« 【書評】「将棋の子」 勝負の世界の気高さ・美しさ | トップページ | 【エプソムC】サンデー産駒の鬼門なのだが »

2005/06/11

【サウスニア】角居厩舎に大物現る?

lets_escape高価な良血の割に、調整のピッチが遅く、なかなかデビューしてくれない」そんな悪しきイメージがひとくちクラブ会員の間に定着してしまった感のあるサウスニアだが、今年の2歳募集馬は、昨年までとちょっと違う動向を示しているようだ。現時点で夏~秋デビューを期待できそうな複数の素質馬が、順調に調整を消化し、早くも体制を整えつつあるのだ。

内国産勢では、オフィサーの弟にあたるラウンドアイズ(父デザートキング)が6月早々に美浦トレセンに入厩を果たしている。兄貴も順調に秋デビューを飾れたクチだったが、この馬はさらに調整の進度が早い。正直、パンフレットの写真ではあまり見栄えはしなかったせいで、自分は出資を見送ったのだが、最近になっての馬体の成長は著しいものがある。大柄でゆったりした身のこなしなど、まさに兄そっくりなムードを漂わせてきたのだ。入厩にともない出資受付は終了になってしまったが、今になって一口いってればよかったか、と少々後悔している。

また、現在は北海道で育成中のアグネスタキオン産駒・ルクシオン(私の出資馬です)も、ここまでうまく調整が進んでいるようだ。6月下旬には、第2回産地馬体検査の受検が予定されており、函館直接入厩という道筋が早々と見えてきた。「あの父」の初子であることや、柔らかみのある筋肉に包まれた好馬体から、会員からの人気も高い。結局、募集馬のなかでは唯一満口の支持を集めたわけが、そんな評価もなるほどと頷けるものがある。

もともと少数精鋭のクラブなので、マイネル軍団のような早期大量デビューをハナから期待してはいけない。といいながら、昨年のサウスニア募集馬で2歳デビューを飾れたのはわずかに1頭だけ(笑) そんな体たらくだったのだから、夏競馬に向けスタンバイしつつある若駒が2頭も登場しただけでも、それはちょっとした異変といえるだろう。
だが、それだけではない。このクラブの本命と目されるマルガイのなかにも、来日早々、早くも頭角を現しつつある逸材が登場しているのだ。
角居厩舎入厩が予定されるレッツエスケープ’03である。

まずは、ホームページの動画(PHOTO&MOVIE)で最近の様子をみてほしい。一目でその雄大なスケールに目を奪われることだろう。こいつはなかなかの大物である。
5月5日に計測した馬体重538kg。かなりの巨漢だが、全身のバランスや身のこなしがよいので、鈍重な印象はまるで感じられない。現時点でキ甲が抜けていないようだが、ここまで馬体ができあがっていれば、これからの仕上げに時間を要することもないだろう。脚部不安など突発的なトラブルがなければ、ズバリ、秋競馬デビューということになるのではないか。

また、この馬にはもうひとつの美点がある。クラブから届くメールマガジンによると、立ち写真のポーズを決めたまま微動だにしない、従順な気性の持ち主であるともいうのだ。そんなキャラクターを反映しているせいか?冒頭の写真(サウスニアHPより転載)でもおわかりいただけるように、表情ひとつとってみても、なかなか愛嬌を感じさせてくれる。
サウスニア勢には、素質に恵まれながら、激しい気性が妨げとなって出世がすすまない所属馬も少なくないが(特に関東F厩舎)、そんななかでこの穏やかな性格は得難いものがあるだろう。鞍上の指示を忠実に理解し、実行にうつせること、それが実戦において大きなアドバンテージであることは言うまでもない。

父テイルオブザキャットは、ストームキャットの直子にあたる。これまで日本では、ストームキャット系があまり活躍できなかったこともあり、正直、なじみの薄い種牡馬という印象を受けてしまうが、ここにきて世界的評価がメキメキと急上昇していることを見逃してはいけない。3月の米2歳セールでは、産駒がなんと約5億4千万円で落札されているのだ。どうやらこの種牡馬、ストームキャット後継の本命と目されるところまで、その地位を上げてきているらしい。母系に目を転じても、母父オジジアン、母母父がマンノォー系のリローンチ。なにやら異系の活力を感じさせる配合だが、それでいてボールドルーラーのクロスが成立しているのも、スピード補強という意味で心強い。

そんなわけで、自分のなかでの評価は急上昇しているこの馬。
2歳募集馬の受付締切は、7月31日(日)とまだ時間に余裕があるので、もう少し検討してみるが、おそらく出資を追加する羽目になってしまいそうである。POGの隠し玉にも、もちろん推奨します。

6月 11, 2005 ひとくち馬主日記 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/4503043

この記事へのトラックバック一覧です: 【サウスニア】角居厩舎に大物現る?:

コメント

山城守様、こんにちは。明日の東京にオフィサー君の名前を見つけたので、お邪魔しました。武大明神で出走なら、買い、でいいですよね?相手も堅そうだし、ちょっと大勝負してみるつもりなんですが?

投稿: taylar | 2005/06/11 23:56:24

こんばんはです。オフィサー明日4Rですね。私も府中市民なので、起きられれば応援に行こうと思います。仕事に追われ、口取りは忘れていましたが。。。落ち着いていれば好勝負ですよね。レッツエスケープは現在のところ、私の唯一の出資馬です。ぜひご一緒できるとよいですね。

投稿: おーえん | 2005/06/12 0:11:50

taylarさん、こんにちは(^^)/
東京4レースで「ちょっと大勝負」ですか?
オフィサーは、ここに入ってもスピード最上位だと思いますが、その分前半から隣枠のタケショウヤマトと競り合ってしまう恐れがあること、また、直線では外から来るチョウカイフレンチの目標にされる心配がありますね。もちろん、能力の違いでぶっちぎってくれることを期待していますが、人気を背負う今回単勝まではどうかな?と正直考えております。
馬券的には、チョウカイとの2頭軸で3連複を控えめに購入するつもり。明日の午前中から府中で声を枯らしてきます。

投稿: 山城守 | 2005/06/12 0:58:32

おーえんさん、コメントありがとうございます。
オフィサーの口取り、私ももちろん申し込みましたが、はずれてしまいました。某GCの番組推奨馬の看板を背負って出走する今回は競争率が高かったようですね。

>レッツエスケープは現在のところ、私の唯一の出資馬です

今日ひとくち出資を申し込んじゃいました(^^;
見れば見るほど、良い馬に見えてきますね。
ひょっとしてG1取れるんじゃないか?と大それた期待までしてしまいそうになります。

投稿: 山城守 | 2005/06/12 1:02:02

コメントを書く