« 【写真で回顧】セントライト記念 | トップページ | 【オールカマー】「先行脚質」と「道悪適性」の見極めがポイントか »

2004/09/23

「スウィングガールズ」を観た

B0002J5400.09.MZZZZZZZ.jpg今日は久しぶりに競馬と縁のない、ノンビリとした休日でした(笑)そんなわけで、仙台郊外のシネマコンプレックスに出かけて観てきたのが、最近評判の「スウィングガールズ」。うん、評判にたがわず、なかなか爽快感のある良い映画でした。次のあらすじと予告編をみてしまえば、ストーリーそのものは、映画を観る前から全部イメージングできちゃうような単純明快なお話です。だけど、そこがまた良いのです(笑)

舞台は東北の片田舎の高校。夏休み返上で補習を受けている女子生徒たちが、サボりの口実としてビックバンドを始める。当然のごとくやる気はゼロでサボる気満々。しかし、楽器からすこしずつ音がでてくるにつれジャズの魅力にひきこまれ、ついには自分達だけでバンド結成を決意!とはいえ楽器はないし、お金もない。バイトをすれば大失敗。なんとか楽器を手に入れて、いざ練習!と思いきや、今度は練習場所もなく、ついにはバンド解散の危機!?しかし、音楽への熱い思いがはちゃめちゃパワーとあいまって、紆余曲折を吹き飛ばし、感動のラストまで一直線!!
(スウィングガールズ公式HPより引用)

少々ご都合主義的な展開も交えつつ、軽快にテンポ良く進む演出で、クライマックスの演奏会シーンまで一気にみせてしまう。爽やかな笑いと感動を随所にちりばめた、良質邦画コメディのお手本のような作品でしたね。
個人的に好きなシーンは、まだ上手くサックスを吹けない主人公の女の子が、田舎の河原でひとり「A列車で行こう」を練習していると、どこからともなくピアノの伴奏が聞こえてきて、気がつくと向こう岸でバンド仲間の男の子がエレピを奏でているというシーン。何だか文字にすると、とてもクサい感じになってしまうけど、青春映画なんだから、こんな演出に感動したっていいじゃないか(笑)

しかし、この映画最大の見所、それはやはり劇場中に響き渡るジャズスタンダードの数々でしょう。それら名曲すべてが、猛特訓を経た出演者本人たち(=スウィングガールズ)による演奏というのが素晴らしい!技術そのものは素人の隠し芸レベルかもしれないけど、明るく楽しく「スウィング」する感じ、それがスクリーンを通じてビンビンと伝わってきて、観ているこちらも思わず足が動いてしまいました♪

swing_girls_link1.jpg


クライマックスの音楽会シーンでスウィングガールズたちによって、演奏されていたのは、
ムーンライト・セレナーデ
メキシカン・フライヤー
シング・シング・シング
の3曲だったかな?違っていたらゴメンなさい。できればアンコールでもう1曲!グレンミラー楽団の「イン・ザ・ムード」などで締めてもらたかったけど、この曲は別のシーンで効果的に使われていたので、まあ良しとしましょう。書いているうちに、だんだんサントラ盤を買いたくなってきた(笑)

それからもう一つ。思わず注目してしまったのが、FurlongBlogさんも激賞していたトロンボーンの眼鏡っ子@本仮屋ユイカ(もとかりやゆいか)さん。今回は、何事につけ引っ込み思案な女の子という役柄でしたが、馬券おやじの自分がみても、「俺が助けてやらなくっちゃ!」(笑)と思わせるほどの好演でした。来春のNHK朝ドラのヒロイン決定とのことですが、高崎を舞台にした馬と牧場のお話らしいので、これはちょっと楽しみ。ドラマの開始まで、何とか北関東競馬が持ちこたえてくれたら、いいのですが・・。

9月 23, 2004 日記・コラム・つぶやき, 音楽 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/1505724

この記事へのトラックバック一覧です: 「スウィングガールズ」を観た:

