« 【皐月賞】ディープインパクトは危ない人気馬なのか? | トップページ | 【サウスニア】川崎の水は甘くないけれど・・・・ »

2005/04/20

GOLD UP! 黄金の馬、盛岡競馬場に入厩

東京競馬場・新スタンド西側から、岩手競馬の場外発売所が設置された内馬場へと向かう地下道。この場所を歩いていると、新スタンドでは目にすることがなかった、妙なポスターがあちこちに貼ってあることに気がつく。金ぴかの背景をバックに、派手な水色のスーツに身を包んだオッサンが、両手を突き出しポーズを決めている。キャッチフレーズは「GOLD UP!
なんだ、この垢抜けないデザインは?と思っていたら、これが今年の岩手競馬の宣伝ポスターだった。オッサンの名はDr・コパ。今シーズンの岩手競馬イメージキャラクターに起用された風水関係のタレントさん?らしい。とはいえ、名前は知っていても、顔まではさすがに知らなかった(^^; 競馬ファンにとっては、コパノフウジン(JRA)の馬主さんといったほうが、通りがよいかもしれない。
そのコパ氏曰く「今年のラッキーカラーは金、青、茶。盛岡の金、水沢の青、茶はダート、三つのラッキーカラーで、幸せは東北からやってくる」のだという。「水沢(水)の青」はともかく「盛岡の金」っていったいどういう意味なんだ?という気もするが、まあ縁起物と割り切れば少々のコジツケも悪くないだろう。競馬場に行って金運アップという願いも込めて「GOLD UP!」実際、馬主としてのコパ氏は、ゴールドアップと命名した競走馬も所有しているらしい。

さて、そんなコパ氏の所有馬以外にも、ラッキーカラーに縁がありそうな岩手所属馬がまもなく登場する。4月19日、ひっそりと盛岡競馬場に入厩してきたこの馬のことだ。

golden_will_at_iwate■ゴールデンウィル(牡4)
盛岡競馬・櫻田勝男厩舎所属・未出走
元サウスニアレースホース所属
父 Sadler's Wells  母 Looking for Gold
母父Mr.Prospector
何を隠そう、JRA在籍当時(未出走)に自分の一口愛馬だった1頭です。再ファンド制度適用を前提にした地方移籍で、昨秋に岩手競馬所属に転籍したのだが、母の名に注目してもらいたい。ルッキング・フォー・ゴールド。「黄金を捜し求める」とは、何とも意味深な響きではないか。かのシーキングザゴールドの全妹にあたる血筋だし、なかなかの良血でもある。
母の名に刻まれた「黄金」を捜し求め、盛岡競馬場にたどり着いた鹿毛「茶色」のサラブレッド・・・・おお、盛岡の「金」とか、ダートの「茶」よりも、こちらのほうがずっと風水の御利益にあずかれそうな予感がする。

あと1色、ラッキーカラーの「青」が何なのか?現時点で接点は見つからないが、仮に菅原勲騎手が手綱を取ってくれるなら、勝負服のカラーはずばり「水色」。幸運を呼ぶ3色がすべて揃い踏みということになる。青系の勝負服で選べば、櫻田厩舎の主戦=佐々木忍騎手でもOKだし、村松学騎手や草地保隆騎手(青と黄色)でも問題なさそうだ。

ところでこの馬、実は岩手移籍後、ずっと遠野にある競走馬育成施設「馬の里(うまのさと)」で調整・待機の日々を送ってきた。昨秋には、一度JRAでデビュー戦に登録する寸前まで行ったのだが、直前で体調を崩し結局出馬は見送り。その後、下降線の状態のまま岩手にやって来て、立て直しに思いのほか時間を要してしまったのである。
幸い、休養時期が岩手のシーズンオフと重なっていたため、焦ることなく調整に専念でき、雰囲気はグンと良化してきたようだ。櫻田調教師によれば「ストレスからくる内臓面の疾患が順調さを欠いた原因」らしい。どうやらJRAのトレセンのような慌ただしい環境には、馴染めない気弱なタイプなのかもしれない。それなら、無理に中央復帰を目指すよりも、環境のいい盛岡で「第2のカーム」をめざして名をあげる道を選ぶのもいいのではないか?と個人的には思っていたりする。

デビューに向けた第一歩、能力検定は22日の金曜日に予定されている。レースへの登場は、黄金週間の水沢開催か?はたまた、5月中旬の盛岡競馬(金の競馬場)か?どこまでも、ゴールドに縁がありそうなこの馬、無事デビューを飾れば、風水パワーで連戦・連勝も夢ではないだろう(笑)「GOLD UP!」のキャッチフレーズを地でいく岩手の新・怪物として、注目を浴びる日が訪れることを、ひそかに期待しています。

4月 20, 2005 ひとくち馬主日記, 岩手競馬 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/3774338

この記事へのトラックバック一覧です: GOLD UP! 黄金の馬、盛岡競馬場に入厩:

コメント

御無沙汰しております。ブログは見させてもらっています。
「盛岡の金」ですが、
明治時代に盛岡に競馬場が創設されたとき「黄金競馬場」と命名されたそうです。
そして現盛岡競馬場OROパークの「ORO」はラテン語で黄金を意味します。
このことをコパさんが踏まえたのかどうかは判りませんが(^^;、
盛岡の金は間違っていないことになりますね。

今は府中の場外発売所からの参戦かとは思いますが、
また是非水沢・盛岡の現地においでくださいませ。

投稿: 鈴木次朗 | 2005/04/20 0:59:07

鈴木次朗さん、コメントありがとうございます。
「黄金競馬場」「ラテン語で黄金」・・・・盲点でした(^^;
不勉強を恥じるばかりです。

>また是非水沢・盛岡の現地においでくださいませ。

府中場外も悪くはないのですが、やはり事件は現場で起こっていますからねえ。秋の両G1はもちろん、愛馬の出走に合わせ春の遠征も密かにたくらんでおります。ではでは。

投稿: 山城守 | 2005/04/20 22:56:22

コメントを書く