« 【重賞回顧】マイネルモルゲン・オペラシチーには引き続き注目を | トップページ | 爽健美茶より「雨の本」 rain bookをもう一度 »

2004/09/15

そうだ 中山に行こう!

さあ、あと3日頑張れば、待望の3連休ですね。週間天気予報によれば、この週末は各地とも絶好の天候に恵まれそうで、秋の行楽シーズンもいよいよ真っ盛り。競馬主催者も、JRAは土・日・月の3日連続変則開催、盛岡ではダービーグランプリG1の開催と、盛りだくさんのメニューを用意し、世の馬券オヤジたちの財布を狙っています(苦笑)狙われているとわかっていながら、自分の足が競馬場に足が向ってしまうのは、もはや確実でしょう。こればかりは、どうしようもありません。
Photo:(C)Horses.JP(この画像の無断転載・複製はご遠慮ください)

さて、当初この週末のスケジュールは、月曜日の盛岡競馬場遠征を中心に考えていたのですが、ここに来て少々事情が変わってきました。
というのも、遂にわが一口愛馬(サウスニアRH)が、この週末、中山競馬場でデビューを飾れそうな見通しになったのです。しかも、2頭まとめて!デビューといっても、POGで話題になるような2歳馬ではありません。ともに3歳というのが、ちょっと泣かせてくれます(苦笑)

■シトラスフレーバー 牝3歳 高市圭三厩舎 (父ラムタラ)
 9月18日(土)中山6R3歳未勝利(芝1800m)出走予定

■ゴールデンウィル  牡3歳 松山康久厩舎 (父Sadler's Wells)
 9月19日(日)中山6R3歳未勝利(芝2200m)出走予定

かたや、気性の悪さからゲート試験になかなか合格できず、浪人生活の苦汁をなめてきたツッパリ娘。かたや、牧場で釘を踏んづけたり馬房に目をこすりつけたりして生傷が絶えず、デビューの時期を逸した良血のお坊っちゃま。まあ、デキの悪い子ほど可愛いというけど、とにかくよくぞ出走にこぎつけてくれました。
同世代のエリートたちが、クラシック最終関門に向けしのぎを削るG2トライアル戦や、ダート王者を決するG1に出走する当週に、やっとデビューにこぎ着けたというのも何かの因縁でしょう。

そんなわけで、今週末は急きょ予定を変更し、中山競馬場に遠征してきます。

中山遠征のもうひとつの目的は日曜日のメイン=セントライト記念(G2)を目撃すること。注目はもちろん、菊の大舞台に向け、ここが正念場のコスモバルクです。
五十嵐騎手には、後々語り継がれるような凄いレースで、是非、春の鬱憤を晴らしてもらいたいもの。
日曜夕方時点で体力・財力に余裕が残っていれば、翌日の盛岡にも参戦しますが、冷静になって考えると、テレトラック三本木あたりで、おとなしく観戦していることになりそうですね・・・・。

9月 15, 2004 ひとくち馬主日記, 日記・コラム・つぶやき |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/1438587

この記事へのトラックバック一覧です: そうだ 中山に行こう!:

コメント

コメントを書く