« 【オークス回顧】本命馬包囲網を粉砕した底力 | トップページ | ダービー・デイ 東京競馬場混雑予想 »

2005/05/24

ひとくち馬主、必携アイテムを発見?!

sn206officerホームページでの近況報告や、レース時に着用したゼッケンのプレゼント、はたまた優勝時の口取り記念撮影参加などなど。最近は、ひとくち馬主クラブの会員サービスもかなり充実してきた感があるけれど、ありそうで無かったのが、クラブ所属馬をモチーフにしたグッズ販売である。
もちろんクラブ馬でも、G1で活躍するほどのスターホースになれば、Tシャツからぬいぐるみまで様々なグッズが商品化されており、ターフィーショップで入手することができるけれど、社台系や一時のタイキを別にすれば、それほどの活躍馬は意外に少ないもの。500分の1の小口出資で、ひとくちライフを楽しむ我々弱小会員にとって、シーザリオタップダンスシチーに出資するほどの幸運に恵まれるか、自費製作にでも踏み切らないかぎり、愛馬グッズを手にする機会など皆無だと思っていた。
ところが、発見しちゃいました。なんと、わが愛馬オフィサー(サウスニア・3歳500万下)をデザインしたキーホルダーである。どうですか?コイツはいいでしょう!こんなレアなグッズが、ネット上でひそかに販売されていたのだ。

愛馬を持つ喜び、愛馬へのロマン、愛馬を持つステータスを、アクセサリーとして表現したオリジナル愛馬グッズです。 外周部は蹄鉄をイメージしました。中央部には愛馬の画像とネームが、裏面にはクラブの勝負服とクラブ名が入ります。(中略)
会員様のご注文分だけを、手作業で製造する完全限定品です。 カタログ掲載品は会員様限定販売で、会員様のみが持つことができるオリジナルグッズです。
 ~有限会社エイアールエス 愛馬アクセサリー紹介サイトより引用

このレア・グッズを製作・販売しているのは「有限会社エイアールエス」さん。
同社では、キャロット、ジョイ、ユニオン、サウスニアの各クラブに所属する現役全馬(一部引退馬含む)のアクセサリーをラインナップしており、手作業による受注製造で、クラブ会員向け限定でネット販売を行っているとのこと。G1ホースだろうと、未勝利馬だろうと、分け隔て無く発売しているのが、素晴らしい。ちなみに、サウスニアを除く3クラブについては、デビューを待つ2歳馬が、早くもカタログに掲載されていました。
商品の価格は、送料・税込で、一個2,000円也。キーホルダーにしては、ちょっと値が張るという印象も受けるが、手作業の受注生産なら、それも仕方ないかも。愛馬の単勝馬券を2000円買ったと思えば、まあ納得できないこともない。

それにしても、このアクセサリーの対象となったクラブを見渡してみると、意外にも共通点の多いことに気がつく。いずれも募集口数は200~500口と、小口会員が中心。冠名は使用せず、会員からの公募で馬名が決められるクラブである。
つまり、1頭あたりに対する出資者数が多いのと同時に、愛馬に対する思い入れもちょっと強い。そんなクラブに身を寄せるひとくち馬主たちなら、愛馬グッズを手にしてみたい!という願いも、他のクラブ会員に比較して一際強いはずなのだ。そんなニッチなニーズが存在するマーケットを見逃すことなく、誰も手を付けなかった商品販売に乗り出してきたこの会社。なかなか商売上手!なのかもしれない。

まさにひとくち馬主必携?!のアイテムともいうべき、愛馬アクセサリー。当然、自分も愛馬オフィサー・グッズを、即断即決で発注してしまった。ううむ、アクセサリーが手元に届く2週間先が待ち遠しい!

ちなみに、当エントリの商品写真掲載およびリンクに関しては、「有限会社エイアールエス」さんから快く許諾をいただきました。感謝感謝です。

banner1

5月 24, 2005 ひとくち馬主日記 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/4267831

この記事へのトラックバック一覧です: ひとくち馬主、必携アイテムを発見?!:

コメント

キャロットでも購入できますが、ディアデラノビアは写真が気に入らず購入を見送っています。でもオークスの単勝馬券(3000円分・・・)を競馬場で買ったキーホルダー(500円也)に入れていますから、確かにそれと比べれば安いかも・・・ところで、私のサイトのリンク集に勝手ながら加えさせて頂きました。お暇なときにでも紹介コメントなど確認して頂ければ幸いです。トップページの「新着リンク」からご確認ください。今後ともよろしくお願いします。

投稿: STAN | 2005/05/25 2:09:50

STANさん、リンクありがとうございます。私のほうも、貴ブログをmyblogリストに追加させていただきました。
さて、ディアデラノビアです。同厩のシーザリオとともに、アメリカンオークス遠征が発表されましたね。繊細な牝馬だけに体調面は大丈夫なのか?とも思えますが、角居調教師の判断ですから、おそらく不安はないのでしょう。
海外G1参戦、ひとくち馬主にとっては、夢のようなお話です!めったなことでは経験できない機会ですから、大いに健闘を期待しております。

投稿: 山城守 | 2005/05/27 0:03:14

コメントを書く