« 【サウスニア】遅れてきた巨漢がデビュー | トップページ | 「くるる」でレイトショー~TOHOシネマズ府中に行ってきた »

2005/04/03

【大阪杯】小頭数でもスローにはならない

阪神の芝二千、しかも小頭数のレースといえば、往々にしてスローペース症候群を絵に描いたような競馬ばかりでは?という気がしていた。昨秋の朝日チャレンジカップなどが、その典型だろう。道中ペースは上がらず、先頭から後方まで全馬チンタラとすすみ、4角になってやっとヨーイドンの単調なパターン。わずか9頭立てと寂しい頭数になった今年の大阪杯も、おそらくそんなレースになるのでは?とあまり興味をもてずにいたのだが、最近数年分の大阪杯のデータから、ラップタイムのパターンを眺めているうちに、これはちょっと違うなという気がしてきた。
Photo:(C)Horses.JP(この画像の無断転載・複製はご遠慮ください)

少なくとも過去4年間、大阪杯では、絵に描いたようなスローペースは出現していなかったのだ。前半千メートル通過は、59~60秒台前半。ハロン毎の通過ラップをみても、バックストレッチの入口あたりからゴールまで、ほぼ12秒フラット(勝負所の三分三厘からは11秒台)が連続する淀みない流れが形成されていた。

04年 12.7-11.3-11.9-12.0-12.2-12.1-11.8-11.9-11.3-12.4
03年 12.7-11.0-11.9-12.0-12.0-12.3-11.8-11.9-11.3-12.2
02年 12.7-11.3-12.3-12.1-11.8-11.8-11.7-11.7-11.7-12.0
01年 12.4-11.0-12.2-11.9-11.6-11.8-11.7-11.8-11.8-12.2

このうち、昨年・一昨年は、精密機械のような逃げ馬マグナーテンがペースを主導していたので、こんなラップになるのも頷けるが、タイプの異なる逃げ馬タマモヒビキが先導した02年・01年も、ほぼ同じようなラップの推移になっているのが興味深い。

原因はいろいろ考えられるだろうが、安田記念や宝塚記念をローテの先に見据えたG1級の始動場所というレースの性格も、そんな流れに影響を与えているのでは?という気がする。ステップレースとはいえ無様な競馬は許されないG1級は、斤量を背負う分早めのタイミングで仕掛けてくるし、マークする有力どころもこれに追随する。その結果、逃げ馬が4角まで楽をできるような展開にはなりにくいと思うのだ。

昨年の大阪杯を思い起こしてみても、ネオユニヴァースアドマイヤグルーヴは4角手前の地点で逃げるマグナーテンを射程に置くところまで位置取りを上げており、ペースが動き出すのは意外に早い。ところがそこから先、直線でG1級が貫禄の違いを見せつけるレースになるかといえば、意外にそうでもないのが面白い。ネオユニヴァースは、最後までマグナーテンの粘りに手を焼いていたし、01年のテイエムオペラオーに至ってはゴール前で伏兵トーホウドリームの差し脚の餌食にされる始末だった。G1級が押し切れるかどうかは、斤量・仕上がり状態・これをマークするその他有力どころの戦法などにも影響されるため、一概に定説といえる傾向・対策を見いだすことは難しい。だが、脚質というファクターに限っていうなら、Aコースでの施行に改められた近2年は、逃げ・先行馬の健闘が目立っている。ツルマルボーイのような終い一辺倒のタイプは、連対まで手が届いていない。道中の淀みない流れにかかわらず、基本は先行有利というのが、最近の大阪杯のセオリーだろう。

さて、今年の出走メンバーに目を転じてみると、何が何でも行きたそうな典型的な逃げ馬こそいないが、復帰後折り合いにやや不安を残すメガスターダムが、馬の行く気に任せてレースを引っ張っていく公算が高い。一方、レースを動かす資格をもったG1級の実績馬としては、女王グルーヴと元ダート王ドンのアドマイヤ・コンビが登場する。この2頭、ともに斤量を背負わされる以上、仕掛けのタイミングは自ずと早くなってくるだろう。どうやら近年とほぼ同様の、G2重賞に相応しい淀みないペースを想定することができそうだ。仕上がり状態に不安のある馬は、直線息が保たない心配もあるので、各馬の状態は直前でしっかり見極めておきたい。

