« 【天皇賞秋回顧】嗚呼、痛恨のトラックバイアス・・・・ | トップページ | ジャパンカップの注目馬?! ナリタセンチュリー »

2004/11/01

雨の翌日はタップダンスシチーの法則で・・・東京芝コース 秋の傾向と対策3

tokyo_baba_oct.jpg天皇賞(秋)の回顧記事のなかでも指摘した、東京・芝コースのトラックバイアスの一件。今後の馬券戦略を組み立てていくうえで、見過ごせないポイントだと思うので、もう少し検討を深めてみたい。
前夜からの雨で多量の水気を含んだあと、多くの馬に踏んづけられ、本来ならボコボコの状態になっているはずの芝の内側・・・・しかし、実際にはそこを選んで通った馬ばかりが上位に残っている。反面、馬場がよいはずの外を通った差し馬は軒並み失速・・・・。この現象、4コーナーを回る際の距離の損得だけでは、ちょっと説明できない。

そんな疑問を感じながら回顧記事をまとめ、他の競馬系ブログを巡回していたところ、Brain Squall 【競馬総合サイト】 さんのところで、この疑問に答える分析が明らかにされていた。

コースの鬼を買った人は知っていることだが、東京は先日の改修の際に水はけの悪い3、4コーナーの内側に排水溝を埋め込んである。そのため去年のJCや今日のように朝まで豪雨でも当日に晴れていると急激に内側が乾いて、やたら内側が伸びるようになることがある。~Brain Squall 【競馬総合サイト】 さん 【天皇賞秋回顧】少しは頭使って乗ってください より引用~ 

いや、まいった・・・・。自分も数ヶ月前に「コースの鬼」を買って一応読了したつもりだったのだが、この重要な記述をすっかり見落としていたのだ。あわてて、該当頁を探してみると、確かに水はけの悪い箇所にコースを横断する配水管を設置したとある。なるほど、これで先のトラックバイアスに関する疑問は氷解する。

この日の馬場状態に関するポイント。それは、前夜の雨で一時は不良まで悪化した馬場状態が、日中の天候に恵まれ、どんどん回復していったことである(天皇賞の時点では、結局、稍重の発表) 先の排水システムが、馬場回復を早める方向に作用していることは間違いないだろう。問題は、回復のプロセスがコース全体で均等に進行していない点にある。配水管は、水はけの悪い箇所=水のたまりやすい低い場所=コースの内側に設置され、その部分の水分を優先的に排出しているようだ。その結果、本来なら馬場の悪化しやすいコースの内側からいちはやく馬場が早く回復し、一種グリーンベルトに似た状況が生まれているのではないか、と考えられるのだ。

となると、前日・前夜に雨、レース当日は曇りまたは晴れという条件下では、疑似グリーンベルトを通れる逃げ・先行馬、または瞬発力で一気に馬群を捌ける差し馬を積極的に狙うという馬券作戦が成立する。狙い目のイメージは、昨年JCのタップダンスシチー、あるいは天皇賞のゼンノロブロイのようなタイプだ。
騎手で狙うなら、デムーロのようにインをこじ開ける根性と技術のある外人騎手や地方騎手。または、馬場状態に応じて自在な戦術を駆使できる武豊や岡部騎手のようなクレバーなタイプがいいだろう。関東騎手なら、インにこだわるコース取りを選択したときの後藤や江田照あたりが怖い。

ちなみにこの作戦、安田記念のようにレース当日の雨で、どんどん馬場が悪化していく局面では使えないことに留意する必要がある。降雨による含水量増加に排水システムの機能が追いつかないようだと、やはり馬場は内側から悪くなり、その結果、外を回すテレグノシスのようなタイプの差しが届いてしまうことがあるからだ。

天皇賞のハズレ馬券。授業料としてはちょっと高かった気がするけど、転んでもタダでは起きない根性がないと、やはり競馬ファンは続けられないだろう。みなさん、頑張りましょう。

11月 1, 2004 競馬予想・回顧アーカイブ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/1825683

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の翌日はタップダンスシチーの法則で・・・東京芝コース 秋の傾向と対策3:

» ミホマジックvsペリエマジック ペリエの勝ち 第130回天皇賞 重賞に挑戦第10回目反省会。 トラックバック ↓しげしげ・・シゲシゲ↑
 第130回天皇賞(秋)東京芝2000m。ゼンノロブロイも決して弱い馬ではないからペリエ騎手がマジックを使ったというのは大変失礼だと思いますが、騎手の「巧」を感... 続きを読む

受信: 2004/11/01 3:18:20

» 馬場の回復が早い秘密? トラックバック おいちゃんの落書き
しかし府中競馬場の馬場には騙されるなぁ、台風の翌日の毎日王冠も稍重まで回復したが、天皇賞・秋の当日は朝4時まで起きていて雨が降っていたんですよ、間違いなく不良馬... 続きを読む

受信: 2004/11/02 21:52:34

» 【天皇賞秋回顧】少しは頭使って乗ってください トラックバック Brain Squall 【競馬総合サイト】 <blog>
【天皇賞・秋(GI)】(東京)??ゼンノロブロイ 悲願のGI戴冠 東京11Rの第130回天皇賞・秋(GI・芝2000m)は1番人気ゼンノロブロイ(O・ペリエ騎手... 続きを読む

受信: 2004/11/08 21:16:07

» 安田記念の予想【虎】 トラックバック 競馬ブログ
         安田記念 G1 東京芝1600M左 1  アルビレオ 牡 5 58.0 松永幹 2  フジサイレンス 牡 5 58.0 五十嵐 3  ダイワメジャー 牡 4 58.0 柴田善 4  オレハマッテルゼ 牡 5 58.0 蛯名正 5  ダンスインザムード 牝 4 56.0 デザモ 6  ローエングリン 牡 6 58.0...... 続きを読む

受信: 2005/06/04 22:02:26

コメント

11月13日(土)東京競馬場。
稍重→良に芝コースの状態が回復していくなかで、「タップダンスシチーの法則」が効いているようです。
9レース・10レースと逃げ馬が楽勝、メインの重賞も最内からの抜けだし。勝ったスキップジャックに乗っていたのが、天皇賞で大外不利に泣いた勝浦というのが、因縁ですね・・・・テレグノシスを奪われた反省から、やっとこの法則の存在に気がついたのかな??まさか(^^;

投稿: 山城守 | 2004/11/13 15:40:29

この日、私も、うーん、内がアヤシイと思ってみてました。
メインの京王杯2歳Sでは、二着に敗れたペリエ騎手鞍上のキングストレイルに注目して見てて、勝ったかと思いきや、内から一頭。え、勝浦騎手?
うーん、やるじゃないの、って感じでした。

投稿: chic | 2004/11/16 2:09:24

chicさん、毎度どうも!
土曜メインのレース内容を見て、これならいけるかも?と思い、最終レース勝浦騎手騎乗のスズサンシャイン(単勝14.7倍)から勝負してみました。しかし、結果は8着・・・・(^◇^; 
勝ったのは、やっぱりペリエでしたねえ。「法則」の存在を指摘しながら、なかなか恩恵にあずかれません。

投稿: 山城守 | 2004/11/18 0:47:35

コメントを書く