« 無線LAN、行き当たりばったり(前編) | トップページ | 草の根競馬-もう一つの可能性を考える »

2005/03/16

無線LAN、行き当たりばったり(後編)

air_atationCATVの無線LANサービスに加入し、独力で着々と設定を完了。待望の開通まであとわずか、というところまでやってきた。しかし、そんなタイミングに立ち至ってはじめて、デスクトップPCのデフォルト状態では無線電波を受信できないという致命的な事実に気づいてしまった、この私・・・・(汗)そんな初歩的なポイントさえ下調べすることもなく、「まあ、何とかなるだろう」と、いきなりLAN構築に突入しているあたりが、行き当たりばったり流の真骨頂なのだが、窮地を脱するためには知恵を働かせる必要がある。
そんなわけで、付け焼き刃ながら、このサイトなどを参考に、デスクトップPCによる無線LAN構築のお勉強を開始することにした。

勉強の成果を要約すると、こんな感じになるだろうか。
LANの無線電波をPC側で受信するには、子機(アダプタ)の装置が必要である。ノートPCなら、子機が本体に内蔵されているか、PCカード型のアダプタを装着すればよい。
ところが、デスクトップPCの場合、カード型の子機では、いかにも使い勝手が悪い。
また、PCIバススロットに装着する増設ボード型の子機もあるけれど、設置場所がPCの背面になるなど、電波状況などを考えるとあまりお薦めはできなかった。
そこで、最近、デスクトップPCのLANポートにケーブルで接続できるタイプの無線LAN子機が、普及してきた。原理的には、無線電波と有線LANを相互に変換することにより通信を行うという仕組みで、「イーサネットコンバータ」と呼ばれる製品群である。

なるほど、こいつをデスクトップPCのLANポートにつないでしまえば、CATVケーブルの有線電波を、無線LANアクセスポイント(親機)で無線に変換、それを受信したコンバータ(子機)側で有線に再変換しPC側の有線LANポートから取り込むことができる。これなら有線LANと同じ感覚で設定作業もすすめられるはずだし、子機をPCの側に設置するかぎり、ケーブルが床をのたうつ心配もないだろう。

即断即決。深夜まで営業している府中市内のPCショップに駆け込んで、写真の製品を購入してきた。バッファローIEEE802.11g/b イーサネット・メディアコンバータ。無骨な外見の親機とは対照的に、モダンでスッキリしたデザインの一品だ。最近、部屋内で無線LANを使えるホテルなどに行くと、よく見かける機種である。何かと物入りの引っ越し直後に、諭吉さん1枚以上の臨時支出は痛いけれど、ここまできたら背に腹は代えられない。

そこから先も、親機側の設定ガイドと子機側のマニュアルを相互に見比べながら、行き当たりばったりの設定作業が続いた。無線LANの場合、誰かに電波を傍受されてしまう心配があるので、最初の備えがやはり肝心だ。耳慣れないセキュリティ用語と格闘しながらの作業になってしまうのは、やむを得ない。MACアドレスによるフィルタリングとか、暗号化キーの設定とか、SSIDの設定・変更とか。ひと昔前なら、スパイ大作戦に出てくるような世界のお話なのだろうが、そんな作業も、馬券オヤジの自分が見よう見まねでやってしまえるのだから、技術の進歩とは恐ろしいモノである。

そんなわけで、やっとこさ無線LANによるインターネット通信に成功しました。
実現した通信環境を、あちこちの速度測定サイトで試してみると、どうやら4~5Mbps程度の速度しか出ていようだ。CATV会社の触れ込みでは、最大で30Mbps(下り)仕様のサービスだったのだが・・・・(汗)それでも、今まで使っていたADSL環境に比べれば、ちょっとは速くなった気がするので、気分は悪くない。それに、ココログが異様に重いときなどは、どっちにせよサーバ側の事情で通信速度が制約されてしまうので、こちら側の回線をいくら改善しても余り代わり映えしないしね。

将来的には、家電製品も含めた自宅内無線ネットワークの構築とか、高度な展開を構想してみようかとも一瞬思ったが、よく考えてみたら、ネットワークに対応している家電など殆ど持っていなかった。無線LAN経由の指令で、洗濯機とか掃除機が勝手に動いてくれたら、そりゃ便利だろうけど、さすがそこまでいくと夢物語だろうな(笑)

3月 16, 2005 パソコン・インターネット, 日記・コラム・つぶやき |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/3326598

この記事へのトラックバック一覧です: 無線LAN、行き当たりばったり(後編):

コメント

> そりゃ便利だろうけど、さすがそこまでいくと夢物語だろうな(笑)
いやどうだろうナ、誰がケータイから馬券が買えるようになると思った?
昔は携帯電話が夢だった、大昔はLANが夢だった、ネット&Webなんて誰も想像つかなかった。。。
何か松下がそれらしいことをやり始めているよ
v(^^)v

投稿: マルセル | 2005/03/17 12:02:28

マルセルさん、こんにちは。

>何か松下がそれらしいことをやり始めているよ
>v(^^)v

松下電工株式会社は、アマノ株式会社と共同開発した屋外用自律走行型掃除ロボット「SuiPPi(スイッピー)」を、愛知万博(愛・地球博)に出展する・・・・このニュースのことかな?
掃除だけじゃもったいないので、他にもいろいろやってもらいたいですね。

投稿: 山城守 | 2005/03/18 2:02:13

コメントを書く