結論
◎サンライズペガサス
○メガスターダム
△アドマイヤグルーヴ
注アドマイヤドン

アドマイヤグルーヴはこのコースとの相性がよく、順調なら牡馬相手のG2でも首位候補だろう。だが、今回に関しては、大幅な馬体増での出走になりそうなのが気がかり。これまで460キロ台で華奢に見える造りのほうが好走傾向を示してきたこの馬が、放牧帰りで一時期500キロを超えるところまで目方が増えていたという。馬体に幅が出て成長したといえば聞こえはいいが、そんな仕上げで果たして息が保つか?期待よりも不安が先に立つというのが、正直なところだろう。
もう1頭のG1級アドマイヤドンも、フェブラリーSでは最後までギラギラした闘志を見せてくれなかった。まだまだ能力に衰えはないと思うが、年齢を重ねるうちに気性がずるくなってきたのは、やはり不安材料だ。あの大出遅れが再発する懸念もあり、ここはちょっと評価を下げて様子を見るのが、得策ではないか。

そんなわけで、狙ってみたいのは実績より順調度でまさる中京記念好走組である。先行有利のポリシーからはメガスターダムを軽視できないが、中京記念のゴール間際の脚色に注目するなら、サンライズペガサスのほうが完全に勝っていた事実を見逃すべきではない。そのサンライズペガサス、3年前の大阪杯の覇者でもあり、淀みない流れへの対応に不安はない。3年連続で優勝している好枠を引いたのも強調材料だ。幸騎手なら、外を回すロスを避け、インから鋭く脚を伸ばす戦法も期待できるだろう。

キルトクールはハーツクライ。ただでさえエンジンのかかりが遅い脚質に、この大外枠は減点材料と評価せざるを得ない。恐らく道中死んだふり、直線のみの競馬で勝負をかけてくるのだろうが、斤量58キロでは自慢の決め手も威力を殺がれるはず。ここは黙って消しの一手でいきたい。

4月 3, 2005 競馬予想・回顧アーカイブ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/3540859

この記事へのトラックバック一覧です: 【大阪杯】小頭数でもスローにはならない:

» あなたなら、どの馬本命にしますか?産経大阪杯(G2)予想 トラックバック TARGET -狙え万馬券-
上位馬全てに落とし穴が見える産経大阪杯。 アドマイヤグルーブは昨年と同じローテーション。相手関係は昨年程ではないがここは叩き台で仕上がり8分ではどうなのか? 脚... 続きを読む

受信: 2005/04/03 3:42:42

» ダービー卿CT、大阪杯予想 トラックバック 風を追いかけて
ダービー卿CT ◎ ダイワエルシエーロ ○ フジサイレンス ▲ ダイワメジャー ... 続きを読む

受信: 2005/04/03 7:43:14

» 勝手にダービー卿CTと産経大阪杯予想 トラックバック イーヅカワールド
相変わらず花粉症がひどいので あっさり目に2つの重賞予想です。 ダービー卿チャ... 続きを読む

受信: 2005/04/03 8:48:37

» Groove a go-go!! 産経大阪杯,ダービー卿チャレンジトロフィー トラックバック [踊]Dance!Dance!Dance!
産経大阪杯 明日は重?やや重? ◎アドマイヤグルーヴ休み明け鉄砲(2-0-0-2)といい。阪神2000m(4-0-0-1)とこちらも相性いい。重でも勝ってい... 続きを読む

受信: 2005/04/03 8:56:16

» ダービー卿CT&大阪杯予想 トラックバック F’s blogroom
 先週は予想を挙げられず、何だか久しぶりの予想アップのような気がします。おまけに、馬券購入は3/16のダイオライト記念(船橋)いこう買ってない気が(中央だと弥生... 続きを読む

