推されたカネヒキリの圧勝で幕を 続きを読む

受信: 2005/07/14 2:46:19

» 遂に誕生フジキセキ産駒のG1馬 JDD結果 トラックバック [的]競馬ニュース的ブログ
大井競馬場で行なわれた第7回ジャパンダートダービーは、JRAのカネヒキリが勝ってフジキセキ産駒初のG1馬誕生となった。 レースはアグネスジェダイが先頭に立ち、マズルブラスト、メイプルエイトと続き、2角手前で... 続きを読む

受信: 2005/07/14 5:23:03

» 大井G1ジャパンダートダービー トラックバック ラリーズクラブ
単勝110円の圧倒的な1番人気(単勝110円)6枠10番◎カネヒキリが、3角から捲って上がっていき4角では早くも先頭を射程圏内へ。 直線早め先頭からそのまま押しきったカネヒキリが、2着6番人気6枠9番○メイプルエイトに4馬身差をつけ圧勝。 大井コースはこの馬の強さを更に際... 続きを読む

受信: 2005/07/14 7:43:13

» 2005.07.13 大井9R『第7回ジャパンダートダービー【GI】』の結果 トラックバック 駿平の岩手競馬に注目!!
今日も完敗でした~!! ( ̄~ ̄;) ウーン ナゼドンクールが外外を回っている 続きを読む

受信: 2005/07/14 8:33:12

» 【ジャパンダートダービー】結果 トラックバック 【血統フェスティバル】blog
1〜5着馬の血統を見ながら【ジャパンダートダービー】を振り返ります。 続きを読む

受信: 2005/07/14 9:37:39

» ジャパンダートダービー回顧 トラックバック 失われた時を求めて
カネヒキリ、腰に笹針を打っていましたが、強かったですね、下記はジャパンダートダー 続きを読む

受信: 2005/07/14 10:02:05

» 強かった強かった、シーチャリオット トラックバック 日曜日の静寂 = maru-tetsu-life =
今日の統一G1は、ジャパンダートダービー。結果から言うと、シーチャリオットの強さ... 続きを読む

受信: 2005/07/14 12:46:49

» カネヒキリ、フジキセキ産駒初GⅠ トラックバック ウマと株の日々
いや強かった、参りましたわ。 三角もったままで先団にとりつき、あっさり。 まあ追ってからは伸びないタイプかな、と映像を見て思いましたが。 メイプルエイトとの着差を見るとシーチャリオットと互角の感もありますが、追ってからという点では地方の雄に分がありそうな気がし... 続きを読む

受信: 2005/07/14 21:21:45

» ジャパンダートダービー観戦記 トラックバック That's
参りました。 初めての競馬場も、初めてのナイターも気にすることなくパドックの一番 続きを読む

受信: 2005/07/15 1:47:13

コメント

ところで、南関東・大井のGⅠジャパンダートダービーの売上は10億円、JRA・府中のGⅢユニコーンSの売上が40億円ですのでざっと1/4程度です、関係者は売上25%UPとかいって喜んでいるようですが、この程度で喜んでいたらいかんでしょう、JRAで売ったら100億円は売れるレース、即PATも出たことだしJRAに賞金を援助してもらうより売ってもらうようにした方がいいんじゃないでしょうか、シーザリオの勝ったアメリカンオークスにしても競馬法の問題があるんだろうけど、ファンとしては売って欲しいし、相手のハリウッドパークも喜びます、ま日本国内販売別計算となったらあっしなんぞはシーザリオ圧倒的1番人気で買うのに二の足を踏むのは明らかです(^^ゞ

投稿: マルセル | 2005/07/14 10:05:27

確かにカネヒキリが強さをみせたレースでしたが、全般的には南関勢健闘という結果ではなかったかと思います。(小生はタテ目のショックで・・・)
いずれにせよ、3歳砂馬のレベルは高そうで、今後の交流重賞が楽しみになりましたね。
ところで、オフィサーも強かったですね。次は岩室特別あたりでしょうか。
ではでは

投稿: 雲國 齊 | 2005/07/15 4:59:38

写真を拝見するとパドックでニアミスしてたようで..w。

カネヒキリは置いとくとして、マズルブラストは青鹿毛でピカピカに光ってるのでいつもだまされるんですよね(苦笑)。今回もカネヒキリ-ドンクール-マズルブラストにどかっといって外しました(泣)。

投稿: こう技術委員 | 2005/07/15 21:56:42

マルセルさん、こんにちは。
G1とはいえ、平日の夜NARの限定されたチャンネル+αでしか発売されないこのレースが、JRA重賞の4分の1の売上げなら、健闘しているといえると思います。一昨年のJBCや昨年の南部杯などは、さらに悲惨な結果でしたから・・・・(^^;
とはいえ、このレースなど、地方競馬から提供される番組としては、JRAのファン層にも訴求しうる魅力的コンテンツであることは間違いないわけで、売り出し方にもうひとつ押し欲しいところですね。即パットの普及で状況は変わるかな?ではでは。

投稿: 山城守 | 2005/07/17 0:00:08

雲國齊さん、こんにちは。
JRA勢がわっせわっせと外を回していた4角で我慢し、直線一気に2番手まで浮上してきたメイプルエイトは強い競馬だったと思います。ただし、3着・4着馬の着順まで額面どおり評価できるかどうかは・・・・?南関所属馬のレベルの高さは理解しているつもりですが、パドックを見た印象では、カネヒキリとの間にかなり差を感じました。ドンクールやプライドキムあたりとの比較なら、大差ないなという印象でしたが。

投稿: 山城守 | 2005/07/17 0:06:20

こう技術委員さま、こんにちは。
確かにニアミスでしたね。約10メートルくらいの距離でしょうか?貴サイトの美しい写真、拝見しました。夜の撮影で、技術委員の面目躍如ですね(^^)
ところで、アイドル予想師って、いったい何者でしょうか??

投稿: 山城守 | 2005/07/17 0:09:34

亀レスになりました。
>技術委員の面目躍如ですね(^^)
いやいや(^^)。でも、やっぱり暗いですよね。サイトに載せる時はかなりごまかしてます。

>アイドル予想師って、いったい何者でしょうか??
私も分かりません(笑)。
アイドルにはそこそこ詳しいつもりなんですが、グラビアが主な人はなかなか分かりません。この2人もTCKのサイトにあるプロフィール以上のことは知らないです。もも子嬢はたまたま買ったPC雑誌に水着で出ていて「他の仕事もやってるんだ」と思ったし(笑)。

投稿: こう | 2005/07/22 22:17:13

こう技術委員さま、的確な回答ありがとうございます。
アイドル予想師の謎が、少し解明できた気がします(笑)
あの日は浴衣で登場、馬券オヤジは横目でちらりと眺めて素通りしてしまいましたが、水着で登場だと思わず足が止まってしまうことでしょう。

投稿: 山城守 | 2005/07/22 22:48:35

コメントを書く