« 輝くステージ、輝く歌声、輝く人生! | トップページ | 【弥生賞】マイネルレコルト、むしろこの距離でこそ »

2005/03/04

窓の外は雪

050304_snow_fallingこの週末、本格的な引っ越しを予定しているので、旧居所の荷物を引き払うため、宮城県某町に舞い戻ってきた。朝、目を覚ましてみると、窓の外はごらんの通りまっ白・・・・。真冬に逆戻りしたような一面の雪景色である。
昨夜、東北自動車道を北上しているときには、まったくそんな気配は感じなかったが、自分が眠っている短時間の間に、かなりまとまった雪が降り積もったようだ。
交通にもだいぶ影響が生じており、配達を頼んでいた段ボールや梱包資材の到着も遅れいている。為す術もなく雪景色を眺めているうちに、肝心の引っ越し作業のほうはすっかりやる気を失ってしまった。
そんなわけで、いつの間にか、こんな記事をだらだらと書いていたりするのだが・・・・

ニュースなどで確認してみると、関東・甲信越地方も、この冬一番の大雪に見舞われているらしい。夕方の時点で、降雪そのものは峠を越したようだが、この雪が週末の競馬開催にどんな影響をもたらすのか?予測が難しくなってきたと思う。
JRAのHPによると、金曜日・11時現在の中山競馬場・芝コースの積雪量は11センチとのこと。首都圏にしては、これはかなりの量というべき積雪である。
幸い、競馬場周辺の雪は午後から降りやんだようだが、夜にかけて気温の上昇は期待できないだろう。除雪機などを使用した本格的な除雪作業をすすめないかぎり、芝コースの使用は難しいかもしれない。土曜競馬の馬券を買う人は、ダート変更の可能性も頭に入れ予想を組み立てるか、あるいは、馬券購入を見送るのが得策だと思う。

問題は日曜日の弥生賞である。土曜日の午後にかけて、太陽も顔を出し気温はそこそこ上昇する予報なので、ダート変更や不良馬場という極端なコンディションでのレースは回避できるだろう。だが、それでもある程度の渋化は残るはずで、おそらく、パンパンの良馬場での決め手比べという競馬にはならない。
関東圏に初のお目見えとなる怪物ディープインパクト・・・・さすがにこんな状況では、デビュー後2戦を再現するような33秒台の決め手を期待するのは苦しいだろう。そんな不利な条件のもとで、いったいどんな競馬をみせてくれるのか?兄のブラックタイドは、稍重のスプリングSを後方から差し切っているが、けっして道悪が得意というタイプでなかったと思う。さて、弟は・・・・?真価を問われる一戦だ。
      ◇    ◇    ◇    ◇    ◇    ◇    ◇   
もうすぐ日も落ちる頃なのに、窓の外では、まだ雪がしんしんと降り続いている。
段ボールも、まだ届かない。引っ越し荷物の搬出は、弥生賞当日の日曜日だ。そろそろ荷造りに取りかからないとまずいな・・・・。
推定上がり33秒台、後方一気の追込で引っ越し作業を片づける(笑)
そんな無茶な芸当が自分にできるとも思えないので、まあボチボチ作業を再開することにしよう。

3月 4, 2005 日記・コラム・つぶやき |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/3169018

この記事へのトラックバック一覧です: 窓の外は雪:

» 弥生賞・中京記念・仁川Sの予想 トラックバック [的]競馬ニュース的ブログ
■第42回弥生賞(G2)3歳(混)(指)馬齢 芝2000m 明日の馬場はどうなるのか? チューリップ賞を見ると圧倒的1番人気が予想されるディープインパクトも... 続きを読む

受信: 2005/03/05 21:37:35

コメント

コメントを書く