« 【東京大賞典】岡部G1制覇なるか?興味深い4強対決 | トップページ | 【岩手・桐花賞展望】内外の位置取りが2強の明暗をわけるかも »

2004/12/31

雪の水沢競馬場、04年打ち納め

mizusawa_oomisoka1年の競馬を締めくくるレースといえば、普通の人だとJRA・有馬記念(いや、ファイナルステークス・・・・?)、ちょっと好きな人でも大井の東京大賞典というのが、通り相場でしょうか。しかし、各地の熱戦はこれで幕を閉じたわけではありません。
12月31日、大晦日。暮れも押し詰まったこんな時分にも、全国9箇所の競馬場でレースは開催されています。
高崎競馬(この日が最後の開催)をはじめ、宇都宮・大井など関東の競馬場では降雪の影響を受け、午後のレース中止という残念な結果になったようですが・・・・。

岩手競馬も、水沢競馬場で恒例の年末年始シリーズを開催中です。例年この時期には雪が降るのが当たり前の土地柄なので、競馬場周辺が真っ白になるような降雪でも、開催に影響がないのはありがたいですね。大晦日のこの日も、午前8時の計測で氷点下7度!、午後からは本格的に雪が舞い散る冬らしい天候での開催でしたが、不良馬場のもとで無事最終10レースまで終了。私も、スタンド3階の特観席に陣取って、馬券はもちろん全レースに参加。無事完走して1年の打ち納めをしてきました。

さて、水沢の大晦日開催というと、例年ならファン投票ドリームレース桐花賞で盛り上がるのですが、今年は日程が変更されたため、B1特別戦のゴールデンステッキ賞がメインです。桐華賞が岩手版有馬記念なら、ゴールデンステッキ賞はWSJS・・・・。抽選で騎乗馬を決めるトップジョッキーの腕比べという触れ込みでしたが、菅原勲騎手は負傷欠場中、リーディング2位の村上忍騎手も騎乗馬が出走取り消しということで、少々寂しい顔ぶれのトップ騎手決定戦になりました。しかし、いざレースになれば話は別。来年以降の岩手競馬のリーディング騎手争いを予感させるような興味深い熱戦が展開されました。

勝ったのは、デビュー5年目・陶文峰(とうぶんほう)騎手。ここのきてメキメキと頭角を現してきた若手の有望株です。レースでは4番人気の馬を思い切りよく操って、きわどくハナ差で勝利、馬単85倍の波乱を演出です。とにかくこの騎手、強敵が相手だろうと、ベテラン騎手と併走する展開だろうと、けっして臆することなく度胸の良い手綱さばきをみせてくれます。これまでは、リーディング中位の穴馬ジョッキーという印象が強かったのですが、来年以降、騎乗回数が増えれば、一気にトップ5(菅原勲・小林・村上・村松・板垣)を脅かすところまで順位を上げてきそうな予感がします。また、先日もデンゲキヒーローで名古屋に遠征し交流重賞で3着と、人馬ともに力のあるところを示してくれましたが、全国レベルの交流競走でも、俄然注目が必要な存在になってきました。

ともあれこの日が1年の打ち納め。最終レースでは、低配当とはいえ◎(3番人気)→○(1番人気)の馬券をスカッと的中させることができ、ゴール前では久々に「そのままっ!!」と声も出たので満足です。帰り道、雪で高速道路が通行止めになったのは、まいりましたが、05年の打ち始めもまた、水沢に出かけることでしょう。たぶん2日後かな?(笑)

12月 31, 2004 岩手競馬, 旅打ちコラム |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/2431605

この記事へのトラックバック一覧です: 雪の水沢競馬場、04年打ち納め:

» 新年明けましておめでとうございます。 トラックバック 競馬ブログ
... 続きを読む

受信: 2005/01/01 0:14:57

» 現地リポート 吹雪と怒号に消えた高崎ラストラン トラックバック 馬券日記 オケラセラ@馬耳東風
「遙かなる夢舞台の終焉」地元専門紙が銘打った第33回高崎大賞典のキャッチコピー 続きを読む

受信: 2005/01/01 2:40:31

» 高崎競馬ファイナル トラックバック That's
大晦日の開催をもって廃止になる高崎競馬。最初で“たぶん”最後に行ってきました。 続きを読む

受信: 2005/01/01 2:54:02

» 高崎競馬、最後。 トラックバック ヨハンソンの徒然草
 本日、高崎競馬の最後の開催を迎えました。  みんなの無念の中行われたわけですが、最後について書いておきたいと思います。  8レースで打ち切りと言う形に... 続きを読む

受信: 2005/01/02 2:47:57

» 大晦日のレース回顧 トラックバック 地方競馬に行こう!
いやぁ、東京地方、大晦日はすごい雪でした。僕も、高崎大賞典を見るために大井競馬場 続きを読む

受信: 2005/01/02 10:45:56

» こんな悲しいことは、高崎競馬までで終わりにしたい。 トラックバック 新高崎競馬応援団――大きな組織もなしえなかったこの夢物語に、あなたも参加してみませんか?
高崎競馬81年の幕切れは、雪のため、突然8レース終了後に発表されました。とてもさびしい幕切れでした。 今、新高崎競馬にとって一番大きな課題は、馬の命を守... 続きを読む

受信: 2005/01/03 12:32:52

コメント

いつも応援ありがとう御座います。1月4日は、ハルウララは、参加いたしません。ゲストのお人方は、53歳の誰もがすばらしいと、認める最高なホースマンです。因みに私の愛馬は、ゴールデンステッキ賞は、4着でした。

投稿: 新高崎応援団 | 2005/01/02 2:39:34

新高崎応援団さま、コメントありがとうございます。
HPも拝見しました。厳しい状況での活動に敬意を表したいと思います。1月4日のゲスト、誰もがすばらしいと認める最高のホースマン・・・・年齢から推察するに宗石調教師でしょうか??

投稿: 山城守 | 2005/01/02 20:17:14

コメントを書く