» スウィングガールズ トラックバック 30歳独身男Kazuakiの映画日記
「期待通りのスウィング。いつの時代も音楽に言葉は要らないね。ツッコミどころ満載だけど、気楽に楽しめること間違いなし。」 今日は朝一から映画館へ。今日あたりはどこ... 続きを読む

受信: 2004/09/24 22:39:11

» スウィングガールズ トラックバック 大牟田からのつぶやき
見てきました。 フジテレビの一室で「矢口ちゃん、ウォーターボーイズの女性版やって 続きを読む

受信: 2004/09/24 23:41:51

» 映画「スウィング・ガールズ」を見る。 トラックバック That's none of your business
この映画はどうしても見たかったので、早速観てきました(^^)。予告編を見て、大林宣彦監督の「青春デンデケデケデケ」を彷彿させたので。この映画を見たのは十年以上前... 続きを読む

受信: 2004/09/27 18:55:17

» 観たぞぉ~「スウィングガールズ」! トラックバック Jalan Straight View通信-競馬と陽水とStevieに溺れる日々-
いやぁ~、い~、話だ。「スウィングガールズ」。「スクール・オブ・ロック」も良かったが、これも、また良い! 続きを読む

受信: 2004/10/07 23:11:50

コメント

サウンドトラックをつい買ってしまいました。
収録分数と比べたらわりがあわないんですけど(汗)

トロンボーンの眼鏡っ子さんは監督の狙いで、役者さんに「あえて」メガネ着用を指示したそうです(本人談)。


投稿: G3 | 2004/09/24 23:38:30

G3さん、こんにちは。
映画を見てから、頭のなかでは「故郷の空」とか「シング・シング・シング」が鳴りっぱなしです♪これはもう、立派な中毒症状ですね(笑)そんなわけで、私も今日サウンドトラックを買ってしまいました。
この週末、もう1度レイトショーで、トロンボーンの眼鏡っ子を見に行ってこようかと、ただ今画策しています(笑)

投稿: 山城守 | 2004/09/25 1:10:44

うーん、面白そうだ。ちょっと、観てみたくなりました。

投稿: chic | 2004/09/25 21:06:14

chicさん、こんにちは。絶対に観て損はない映画だ!と太鼓判を押します。私も土曜の夜、もう一度レイトショーを見に行くつもりでしたが、オールカマーの予想をしているうちに上映時間が経過してしまいました(涙)
馬券の成績にかかわらず、日曜の夜に観に行ってきまーす。

投稿: 山城守 | 2004/09/25 23:06:26

観て来ました。いやー、素敵な話でした。楽しかったですよ。

投稿: chic | 2004/10/04 23:48:29

chicさん、こんにちは。(^^)
実は、本日深夜3:00からこの映画のメイキングとサイドストーリーがテレビ放映されるようなので、只今録画の準備をしている最中です。チャンネルは、競馬予想TVをやっているフジテレビ739(CS放送)。これ以降も、10月中旬まで繰り返し再放送されるようですが、これは要チェックですね。
ではでは。

投稿: 山城守 | 2004/10/05 0:46:51

「サイドストーリー」ってのがあるんですね。
映画のパンフレット観たら、登場人物それぞれに、なんか、しっかりしたキャラクター設定が書かれていて、それがまた面白くて笑いました。

投稿: chic | 2004/10/05 23:21:16

chicさん、こんにちは。
サイドストーリー。映画を見て気に入った人はこちらもどうぞ・・・・といった感じのお手軽な内容でしたが、自分は楽しめました。映画の冒頭シーンに登場した弁当屋さんは、何故配達に間に合わなかったのか?といったネタを題材にしたショートドラマが2本です。
弁当屋さんが遅刻しなければ、スウィングガールズ誕生のきっかけは生まれなかった?ので、重要と言えば重要な伏線でしょう(笑)ではでは。

投稿: 山城守 | 2004/10/07 1:55:56

コメントを書く