« 【アルゼンチン共和国杯】「連動説」を検証してみると・・・ | トップページ | 『YOSUI TORIBUTE』 第1回 陽水記念(G1)出走! »

2004/11/10

【サウスニア】悪いニュース、良いニュース

あと一歩!惜しいところまでは行くものの、なかなか勝ち上がれないサウスニアの愛馬たち。火曜日も名古屋競馬に転籍中のシトラスフレーバー(牝・3歳)がレースに出走しましたが、結果はちょっと残念なことに・・・・

cytrus_flavour_nagoya2.jpg◆シトラスフレーバー (牝・3歳)
 名古屋・山本厩舎所属

 父ラムタラ  母父アフリート
 
JRA復帰を目標に、これまで2戦を消化し連続2着。キャリアの浅さが響いたり、他馬の目標にされる不利が重なって、踏ん張りきれない競馬を続けていますが、慣れない環境に移籍してわずか1か月にしては悪くない成績を残していると思います。また、出走のたびにグリグリの1番人気に支持されるので、出資者としてもちょっと鼻が高い気分になれます(^^;

さて、今回が3度目の正直、さすがにソロソロ片目が開いてもいい頃合です。
出走したのは、11月9日(火)名古屋第3レース・C14組ダート1400m。これまで手綱を取ってきた上松瀬竜一騎手が残念ながら引退となったため、今回は倉地学騎手に鞍上をスイッチしています。単勝人気は1.1倍の一本被りでした。

しかし、結果は今回も2着に終わってしまったわけです(TT)
まあ、それだけなら仕方がないけれど、気になるのはレース後、倉地騎手が下馬してしまったこと。「ゴール前で左前の球節が沈むような走りになりましたので、大事を取って・・・・」という理由らしいのですが、大丈夫かな?心配の種が、また増えてしまいました。
現時点で入手できる情報(サウスニアのHP)からは、「触診の結果では、骨や筋、腱に大きな異常はなさそうな様子」であること、詳細はレントゲン検査の結果待ってということくらいしかわかりません。とにかく大事に至らず、無事に競走生活を続行できることを祈っています。

一方で良いニュースもありました。
先日の記事・コメントで2戦目(東京芝1600未勝利戦)の様子をレポートしたオフィサー(牡・2歳)が、好タイムの僅差2着を評価され、グリーンチャンネル「先週の結果分析」で番組推奨馬に選ばれるという名誉に浴したのです。これなら、いよいよ初勝利も間近では?と期待が高まりますが、まずは出走できることが勝利の最低条件。シトラスともども、無事に次走を迎えてくれることを、あせらず待ちたいと思います。

これ以外の愛馬の近況など(いずれもサウスニア所属)
 ゴールデンウィル 牡3 未出走・地方転籍予定 栃木県で放牧中
 ルミナスオレンジ  牝2 未出走・育成中。デビューはかなり先?
 モダンダンス02  牡2 未出走・育成中。何とか2歳入厩を・・・

新年度2歳馬募集のラインナップも発表されましたね。今年も2頭程度の出資を前提に、じっくりと検討してみるつもりです。

11月 10, 2004 ひとくち馬主日記 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/1917691

この記事へのトラックバック一覧です: 【サウスニア】悪いニュース、良いニュース:

» 京王杯ほか展望 トラックバック 雲國齊の無謀
中国の原潜が領海侵犯をしたらしい。今回どうも解せないのは、中国との友好関係に配慮 続きを読む

受信: 2004/11/12 22:20:56

コメント

コメントを書く