« 【フェアリーS】素質よりも、地道な努力が報われる一戦 | トップページ | 【有馬記念考察】サンデーの天敵、再び登場 »

2004/12/22

WP7 「信長の野望」に近づいた競馬シミュレーション

wp7_win信長の野望」でお馴染みのKOEIが放つ本格的競馬シミュレーションゲーム「ウイニングポスト7」。年末年始まで購入を我慢しようかと思っていたけど、誘惑には勝てず・・・・結局、特典付きの「プレミアムBOX」なるパッケージを購入し、我が家でもまったりとプレイを開始しました。桂馬さんの新ブログなどを見ているうちに、すっかりその気になってしまったのが、まずかったかも(^^;

同じ競馬シミュレーションゲームとして、ダビスタとよく比較されるウイニングポスト(WP)ですが、ゲームの趣は大分異なります。
最大の違いは、ゲーム中の仮想世界に「時間の流れ(歴史)」が用意されていること。登場人物(騎手・調教師)や種牡馬は、1年ごとに年齢を重ね、しかるべき時期が訪れると引退してしまいます。また、同一のライバル馬が、歴史を超えて何度も登場してくるような不自然さもありません。とりあえず、主人公であるプレイヤー自身は年をとらないようですが、仮想競馬史の流れに身を置きながら自ら歴史を変えていく感覚を味わえるのは、「信長」と同様の面白さといえるでしょう。ただし、ゲーム中の時間の流れは現実以上に慌ただしく経過するので、「未来」が舞台になっていた前作では、岡部騎手やアンカツがあっという間に引退してしまう(笑)など、不満を感じる点もありました。

今作「7」では、そんな要望にも対応してくれたのでしょうか?シンボリルドルフが3冠を達成した1984年の「過去」から、ゲームが開始されるというストーリーに、基本設定が変更されました。競馬歴○○年のオヤジ世代からすれば、歓迎すべき改良です。
実際にプレイを初めてみると、競馬史の史実が、ゲーム中の世界にも色濃く反映されていくのが興味深く、楽しいです。カツラギエースは三冠馬2頭を向こうに回しながら人気薄でJCを逃げ切ってしまうし、ギャロップダイナも秋天でルドルフを負かし大穴をあけたりする。オールドファンなら思わずニヤリとしてしまうような場面ですね。ただし、ニシノライデンが斜行して他馬を妨害するような芸の細かさまでは、さすがに用意されていませんでした(笑)

また、史実に登場する競走馬を所有でき、その競走馬が成長するにつれ各種の能力を身につけていくという設定、ゲーム中に挿入される多彩な「イベント」など、今作では、競馬ゲーム版「信長の野望」といった性格がより強くなった印象を受けます。もちろん、架空の馬を所有し、実在馬を負かしていくという遊び方もあり。「信長」で言うなら、風魔小太郎や真田十勇士で、実在の武将との合戦に勝利するあの感覚です。
自分の場合も、初期にセリ落とした架空の2歳馬(ターゴワイス×ダイタクブレインズ=ダイタクヤマトの母)で朝日杯を勝つことができたので、今後が楽しみ。この先は、トウケイニセイメイセイオペラを入手して、全国のダートG1を勝ちまくることを目標に、まったりプレイを継続する予定です。

【関連ブログ】役に立たない?WP7無駄知識
 人名実名化エディットなどの紹介記事があり、たいへん重宝しております。感謝。

12月 22, 2004 日記・コラム・つぶやき |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/2337348

この記事へのトラックバック一覧です: WP7 「信長の野望」に近づいた競馬シミュレーション:

» 86年プレー日記 トラックバック 役に立たない?WP7無駄知識
所有馬・架空馬4歳牡馬(キッシングモルト×カネミノブ) ダート重賞で4勝するも、G1には届かず。3歳時にG1を2勝しているので、何とかあと1勝と思ったのだが。 ... 続きを読む

受信: 2004/12/22 23:57:58

コメント

これするとすっかり寢不足に爲ります。
1周目は史実馬を買うのを中心にやってます。

投稿: G3 | 2004/12/25 21:29:44

G3さん、WP7だいぶ進行しているようですね。
私はまだ、マックスビューティーの時代をまったりプレイ中です。ジョージモナークも所有することができたので、JCに出走させ単騎逃げさせる予定(^^;
ブログの記事も拝見しましたが、ナイスネイチャの有馬記念制覇には、胸が熱くなりました(笑)あのときの自分の予想は、◎ナイスネイチャ○トウカイテイオー▲ビワハヤヒデでしたから・・・・・

投稿: 山城守 | 2004/12/26 16:48:31

コメントを書く