« 【桜花賞】「外枠不利」の定説について考える | トップページ | 東京競馬場 新スタンド(第2期)お披露目 »

2005/04/11

【桜花賞回顧】ラインクラフトの可能性、シーザリオの死角

fukunaga04101着 ラインクラフト(福永祐一)
大外枠を不安視され、直前では単勝4倍台の2番人気と支持を下げていたが、終わってみれば「恐れ入りました」の一言。例年の優勝馬とまったく同じように、好位からの正攻法で、危なげなく押し切ってしまった。発馬直後、ひとつ隣の枠からモンローブロンドがノシをつけて先行してくれたおかげでスペースが生まれ、2角からスッと理想的な位置を確保できたことも幸いしたが、その気になればハイペースのマイル戦・大外枠からでもこれくらいのスピードは発揮できるということだろう。
特筆すべきは、好位の外でピタリと折り合いがついたこと。阪神ジュベナイルフィリーズの時点では、道中他馬の後ろで行きたがる仕草をみせ直線ひと伸び欠いたことを思えば、気性面の成長が伺えるし、これなら少なくとも二千メートル前後の距離までは大丈夫だ

勝利の直後、東京競馬場ではファンの間から「オークスじゃなくて、NHKマイルに行ってくれたらなあ・・・・」という声が聞こえてきた。この馬を管理する瀬戸口師も、「オークスは距離が長いかなとも思いますが、勝ったので行かざるを得ないでしょう」(ラジオNIKKEI 競馬実況HPより引用)と距離延長に対する不安を隠さない。父エンドスウィープ、母はアドマイヤマックスの全姉。なるほど確かに、血統面からいえば、距離伸びてさらに良さがでるタイプではないだろう。
しかしながら、近年のオークスでは昨年のダイワエルシエーロスイープトウショウ、3年前のチャペルコンサートのように、いかにもマイル向きといった印象を与えるタイプが意外に健闘している。底力が試される競馬になってどこまでやれるかはともかく、例年のオークスにありがちなスローペースの上がり勝負になれば、この馬の現状でも十分に太刀打ちできる可能性はあるはずだ。

2着 シーザリオ(吉田稔)
まさしく「負けてなお強し」を絵に描いたような競馬だった。
好枠から好ダッシュ。2角突入前に早くも先頭をうかがう位置につけていたが、結果的にはこのスタートが裏目に。先行各馬が密集した2角の攻防による「あおり」をまともに受け、内で控えることを余儀なくされてしまった。このあたり、外から不利なくコーナーを通過できた勝馬とは対照的で、結果的にはこれが勝敗を分けたポイントだろう。
見栄えのする馬体や、直線で目を引いた力強い末脚、さらには距離伸びて良さそうな血統背景も相まって、おそらくオークスでも1番人気の支持を集めることは必至だろう。

気になったのは、ゴール直前、吉田稔騎手の右ムチ連打に反応し、大きく外に逃げる仕草をみせたことだ。横から映しているターフビジョンでは矢のように真っ直ぐ伸びて見えたが、正面からのパトロールビデオはさすがに誤魔化せない。
なるほど今回は、はじめて経験する厳しい流れ、馬込みで我慢を強いられる展開など、この馬にとってかなりストレスフルな競馬であった。そこまで考慮すれば、少々の斜行に情状酌量の余地はあるかもしれない。
しかし、オークスの舞台は、広い府中とはいえ比較的狭いCコース。スローペースで内ラチ沿いに馬が密集する展開になったとき、この悪癖が致命傷になる恐れもないとはいえないだろう。しかもこの馬の場合、次走も鞍上乗り替わりの可能性が高い。初めて手綱を手にする騎手は1番人気のプレッシャーとは別の意味でも、緊張感をもった騎乗を強いられることになる。
当然角居師も、そのあたりの課題は意識して、これからの調整をすすめていくことだろう。オークスまで残り1か月半、シーザリオが死角を克服し、女王戴冠に相応しい牝馬に成長していくことができるか否か。角居師の動向・発言には十分注意を払いつつ、府中コースにこの馬が登場する日を待ちたい。

4月 11, 2005 競馬予想・回顧アーカイブ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/3649517

