« 【フローラS】トライアルらしい決め手比べは必至 | トップページ | 【サウスニア】川崎に咲く黄金の花は勝利の大輪! »

2005/04/25

【フローラS回顧】例年の勝馬とはちょっと違う

dia_de_la_novia_on_flora_s結論から言ってしまえば、ディアデラノビアはかなり強い馬なのではないか?レースを終えて数時間、あれこれと考えを巡らしてみたが、しだいにそんな印象が強くなってきた。
前半1000メートル通過が61秒台のスローペース。それ以降も流れはいっこうに速くなる気配を見せず、6~7ハロン目まで12秒台後半の緩いラップが連続していた。こうなると開幕週の馬場にも後押しされ、前有利・内有利の展開になるのは必至。実際、好位から抜け出してきた2~4着馬は、いずれも34秒台の速い上がりで叩き合いを繰り広げており、レースは俗に言う「前の止まらない」競馬になっていたはずだ。例年のトライアルなら、おそらくこれら3頭の組み合わせで、どうしようもなかったはず・・・・

それを、距離ロスを承知で大外を回しを、直線だけの競馬で差しきってしまうのだから、勝馬の強さには恐れ入る。スローペースが影響したため走破時計そのものは平凡だが、推定上がりタイムは出走馬中唯一33秒台をマーク。
しかし、そんな数値以上に、全身を使ったダイナミックなフォーム、追われてからも左右にぶれることなく真っ直ぐ伸びてきたその姿に強い印象を受けた。戦前、頭の高いフォームを危惧して距離不安を囁く声も一部に聞かれたが、それは結局杞憂に過ぎない。折り合いさえつけば、ゴールまでしっかりと鞍上の計算どおりに動けるのだ。競走馬としての完成度の高さは、3歳牝馬離れしたレベルに達していると評価すべきで、同厩・同馬主の女王候補シーザリオにとっても、侮りがたい好敵手が登場したといえるだろう。この馬、例年のトライアルホースとはちょっとモノが違う

1着 ディアデラノビア(武豊)
dia_de_la_novia_0424毛づや全体がくすんだ色調を呈しており、見栄えのするタイプではないな、というのがパドックでの第一印象。だが、体調面に不安のないことは、体全体を使った躍動的な歩様からも明らかである。歩幅の大きなステップで堂々と歩いてみせるせいか、実際の体重以上にその馬体は大きく見えた
ただし、少々巻き上がり気味にみえるお腹のあたりをみても、馬体にお釣りが残っているわけではない。オークスまで残り1か月、体を維持しながらどこまで順調に調整をすすめることができるかが、陣営に課せられた課題になるだろう。
また、本番に向けては、爆発的な末脚を生む原動力ともいえる、激しい気性をどう制御するかもポイントといえそう。今回は、極端にイレこむこともなくレースに臨むことができたが、大観衆を目の前にしてのスタンド前発走は、この馬にとっても初めての経験となる。過去にもチューリップ賞で出遅れの前歴があるため、けっして楽観は許されない。
ひょっとして、ここ一番に弱いタイプ?なのかもしれないが、それらの課題さえクリアできるなら、オークスでも上位に食い込める逸材であることに違いはない。

2着 レースパイロット(蛯名)
race_pilot_0424初コースとなった府中で、好位から速い上がりを使って抜け出し、激しい2着争いを最後まで抜かせなかった根性は立派というべきだろう。ビュンと切れる印象はなくてもこの末脚の持続力。例年のトライアルなら、確実に勝利をものにしていたはずだ。
ただし、この馬の場合、馬体の造りをみても、まだまだ完成途上という印象は免れない。なるほど、骨格のフレームの大きさなど、兄と共通する雄大なスケールをうかがわせるが、悲しいかな、まだそこに実が入っていないのだ。筋肉の鎧が薄い分、手足だけが妙にひょろ長く見える体型で、人間でいうとなんだか武幸四郎みたいな感じがする(^^;
これを評して、この馬本来の体型なのだから仕方がないという人もいるようだが、やはりひと夏越して馬体に実が入ったときこそが、本格化の時期だと思う。未完成の現状で、オークスの連対圏突入までを期待するのは、ちょっと荷が重いといえそうだ。