受信: 2005/04/03 8:57:49

» 産経大阪杯 他 予想 トラックバック Racing Blog 2005
ねえねえ、聞いてくださいよ、今日の馬券。まず中山の韓国馬事会杯、あたしゃ、ラヴァーズレーンの単複買って見てました、向こう正面では、もう完全に勝ちパターン、コーナ... 続きを読む

受信: 2005/04/03 9:27:30

» 日曜重賞予想! トラックバック ラッキーストライク
産経大阪杯 ◎ 3番 アドマイヤグルーブ ○ 1番 トーセンダンディ ▲ 9番 ... 続きを読む

受信: 2005/04/03 10:19:35

» ↓↑阪神競馬場と相性のいいのは誰かな?第49回 産経大阪杯(GII) トラックバック ↓しげしげ・・シゲシゲ↑
http://member.blogpeople.net/tback/01689 続きを読む

受信: 2005/04/03 10:41:49

» 大阪杯・ダービー卿CT予想(簡易版) トラックバック ネギ背負ってきました@WebryBlog
◆大阪杯 ◎ハーツクライ ○サイレントディール ▲メガスターダム △トーセンダンディ 続きを読む

受信: 2005/04/03 11:38:31

» 産経大阪杯―予想・アドマイヤ達! トラックバック 当てたモン勝ちの競馬!
最近は未勝利レースしか予想をしていなかったが、ここは久しぶりにやってみる。ただ、詳しい理由は面倒なので、ほぼ結論で。   ◎アドマイヤドン ○サ... 続きを読む

受信: 2005/04/03 13:15:33

» 今日から「さ」のつく競馬予想 ダービー卿・産経大阪杯 〜雨〜 トラックバック 何も言えなくて・・・さまぁ〜
 前にヒラ場は手を出さないと言っておきながら今日4R手を出した「さまぁー」です。「さまぁー」です。  その4Rは複勝ねらいで計400円しか使ってなくしかも的中... 続きを読む

受信: 2005/04/03 14:14:43

» 静かなるドンが覚醒!◎アドマイヤドン トラックバック 競馬凹
■産経大阪杯(G?)◎アドマイヤドン○メガスターダム▲ハーツクライ注アドマイヤグルーヴキルトクールはサンライズペガサス前走中京記念での末脚が目立ち、復調気配と思... 続きを読む

受信: 2005/04/03 14:32:21

» ダービー卿CTと大阪杯予想♪ トラックバック めかりんだいありぃ
やっぱり、夜中に予想するのが集中出来ていいんだけど、 花粉症のせいで、このごろ早く寝ちゃって駄目ですw 早くスギ花粉終わってほしい… ダービー卿CT ... 続きを読む

受信: 2005/04/03 14:59:17

» サンペガが復活Vだ,大阪杯の予想 トラックバック Sonomama! x2 blog
明日の阪神競馬のメインは産経大阪杯。天皇賞を見据えた馬,中距離路線の馬が今年の始動に選ぶレース。GIホースの登場で少頭数とはいえ楽しみな一戦です。 今年は... 続きを読む

受信: 2005/04/03 15:26:03

» 総合力で予想しろ!ダービー卿CT予想!など、、、 トラックバック キルトクールブログ
えー。見るからに信用ならない面子があつまりました。。。 こういう時に近走の着順がいい馬に飛びつきがちですが、多分そういう馬は押し出された人気になっているので、... 続きを読む

受信: 2005/04/03 23:36:26

» 【KCL至急検討案件】会議内容5(大詰め近し?) トラックバック キルトクールブログ
【緊急業務連絡】 すいません。だいたいの概要固まりました! 申し訳ありませぬができれば宣伝お願いいたします。m( _"_ )m 続きを読む

受信: 2005/04/07 0:56:12

コメント

パドック映像、チェックしました。
グルーウはやはり余裕残し。評価を下げます。
サンライズペガサスは、ここ勝負の仕上げでしょうね。
注目はアドマイヤドン、殺気のある視線が戻っており、これなら軽視はできません。

投稿: 山城守 | 2005/04/03 15:24:58

コメントを書く