この記事へのトラックバック一覧です: 【桜花賞回顧】ラインクラフトの可能性、シーザリオの死角:

» 桜花賞・回顧 〜 ここまで負けるとムシロ気持ちいい 〜 トラックバック 気の向くままに思うまま
いやぁ、外れに外れました。 競馬が向いてないんではないかと痛感するほどに。 まぁ、1・2番人気で決まられては手も足も出ないってヤツです。   1着 ラインクラフト 2着 シーザリオ 3着◎デアリングハート 4着△エアメサイア 5着 ダンツクインビー &... 続きを読む

受信: 2005/04/11 0:16:13

» 桜花賞 回顧 のようなもの トラックバック 役に立たない?競馬分析blog
2005年G1の3戦目、クラシックの幕開け桜花賞が行われた。 単勝人気10倍未満が5頭と混戦ムードの中、終わってみれば1・2番人気が揃って連対する決着。 馬連1220円は、予想が当たった人には美味しいもので、 波乱を予想した人(私とか・・・... 続きを読む

受信: 2005/04/11 0:17:44

» ファンシミン系がG?2連勝の快挙!? トラックバック サラブレメモ
 桜花賞は「外枠から好位で流れに乗れる馬が狙い目」だったのですがラインクラフトが福永の好騎乗でそれを実践し見事優勝。外枠不利と新聞などで盛んにアオってましたが実際は「外差し」が不利なのであって外枠から流れに乗って「先行」できる馬は逆に絶好の狙い目であることがあらた... 続きを読む

受信: 2005/04/11 0:46:21

» 桜花賞 他 結果 トラックバック Racing Blog 2005
混戦と見られた桜花賞、終わってみれば2、1番人気の決着。勝ったラインクラフトは正攻法の見事な競馬。桜花賞レコードのおまけつきで栄冠を手にした      第65回 桜花賞(G〓) 芝1600m        1着 ラインクラフト     1分33秒5     ... 続きを読む

受信: 2005/04/11 3:08:05

» 桜花賞・結果 トラックバック remiの直線一気ゴボウぬき
【桜花賞】 『願い続けた夢に舞え、桜の冠に似合う笑顔がある』 2歳のときに叶わなかった女王の座、願い続けた夢を、 ついに射止めたラインクラフト。 続きを読む

受信: 2005/04/11 6:53:25

» 第65回 桜花賞 / 回顧 トラックバック 月夜塚-2nd-Blog
 ラインクラフト強かったです。阪神JFのレースがいい経験になってたのかもしれないです。祐一くんの騎乗も素晴らしかったし、シーザリオとは経験の差ですかね。ラインクラフトと福永騎手おめでとう。  馬券はとりあえず獲りました。幸先いいスタートです。来週も獲ります。 桜花賞全着順、払戻金  ...... 続きを読む

受信: 2005/04/11 9:40:51

» 1コーナーで勝負あり!桜花賞の回顧。 トラックバック 打ち上げ花火
  終わってみれば人気馬同士の決着となった桜花賞。満開の桜の中文字通り桜の女王を決める1戦にふさわしいレースでした。     1着 消 ラインクラフト・・・フィリーズRの競馬しかり、週中のユーイチの発言しかり完全に差しに回るものだと考えていましたがス... 続きを読む

受信: 2005/04/11 11:03:05

» 福永騎手,雪辱のV。桜花賞の回顧 トラックバック Sonomama! x2 blog
今週も相変わらず忙しいので,月曜の朝のうちにレース回顧を済ませます。 阪神JFでの敗戦の悔しさをバネにしたラインクラフトが,完璧なレース運びで桜花賞を制覇しました。外枠不利と言われながらも果敢に先行策をとり,直線で早めに先頭に並びかけ,最後はシーザリオの猛追をアタマ差しのいで優勝。福永騎手はプリモディーネに続いて桜花賞2勝目。今年のJRA GIも2勝目となりました。   鉄ウ本 1着 ▲▲× ラインクラフト 2着 △◎◎ シーザリオ 3着 ーー○ デアリングハート 4着 ○△△... 続きを読む