5着 パーフェクトマッチ(石崎)
perfect_match_0424ピカピカの毛づやと、サンデー産駒らしく均整のとれた馬体。パドックで一番気配を良く見せていたのが、この馬だった。約2か月ぶりの実戦で馬体重を10キロ減らしていたが、これは乗り込み量を増やしたせいと陣営もコメントしており、計算どおりに仕上がったという印象。体型から受ける印象もマイラーというより、いかにも距離伸びて良さそうなタイプで、ここは好走必至と思われた。
それだけに、僅差5着という結果は惜しまれる。坂下のあたりで名手・石崎騎手が一瞬進路に迷う場面があり、結果的にはそのもたつきが致命傷になってしまった。それでも、推定上がり3ハロンではディアデラノビアに次いで34秒フラットをマーク。鞍上の叱咤激励にこたえ、ゴールまでしっかりと伸びており、強い競馬だったと思う。
正直、これでオークス出走は条件的にかなり厳しくなったが、2~4着馬に優るとも劣らないレース内容はしっかりと記憶にとどめておきたい。もしも運良く出走がかなうなら、伏兵として当然マークが必要だろう。

win_flora_sさて、馬券のほうは、とりあえず写真の単勝馬券が的中。個人的にここはディアデラノビアで断然と思っていただけに、3倍という配当は悪くなく、ちょっと意外という気もする。とはいえ、当たったのはこの馬券だけ。パドックの印象から、レースパイロットを対抗からはずし、パーフェクトマッチを上位に取っちゃったからなあ・・・・

初志貫徹なら2頭軸で手広く流していた3連複(195倍)は楽に的中できていた。馬券の道は、ほんとうに奥が深い・・・・

4月 25, 2005 競馬予想・回顧アーカイブ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/3844834

この記事へのトラックバック一覧です: 【フローラS回顧】例年の勝馬とはちょっと違う:

» フローラS 結果 トラックバック Racing Blog 2005
フローラSは予想されたスローペースを最後方からの競馬でディアデラノビアが差し切り勝ち。前半はかなり行きたがっているように見えたが、道中なだめなだめでも、最後はあれだけの脚を使うのだからやはり相当強い馬だと、改めて見直してしまった。消化不良のレースが続いて... 続きを読む

受信: 2005/04/25 3:28:24

» 日曜3重賞結果 トラックバック [的]競馬ニュース的ブログ
3つあってもやはり当たらんか。。。 【福島牝馬S】 オルレアンが逃げ、メイショウオ 続きを読む

受信: 2005/04/25 5:23:22

» 東京競馬場新スタンド トラックバック 失われた時を求めて
PATで馬券を通して散歩がてら東京競馬場に行って参りました、新スタンドの一般席な 続きを読む

受信: 2005/04/25 8:05:31

» ディアデラノビア、フローラSを制覇! トラックバック indoor keiba BLOG版
愛馬ディアデラノビアが、きのう行われたフローラS(東京・芝2000)で優勝しまし 続きを読む

受信: 2005/04/25 8:43:17

» ディアデラノビア、オークスへ! トラックバック Sense of Horse Life
フローラS 2005 写真提供:SANSPO.com いやいや~~! ディアデラノビア、やりましたね~~! 素晴らしい直線の伸びでした。 悔しいけれど、武豊は、やっぱりすごい騎手です。 フローラS(オークスTR)( 東京・G2・芝2000m・3歳牝 ) ...... 続きを読む

受信: 2005/04/25 10:08:51

» 所感 トラックバック ほぼ日刊競馬BLOG
ディープインパクト 競馬開幕週もあって先行馬有利な展開でしたね。■ 東京10RのメトロポリタンS道中3番手の絶好位にいたエルノヴァが直線堂々と先頭に立つも、なんと内にいたキーボランチに差し返えされてしまいました。大先生がデザーモの内を掬うなんてシーンがまさか見られる... 続きを読む

受信: 2005/04/25 13:19:43

» フローラS;ディアデラノビア完勝、3F33.8の末脚炸裂! トラックバック 由良川競馬blog
  東京芝・左 2000m サラ系3歳 OP 晴/良 ハロンタイム  12.9 - 12.1 - 11.4 - 12.1 - 12.9 - 12.7 - 13.0 - 11.7 - 11.3 - 11.7 上り  4F 47.7 - 3F 34.7 2コーナー  11,14(3,4)(2,6)(1,8)10,7(5,12,9)15,13 3コーナー  11,14-(3,4)2(7,6,8)10,12-(5,9)(13,15)=..... 続きを読む

