« WP7 「信長の野望」に近づいた競馬シミュレーション | トップページ | 【有馬記念考察2】サンデー直子の瞬発力型は苦戦? »

2004/12/24

【有馬記念考察】サンデーの天敵、再び登場

残り5Fの地点から淀みないラップを刻む底力比べに持ち込まれてしまっては、サンデーサイレンス産駒の得意とする上がり勝負の展開など、望むべくもない。リンカーンやゼンノロブロイなどにとっても、この現役最強馬は天敵というべき存在なのかもしれない。  

およそ半年前に書いた当ブログの宝塚記念回顧記事から、引用してみた。
タップダンスシチーこそは、サンデー産駒の天敵である」という仮説・・・・。
その後、タップダンスは休養を経て凱旋門賞に向かい、結局、この仮説の当否を裏づける機会は得られなかった。しかし、年末最後のJRA・G1有馬記念、「サンデーの天敵」は、ようやく出走にごぎつけることができたようだ。引退宣言を撤回し、現役続行を表明しての意欲の挑戦である。これで、ゼンノロブロイをはじめとするサンデー産駒たちとの対決が、俄然楽しみになってきた。

強力な先行力を武器に数々の大レースで好走してきたタップダンスシチー。彼が出走してくると、自身が逃げようと逃げまいと、往々にしてレースは前半から厳しいペースを刻んでいくことが多い。その結果、ラスト3ハロンも、35秒台後半から37秒台と時計を要する展開になりがちで、いわゆる「底力を試される競馬」になる。
Photo:(C)Horses.JP (この画像の無断転載・複製はご遠慮ください)

一方、サンデーサイレンス産駒の多くが得意とするのは、そんな展開とは正反対のラストの瞬発力比べであり、このためタップダンスシチーが好走するレースでは、サンデー産駒は苦戦を強いられることになる・・・・これが「天敵説」を考えついた論拠なのだが、今回は、実際にレースのラップを検証し、この仮説について、もう少し深く考えてみることにしよう。

ペースを計る指標としては、競馬データベースソフトの定番TARGET FRONTIER JVから出力される「PCI」(ペースチェンジ指数)という指数を利用してみた。「PCI」とは、「上がり3ハロンの位置を分岐点とし、その前後の走破タイムからそれぞれ速度を計算し、その比を表したもの」。つまり、ラスト3ハロン前後で、どれだけ速度が変わったかを意味する指数である。具体的には、PCI約50で前後半が同一程度の平均ペースとなり、それより小さい値だとハイペース、それより大きい値だとスローペース気味の競馬であったと解釈できる。また、この指数は個々の出走馬ごとに算出されるので、単に逃げ馬1頭のラップタイムを基準にハイペース・スローペースを判断するより、各馬のレースぶりをそれぞれ的確にジャッジすることに適しているといえるだろう。

まずは、タップダンシシチー自身がオープン入りして以降、好走時にマークしているPCIを見ていくことにしよう。
なお、昨年の有馬記念など着外に凡走してしまったときは、この馬がレースのペースを支配したと言いがたいため、今回の分析対象から除外する整理にした。

■タップダンスシチーの好走履歴

レース条件着順戦法PCI
04宝塚記念G1 阪神芝22001着先行44.4
04金鯱賞G2 中京芝20001着先行46.3
03ジャパンCG1 東京芝24001着逃げ45.3
03京都大賞典G2 京都芝24001着逃げ64.0
03宝塚記念G1 阪神芝22003着好位40.8
03金鯱賞G2 中京芝20001着先行45.8
03リニューアル記念OP 東京芝24001着好位55.1
02有馬記念G1 中山芝25002着逃げ51.2
02京阪杯G3 京都芝18005着先行46.2
02アルゼンチン杯G2 東京芝25003着好位52.4
02京都大賞典G2 京都芝24003着先行56.3
02朝日チャレンジG3 阪神芝20001着先行48.2
02目黒記念G2 東京芝25005着先行39.5
02メトロポリタンSOP 東京芝23003着先行46.8
02日経賞G2 中山芝25002着先行66.8

表のPCIを3色に色分けしているのは、赤=PCI52未満(ハイペース気味)、黄=PCI60未満(ミドルペース気味)、緑=PCI60以上(スローペース気味)という区分を意味している。「52」という、ちょっと中途半端な値のところに区切りを設けたのは、TARGET FRONTIER JVの成績表示画面(着度数1)で、丁度そこが境目となりデータが表示されていることに対応したもので、特にそれ以外の理由はない(^^;

あらためて表を眺めてみると、やはりというべきか「赤」の表示が目立つ。特に最近の3走(04年の宝塚記念・金鯱賞、昨年のJC)は、この馬がレースのペースを決定づけたもので、いずれもPCI40秒台なかばの厳しいペースであった。4コーナーを待たず早め早めに後続を圧倒するようなスパートを繰り出したことが、こんな指数にも現れていると言えるだろう。

それでは、タップダンシシチーが本領を発揮したそんな展開の競馬で、同じく好走していたのは、どんなタイプの馬なのか?
夜も更けてきたので、分析の続きは次回の記事で・・・・

12月 24, 2004 競馬予想・回顧アーカイブ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/2357698

この記事へのトラックバック一覧です: 【有馬記念考察】サンデーの天敵、再び登場:

» 現役続行宣言! タップダンスシチーは買い? トラックバック 馬券日記 オケラセラ@馬耳東風
有馬記念が凱旋門賞以来のレースとなるタップダンスシチー。 有馬記念を終えて引退 続きを読む

受信: 2004/12/24 3:22:28

» 有馬記念の枠順と出走馬確定! トラックバック イーヅカワールド
有馬記念の枠順と出走馬が確定しました! (休みだから発表は明日かと思っていました... 続きを読む

受信: 2004/12/24 9:42:45

» 有馬を失敗しないための怪しい理論その1~TZ理論~ トラックバック Gの頂
今日から私の有馬で失敗しないための怪しい理論をバンバン公開していくんでよろしくぅ! まずはできたばかりのTZ理論を紹介しよう。 TZ理論:有馬記念出走馬... 続きを読む

受信: 2004/12/24 12:04:36

» 有馬記念枠順&展望。 トラックバック お馬な日々
さて、北海道にいた私もやっとのことで自宅へ戻りました。 飛行機が飛ばないなどのアクシデントの最中で枠順の発表があり、心境的には飛行機が飛ばないのと、馬に合わない... 続きを読む

受信: 2004/12/24 17:34:56

» 有馬記念-藤沢厩舎3頭出しをどう見るか トラックバック 雲國齊の無謀
すでに、9→8→10、9→10→8の2点などと嘯いて今さらと言われそうだが、ゼン 続きを読む

受信: 2004/12/24 21:45:13

» [予想]有馬記念は「陽水トリビュート」? トラックバック Jalan Straight View通信-競馬と陽水とStevieに溺れる日々-
迷わずゼンノロブロイ。もひとつ、3連単1-4-10。「井上陽水トリビュート」馬券。決して、「冬のソナタ」のペ・ヨンジュンではない。 続きを読む

受信: 2004/12/26 0:51:00

コメント

コメントを書く