« そのまま、ミュージカルバトン!(前編) | トップページ | 【宝塚記念】持久力比べになっても、強いのはあの馬 »

2005/06/25

そのまま、ミュージカルバトン!(後編)

ミュージカルバトンの続きである。
今、自分のところに来ているこのバトンは、四号館(防備録)さんのエントリによるなら、REVERY_L_ELEKTRAさん→殿下執務室さん→異端血統最前線さん→うまさいとさん→四号館(防備録)さん→役に立たない?競馬分析blogさんと、「濃い目」のラインを通過しながら手渡されてきたようだ。キルトクール社内などでも、別系統のラインが発展しているようなので、競馬ブログ界全体のバトンの流通経路を整理し、サイアーラインとして一望してみるのも面白いかもしれない(笑)

4.Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me
(よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)

普通に書いても面白くないので、ちょっと趣向を変えてみよう。「mean a lot to me」?それなら、カラオケで思い入れを込めて歌う5曲ということでどうか(^^;
ちょっと前に、完全にフリーな選曲が許されるカラオケの機会があったので、そのとき実際ににチョイスした5曲を紹介します。
それにしても、かなり嗜好が偏向している選曲だな・・・・

「ダイナマイトに火をつけろ」(ボ・ガンボス)
B00005G4TJ
 (♪歌い出し)虫のように殺された100万人の魂たちよ、俺の話をどうか聴いておくれ・・・・
ニューオリンズ繋がりというわけではないけれど、まずはボ・ガンボスのデビューアルバムに収録されていたこの名曲で景気づけ。
解散からはや10年。こんな曲がリストに載っているんだから、良い時代になりました。
個人的にはスタジオ録音盤よりも、どんとのMCがガンガン観衆を盛り上げていくライブバージョンのほうが好み。この春再発された「ずいきの涙」の1曲目にも収録されている。

「たどりついたらいつも雨ふり」(ザ・モップス)
 (♪歌い出し)疲れ果てていることは、誰にも隠せはしないだろう・・・・
世間的には吉田拓郎による作品のほうが有名だが、カラオケで歌うなら断然モップス盤のほうがよい。拓郎は所詮フォーク。でも、こちらは筋金入りのロックンロールなのだから。骨太のギターサウンドに、ボーカルが生々しい歌詞をのせて、どんどんドライブしていく感覚を楽しみたい。
もうほとんど忘れられた存在と化しているが、ザ・モップスは昭和40年代にデビューしたバンド。当時興隆を極めていたグループサウンズとは明らかに一線を画す、日本のロックバンドの草分け的存在だ。

「ラッパとおじさん」(サザンオールスターズ)
B00005GXM0
 (♪歌い出し)
I believe, I believe, I believe in Mr.Yagi
・・・・
サザン4枚目のアルバム「ステレオ太陽族B面(死語)の1曲目に収録されていたご機嫌なナンバー。バンド名の由来ともいえるサザンロック風のアレンジに乗せ、桑田佳祐が全編英語で当時のアレンジャー八木正生氏をリスペクトする気持ちを歌い上げている。サビの部分で繰り返される「I don't cry anymore!」の掛け合いが気持ちよい。
これくらい長いキャリアを重ねているバンドになると、リスナーの世代によって、選ばれる代表曲が違ってくるのも面白い。「希望の轍」や「Tunami」なんかをちょっと若い奴らが選曲すると、おじさんはこんな曲で対抗したくなるのだ。

「タイガー&ドラゴン」(クレイジーケンバンド)
B0009J8HIO
 (♪サビ)俺の、俺の、俺の話を聞けっ!
2分だけでもいい
・・・・・
最近のはやり歌なら、断然これがイイネ!
今だに和田アキ子の新曲と勘違いをしている人がいるけれど(笑)、歌っているのは横山剣さん。とても21世紀の流行歌とは思えないケレン味というか、ギミックの固まりのような1曲なのだが、一度聴いただけで耳から離れなくなってしまう。ここは情感たっぷりに歌い込んでみよう。7月に発売されるクレイジーケンバンド7枚目のアルバム「ソウル・パンチ」(なんというタイトル!)にも収録されるみたいです。

「裸足の季節」(松田聖子)
B00005G3DL
 (♪サビ)えくぼの秘密あげたいわ~、
もぎたての青い風
・・・・・
カラオケも5曲目あたりになると、だんだん酔いが回ってくる。この選曲からもそんな状況がうかがえるわけだ(笑)
最近ではすっかり死滅したジャンルとなってしまったアイドル歌謡だが、どうせ歌うなら、照れたりせず、堂々と高らかに歌いあげよう。今では繁殖に上がって、あまりパッとしない産駒もデビューした3冠牝馬の新馬戦を思い出すような気分で・・・・
それにしても、このジャケット写真。時代の流れというものを痛いほど感じさせてくれる1枚だな。

前述したエントリのとおり、5番目の質問Five people to whom I'm passing the baton (バトンを渡す5人)はここで封印。これにより、ここまで伸びてきたサイアーラインは、ひとまず途絶してしまうわけだが、誰かがバトンを拾ってこの系統を再び発展させてくれるなら、それもまたよし。そんな酔狂な方、ご遠慮なくお申し出ください。

と思っていたら、今度はkeiba batonなるものが、タイガーさんのところから回ってきた。続きは、また次回に・・・・

6月 25, 2005 日記・コラム・つぶやき, 音楽 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/4695685

この記事へのトラックバック一覧です: そのまま、ミュージカルバトン!(後編):

» ミュージカルバトン トラックバック 大牟田からのつぶやき
ミュージカルバトンがネット上で書かれているのは知っていたが、ここに回ってくるとは思わなかった。 同じねたはその直前にmi 続きを読む

受信: 2005/06/25 11:59:42

» 幸せの手紙とMusical Baton トラックバック 失われた時を求めて
昔、幸せの手紙つうのがあったような気がする、貰ったとき俺は吐き気がした、そのうち 続きを読む

受信: 2005/06/25 12:01:41

コメント

コメントを書く