« 【京王杯スプリングC】高松宮記念組不振の理由を考える | トップページ | 【御礼】いつの間にやら1周年です »

2005/05/15

【サウスニア】オフィサー、次走につながる2着健闘!

officer_second■オフィサー(牡3)
JRA栗東・森秀行厩舎・7戦1勝
サウスニアRH所属
父 Fusaichi Pegasus
母父 Irish River
(写真はサウスニアRH HPより)
(昨秋東京競馬出走時)



先日の川崎遠征で待望の初勝利を収め、ダート・短距離路線への適性の高さを証明した愛馬オフィサー。その余勢を駆って本日・京都第7レース・ダート千四に出走してきました。鞍上には金沢競馬の若武者・吉原寛人騎手を配し、連勝を狙っての参戦です。混戦が予想されたメンバー構成のなか、最終的には単勝2番人気の支持を集めていました。
ゲートが開くと、愛馬はややフワッとしたスタート。それでも二の脚でアッという間に先団にとりつき、前走同様、逃馬を外からピタリとマークする絶好位を確保します。今日の京都コースは見た目にかなり砂が深く、川崎以上にパワーを要しそうな感じでしたが、それでもこの馬、ダートだと行きっぷりからして違います
先行3~4頭がほぼ一段の体勢のまま、レースは4コーナーへ。勝負は、逃げるウインサウザー(安藤勝)、追うオフィサー(吉原)、3番手から漁夫の利を狙うヤマニンデュエル(生野)の3騎に絞られる形になりました。
直線に向くと、安藤騎手がスッと差を広げ、後からヤマニンが愛馬に襲いかかります。「これは苦しいか?」と危惧しましたが、今日はここからがオフィサーの真骨頂でした。吉原騎手が再度体勢を立て直し追撃にうつると、愛馬もその叱咤にこたえ、闘志をむき出しにしながらウインサウザーに食いついていきます。再び僅差の2番手まで迫ったところが、ゴール板。惜しい内容でしたが、次走への期待を予感させる大健闘だったと思います。

 5月15日 京都第7レース
 3歳500万下・ダ千四(16頭立)
 1着 ウインサウザー  安藤勝 1.23.8
 2着 オフィサー     吉原  1.24.0
 3着 ヤマニンデュエル 生野  1.24.5

決着時計は前日土曜日の古馬・1000万下・高瀬川特別を上回る水準。3歳500万下のレベルとしてはかなり優秀な部類です。なるほど小雨が降っていましたが、見た目にかなり砂が深かったことを思えば、額面どおり高レベルの評価を与えてよいレースではないかと感じました。うまくいけば、「先週の結果分析」で2度目の番組推奨馬にしてもらえるかもしれません。
馬券的には、2着・3着のワイドが的中(^^;
馬単総流し攻撃が失敗したのは惜しまれますが、40倍近い配当だったので文句はありません。

5月 15, 2005 ひとくち馬主日記 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/4135387

この記事へのトラックバック一覧です: 【サウスニア】オフィサー、次走につながる2着健闘!:

» 馬[ダート] トラックバック 馬馬辞典: 馬[ダート]
馬馬辞典<ダート>ダート (dirt) は土の意でありダートコース(ダートトラックなどとも言う)のことを指す場合が殆どである。ダートコースとは競馬やモータースポーツなどで利用される土や砂が細かく敷かれた走路のこと。競馬におけるダートコースは芝のコースに比べ... 続きを読む

受信: 2005/05/16 8:00:29

コメント

勝てなかったのは残念ですが、相手もウインの評判馬ですし良くがんばってくれましたよね!!
ダートは2戦目ですので、500万で経験をつんでから着実にステップアップするのもありなのかなと思います。
疲れがなければ、次走で大勝負できそうです。(馬券的にも)
馬券的にも当レース○◎とスプリングC◎▲○とひさびさに大興奮の一日でした。

投稿: おーえん | 2005/05/15 20:59:59

おーえんさん、コメントありがとうございます。
川崎の走破時計がかなり優秀だったので、昇級戦をアッサリ突破もありかな?と思っていたのですが、そう甘くはないですね。しかし、今回の時計もなかなか優秀でした。結果的には勝馬をはじめ強いメンバーの揃った一戦だったと解釈しています。次走は順当に首位候補とみてよいでしょう。
ただし、サウスニアHPの速報によれば、地下馬道などで大暴れしていたそうですから、気性面の課題克服がカギになるかもしれません。
馬券の的中おめでとうございます。
私のほうは、このレース(2・3着)も京王杯(1・3着)も、渋~くワイドで仕留めました
(^^;

投稿: 山城守 | 2005/05/15 23:42:20

「フィクサー」の馬が「オフィサー」だったとは(^^)。
次走はインディアトロフィーあたりでしょうか。今度は狙ってみます。

ではでは。

投稿: 雲國 齊 | 2005/05/17 23:47:41

雲國齋さん、毎度どうも!
「オフィサー」=「有資格の高級船員」
「フィクサー」=「陰で調停・処理して報酬を得る人」
響きは似ているけれど、だいぶニュアンスが違いますね(^^;
予期していたとおり、GC先週の結果分析で2度目の番組推奨馬に推されてしまいました。こうなると次走勝ち負け必至ですが、馬券的な妙味はちょっと薄くなってしまうかもしれません。個人的には中京千七よりも府中千六(第3回開催後半)でその勇姿を目にしてみたいと期待しています。

投稿: 山城守 | 2005/05/19 1:06:13

番組推奨馬はまた?ってかんじですね。あてにならないかんじが‥。馬券はまたまた複勝でいきました。単勝は会員さんががってたのか人気になりすぎてた感じがありました。単勝は3人気、複勝はそれより人気がなかった。3連単が買えるレースにいつかでるといいですね。

投稿: REIN | 2005/05/21 10:07:11

REINさん、コメントありがとうございます。
あの番組、各解説者の「狙い馬」の信頼度はイマイチですが、タイム分析に裏づけられた「番組推奨馬」は信頼できると思います。京都のレースは、たしかに単勝が売れすぎでしたね。馬単総流しのほうが期待値が高いと判断して勝負したのですが、惜しい結果でした。ではでは。

投稿: 山城守 | 2005/05/22 0:32:31

コメントを書く