受信: 2005/04/11 12:50:15

» 桜花賞の結果 トラックバック Target de WinGet
桜花賞は先行策に出た2人気ラインクラフトがシーザリオの猛追を凌ぎきって勝った。モンローブロンドが逃げたペースは5F58秒と近年にしては速かったが、離れた3番手追走で直線でバテることもなかった。今の阪神芝はとミスプロ系が活躍しているのを象徴する勝利。 1人気のシーザリオは上がり3Fは最速の脚を使って直...... 続きを読む

受信: 2005/04/11 13:09:58

» 桜花賞などの結果 トラックバック [的]競馬ニュース的ブログ
【桜花賞】 スタートしてテイエムチュラサンが先頭に立つが、宣言通り2角過ぎてモン 続きを読む

受信: 2005/04/11 19:16:06

» 桜花賞 回顧 トラックバック the borderland
あれだけ人気が割れていたにも関わらず、1,2番人気で決着するんだから、競馬って難しいですね・・・ 1着:ラインクラフト 消し 先行するなら消せないと自分でも書いておきながら、外枠に入り福永ならきっと差す競馬に違いないと頭から決めつけていたので、3~4番手につけられた時に負けは覚悟しました。実力を出し切れれば、トップクラスの実力があるのは判っていましたが、福永はG1フェブラリーS勝利⇒高松宮記念惨敗でケチがついたと思ったんだけどねぇ。結果論でしかありませんが、4枠辺りでごちゃついたことを考えれ... 続きを読む

受信: 2005/04/11 23:58:35

» 桜花賞観戦 トラックバック Goodthing競馬Blog
阪神11R・桜花賞(GI) 芝1600m 桜花賞レコードで決着。 勝ったラインクラフトは好スタートから先行し、直線で、シーザリオの猛追をしのぎ切る。 敗れたとはいえ、シーザリオの強さが目立った一戦となった。 ハロン11.69 上り47.4-35.5 ペースH 通過タイム 600 800 1000   1200   1400     33.8 - 46.1 - 58.0 - 1.10.0 - 1.21.5 ラップタイム 12.2-10.4-11.2-12.3-11.9-1... 続きを読む

受信: 2005/04/12 15:35:32

» 桜花賞の回顧(明暗は,意外にもぼんやり) トラックバック 最高10点,穴だらけ
今年の桜花賞は全馬がきれいなスタートを切り,互いが凌ぎを削り合う素晴らしいレースとなりました。そして,勝ちタイムは1分33秒5ということで,3年連続の桜花賞レコード決着でした。 1着・ラインクラフト 前走・フィリーズレビューでは終い重視のレースをしましたが,今回はフィリーズレビュー前のレースぶりで4番手の外目で弾むような走りをしていました。直線では先に抜け出しを図ったデアリングハートに一完歩ずつ差を詰める�... 続きを読む

受信: 2005/04/12 16:27:08

» 桜花賞;最高です。おめでとうラインクラフト…!(>_ トラックバック 由良川競馬blog
  阪神芝・右 1600m サラ系3歳 OP 晴/良 ハロンタイム  12.2 - 10.4 - 11.2 - 12.3 - 11.9 - 12.0 - 11.5 - 12.0 上り  4F 47.4 - 3F 35.5 2コーナー  (10,*16)-(1,9,17)(2,7,11,12)(13,14)(5,6,15)(3,8)4,18 3コーナー  16-(10,9)(1,17)(2,11,12,14)6(7,13,15..... 続きを読む

受信: 2005/04/12 19:13:47

コメント

ラインクラフトの体型はどう見てもマイルまでの馬だと思うのですが、牝馬同士のオークスならぎりぎり持つような気もしますが適正外距離は馬に深い疲労が残るのでNHKマイルに出てほしいと思っています。
コメントありがとうございました。

投稿: cologne | 2005/04/11 13:33:34

cologneさん、コメントありがとうございます。
ラインクラフト、2歳当時パドック映像ではじめて馬体をみたときには随分貧弱な印象を受けたものです。それでいてあの性能・・・(^^; 搭載されているエンジンが違うのでしょうね。今となってはただ者でないことは明らかですし、オークスを勝てるかどうかは別にしても、軽視は危険だと思います。

投稿: 山城守 | 2005/04/12 1:44:23

コメントを書く