« 【日曜日の注目馬】天才か?狂気か?これぞ怪物トウショウギア | トップページ | 【書評】「将棋の子」 勝負の世界の気高さ・美しさ »

2005/06/06

【安田記念回顧】久しぶりに実感した直線の長さ

asakusa_denen_with_otoko_fujita0605鞍上の叱咤にこたえ、ここ一番で乾坤一擲の決め手を発揮したアサクサデンエン。外から長く良い脚を使ってこれに迫ったスイープトウショウ香港チャンピオンマイルを再現するかのように驚異的な粘りを示したサイレントウィットネス
これら上位馬だけでなく、出走各馬がそれぞれに持ち味をアピールし、長い直線をフルに使った見応えある攻防が展開された。

前夜からの雨の影響が心配されたが、朝からの好天が幸いし、芝コースは良馬場まで回復。各騎手のコメントによれば、午後になっても水分含量はちょっと多めの状態だったらしく、パンパンの良とまではいかなかったが、それでも決着時計に影響を及ぼすほどではなかったと思う。それより何より、結果そのものを左右してしまうほどの露骨なトラックバイアスが出なかったことが、レースにとっては幸いした。おかげで、内をつく馬も外から差す馬も、位置取りによる有利・不利を気にすることなく、自分の競馬に徹することができたのだから。

それにしても、東京の直線は長い。久しぶりにそんなことを実感させてくれた熱戦だった。最大の貢献者は、サイレントウィットネスとコーツィー騎手の頑張りだ。

silent_witnessマイルG1らしく淀みないペースの2番手から自力で動いて、襲いかかってきた各馬を次々と撃破。約500メートルもの間、そんなキツイ競馬を強いられながら、ゴール前まで脚を持続させてしまうのだから、香港の国民的英雄の称号はやはり伊達ではない。
この馬を目標にするかのように、次から次へとめまぐるしくやって来た後続馬のせめぎ合いも見所十分だった。いったんは先頭に躍り出たバランスオブゲーム、内からスルスルと忍び寄ってきたダイワメジャー。このあたりの脚が止まってしまうと、次に視界に飛び込んできたのがスイープトウショウテレグノシスの併せ馬。大外からはブリッシュラックも豪快なアクションで追い込んできている・・・・

残り1ハロンあたりまでは、これらの影に隠れていた感のあったアサクサデンエンが最後の最後に浮上することができたのは、藤田騎手が直線の長さをしっかりと考慮し、我慢の競馬に徹していたからこそだろう。早くから素質の高さを注目されながら、他馬の後塵を拝して条件クラスで足踏みを続けていたこの馬。それがオープンに昇格してから僅か半年でG1の栄冠を手にしてみせた。まるで自身の競走馬としての足跡を、長い長い東京の直線に投影しているかのようなレースぶりが心に残った。
サイレントウィットネスを軸にした馬券はハズしてしまったが、こんな競馬もたまには悪くない。

6月 6, 2005 競馬予想・回顧アーカイブ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/4445419

この記事へのトラックバック一覧です: 【安田記念回顧】久しぶりに実感した直線の長さ:

» アサクサデンエン強かった,安田記念の回顧 トラックバック Sonomama! x2 blog
単勝1番人気が6倍ほどという,かなりの混戦ムードだった安田記念。レースも大混戦で,最後まで見応えのある叩き合いのレースでした。 一方,予想の方もダービーに引き続いて的中。ちょっと調子が出てきました。ウルフは馬券も的中したそうで,安田記念と相性がいいです。(来年まで覚えておきましょう)   鉄ウ本 1着 ー◎◎ アサクサデンエン 2着 ー△△ スイープトウショウ 3着 ーーー サイレントウィットネス 4着 ーーー ブリッシュラック 5着 ー○ー カンパニー 勝ちタイム1:... 続きを読む

