« 新潟競馬場チャリティイベント! | トップページ | 【ココログ】タイトルバナーのすきまを撃退 »

2004/08/04

押したり引いたりオークション

前回に続き、新潟競馬場で土曜日開催されたチャリティ・イベントのレポートです。

auction0731.jpgチャリティゼッケンの販売が終了した後、西日がガンガン射し込むパドックで、熱心に居残っていたファンを集め、チャリティオークションが開催されました。
この日のオークションで、騎手・調教師・馬主などの方々から、出品されたのは、こんな品々でした。

 武豊騎手提供   通算1000勝達成記念ブルゾン
 ビリーヴのスプリンターズS優勝記念パラソル
 安藤勝己騎手提供 ザッツザプレンティのブルゾン
          &タマモガルチ(渋い)のサイン入りゼッケン
 調教師提供のポロシャツ、ブルゾンなど厩舎ユニフォーム各種
 優勝記念クオカードセット各種
 ジョッキー列伝サイン入りポスター(幸騎手・武幸四郎騎手・渡辺騎手)
 ジョッキーサインパネル(寄せ書き)など
 
まあ、正直に言うと、サイン入りの記念品をかき集めてきましたという印象で、見逃したら一生後悔するというほど、物欲を刺激する一品まではありませんでしたね。このあたり、馬主さんが主催するJOAチャリティオークションなどと比べると、いかにも急ごしらえな小規模イベントという印象は免れません。
しかし、そこは豪雨災害被災者支援のチャリティということで、参加する側の「気持ち」が大切でしょう。私も当日の馬券収支を予算に組み込み、商品の落札にトライです。幸い、「そのまま!」「差せ!」で鍛えた声の大きさには、人に負けない自信があります(笑)

さて、オークションが始まった当初は、どれくらいの価格で相場が形成されるのか、場内も様子見ムード。そんなわけで、最初に出品された武豊騎手のブルゾンが1万円ちょっとで、落札されてしまいます・・・・。

すると、「これなら俺でも落とせる!」と思った人(特にオヤジ系の人々)が増えたのかな?2番目の商品から、いきなり相場が跳ね上がりました。ビリーヴの傘(武豊・アンカツのサイン入り、ただしプリント)が2万円以上、アンカツのブルゾンとサイン入りゼッケンが4万円とけっこういい値段で競り落とされていきます(このアンカツグッズがこの日の最高価格)。

こりゃちょっと手が出ないな・・・・と思い様子見を決め込んでいたら、岩元市三調教師提供の「テイエムオペラオー焼酎3本セット・テイエム技研の水使用」(笑)という、何やら手頃そうな商品が上場されてきました。チャンス!と思い、セリに参加してみると、あれよあれよと値段は上がって、結局16000円くらいまで来たところで、さすがにギブアップです。
この焼酎、後で上場されたジョッキー列伝ポスターにも、各1本セットで付けられていたので、落札しなくてよかったようです・・・・。

kris.jpg

結局、自分は10番目に上場されたクリスザブレイヴ(関屋記念2着、新潟ゆかりの馬)の富士S優勝記念トレーナーを落札することができました。1対1でセリ合っていたお相手が9500円まで相場を釣り上げたところで、すかさず「10500円!(せこい)」と畳みかけたのが、決め手になったようです(苦笑)。

それにしても、オークションというのは、押したり引いたりの駆け引きがなかなか楽しいものですね。気がついてみたら、5億円で馬を落札していたお金持ちの気持ちを、1%くらい理解できた気がします(そんなわけはないか)。

ゼッケン販売とオークションによるこの日のイベントは、合計70万円弱の売り上げとなり、募金箱に寄せられた義援金とともに、日曜日の夕方、新潟県災害対策本部に対する贈呈がおこなわれました。

(蛇足)イベントの司会を務めていた目黒さんには、「検量室のマドンナ」のほかにも、「セクシー番長」という異名も・・・・(苦笑)

8月 4, 2004 日記・コラム・つぶやき |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/1122140

この記事へのトラックバック一覧です: 押したり引いたりオークション:

コメント

コメントを書く