受信: 2005/04/25 21:39:28

» 三重賞回顧(福島牝馬S・フローラS・アンタレスS) トラックバック 競馬凹
■キルトクール営業成績4月分Total:[4-0-0-6] (10キル4クル) 1480dg■福島牝馬S(G?)◎チアフルスマイル・・・・・・6着○ヘヴンリーロマンス・・・10着▲レクレドール・・・・・・・・・・3着△マイネヌーヴェル・・・・・・9着注サイレントアスク・・・・・11着キルトクールはメイショウオスカル・... 続きを読む

受信: 2005/04/25 22:16:24

» ディアデラノビア大外一気! トラックバック アドレナリン
久しぶりに競馬場に行ってきました。やっぱりこの時期は、ライブがいいですね。芝は傷みもなく、絶好のコンディション。天気も良く、ちょっと風が強いのを除けば、絶好の競馬日より。写真はメトロポリタンステークス...... 続きを読む

受信: 2005/04/26 17:18:02

» フローラS 回顧 トラックバック お馬の親子
フローラステークス(G2)    最後方まで下げて直線勝負に賭けたディアデラノビアが最後は大外へ持ち出して強襲、内から抜けたレースパイロットをきっちりクビ差捕らえました。調教師自身が道中「あの位置でいいのか?」と思ったほどの、決して展開が向いたとは言え.... 続きを読む

受信: 2005/04/27 1:29:22

» ディアデラノビア鮮やか,フローラSの回顧 トラックバック Sonomama! x2 blog
レース前の予想段階では距離がどうだの文句をつけてましたが,あっさりと追い込みを決めてディアデラノビアが勝利。この相手なら実力は1枚上手でした。   鉄ウ本 1着 ◎○△ ディアデラノビア 2着 △◎◎ レースパイロット 3着 ーーー アスピリンスノー 4着 ▲×○ ピサノグラフ 5着 ○△ー パーフェクトマッチ 勝ちタイム2:01.8 上がり3F34.7 12.9 - 12.1 - 11.4 - 12.1 - 12.9 - 12.7 - 13.0 - 11.7 - 11.3... 続きを読む

受信: 2005/04/27 12:40:46

» ↓↑ 早めに反省会しとこ フローラルS トラックバック ↓しげしげ・・シゲシゲ↑
 今回は早めに反省会をしとこうかと。というかまったくの見当違いな結果に・・・。 フローラルステークス 東京芝2000m ◎ピサノグラフ スタートがヘタクソ気味なところを抜かせば詰めてくる力あり。 結果4着→スタート良し。最後うちうちを着いて勝負をかけるも今ひ..... 続きを読む

受信: 2005/04/27 23:26:04

コメント

私のブログへのコメント、トラックバックありがとうございました。冷静な分析と回顧に引き込まれて読ませていただきました。これから遊びに来させていただこうと思っています。どうぞよろしくお願いします。

投稿: STAN | 2005/04/25 8:42:13

管理人様こんにちは!!的中おめでとうございます。ディアデラは体調維持と鞍上だけが鍵ですよね。一体だれになるのでしょう???

投稿: きずねこ | 2005/04/25 13:07:12

STANさん、コメントありがとうございます。
あらためまして愛馬のG2優勝、お祝い申し上げます(^^)
それにしても、最近のキャロットさんの活躍はめざましいですね。ハットトリックにシーザリオ、ディアデラノビア・・・・今年だけで重賞勝馬を3頭も輩出している。私も、サウスニアで地味に一口をやっていますが、ほぼ同じ出資口数ならキャロットにすればよかったかな?と少々後悔しております。ではでは。

投稿: 山城守 | 2005/04/26 7:05:11

きずねこさん、こんにちは。
自分の場合、最近当たるのはもっぱら単勝だけ。組み合わせが2頭以上の馬券になるとまったくダメです(^^;
ディアデラノビア・・・・鞍上はやはり武豊がベストでしょうねえ。直接対決でエアメサイアを下しているわけだし。ただし、ヘンに癖のある馬ではないので、他の騎手が手綱をとっても大きな影響はない?とも考えています。ではでは。

投稿: 山城守 | 2005/04/26 7:10:57

コメントを書く