受信: 2005/06/06 23:37:59

» 惨敗。「愛知杯」と「安田記念」結果 トラックバック めかりんだいありぃ
7アサクサデンエン 16ブリッシュラック 17テレグノシス この3頭のどれかは3着までに入りそうw ここだけ、あたってるよ。自分。 (;´д`)トホホ。 調教◎同士で決まってるよ。自分。 もっと、自分を信じよう。 調教見られないレースはやめておこう。 見ても、買い方間違えて取れてないし。 宝塚まで休むかなw 「愛知杯」もなんじゃこりゃーって感じ。 荒れると分かっていたらやらないでおきましょう。 ... 続きを読む

受信: 2005/06/07 0:06:13

» 安田記念・回顧 〜 いくつかの驚き 〜 トラックバック 気の向くままに思うまま
見事に外しました。 でも、レース的には非常に面白いレースで、最後の直線の攻防は非常に力の入る展開だった。 いくつかの驚きを伴いながら。   一つずつ追っていこうと思う。   ↑大学生ランキング ↑医学生ランキング... 続きを読む

受信: 2005/06/07 0:09:49

» 色々と考えさせられた第55回安田記念 トラックバック TADAのDATA
オークス、ダービーと超スロー、ワンサイドと、盛り上がりを欠くレースが続いていただ 続きを読む

受信: 2005/06/07 0:43:23

» 安田記念回顧 トラックバック 失われた時を求めて
今ビデオみたら井崎さんの本命がスイープトウショウでした、でも相手がorz、さて、 続きを読む

受信: 2005/06/07 0:48:47

» 安田記念の回顧(これがGⅠ?これぞGⅠ!) トラックバック 最高10点,穴だらけ
ファンファーレがフライングするという前代未聞のハプニングがあった今年の安田記念。勝ったのは,今年の京王杯スプリングカップで重賞初制覇を果たしたアサクサデンエン。勝ちタイムの1分32秒3は,安田記念史上2番目に速い時計での決着です。 2着には秋華賞馬のスイープトウショウ,3着には「香港の英雄」サイレントウィットネスが入り,2頭とも力のあるところを大きくアピールしました。また,サイレントウィットネス以�... 続きを読む

受信: 2005/06/07 1:20:27

» 安田記念 結果 トラックバック Racing Blog 2005
安田記念は、春、東京競馬場で見ることのできる最後のGIということもあって、今日はカメラを持たず、のんびり観戦。 入場人員は7万5000人と先週の半分、びっくりするほど少ないというのが実感。17連勝の名馬をひとめ見たいというファンは案外少ないのだと思うとちょっ... 続きを読む

受信: 2005/06/07 2:11:58

» 安田記念 回顧 トラックバック 役に立たない?競馬分析blog
こんな難解なレース当たる気しねぇーよ。ってことで、予想記事も書かず、JRAの売上げにも貢献せず。 レースが終わって思ったことを、テキトーに記録しておきたい。 【G1初挑戦・初制覇】 平成(1989年)以降、古馬のJRA平地G1は、今回の安田... 続きを読む

受信: 2005/06/07 5:43:31

» 大当たり、安田記念♪ トラックバック ソラノイロ
今日は、馬券購入直前まで悩んじゃって 決めたのはもう、返し馬が始まってからでした そんな訳でブログ更新もままならず 思ってたよりもカンパニーが支持されてたのと パドックを見て軸馬交代! 香港馬も判らないので結局 全部買いました(汗   そのおかげで... 続きを読む

受信: 2005/06/07 22:45:23

コメント

はじめまして、こんばんわ♪
ライブドアの調子がおかしくて
トラックバックが重なってしまいました
ご迷惑をおかけして
どうもすみませんでしたm(_ _"m)

投稿: 惣流 | 2005/06/07 22:56:48

惣流さん、こんばんわ。
重複トラバ、片方を削除しましたので、ご承知おきください。

>ご迷惑をおかけして
>どうもすみませんでしたm(_ _"m)

ノープロブレム・アット・オールです。

投稿: 山城守 | 2005/06/09 2:19:13

コメントを書く