« 【新潟記念】前走・芝1800組の巻き返しを狙え | トップページ | rain bookに「一聴き惚れ」 »

2004/08/30

【写真で回顧】新潟記念

_nigatakinen_kuchitori.jpg大水害の余波のなかで開幕してからはや2ヶ月、今年も熱戦が繰り広げられてきた夏の新潟開催ですが、いよいよフィナーレも間近です。開催7週目のメイン競走は、名物重賞の新潟記念(GⅢ)
去りゆく夏を惜しもう・・・・ということで、私も、再び新潟競馬場へ遠征してきました。
これが今シーズン4回目の新潟行き。我ながらホントに好きだよなあ(^^; 

さて、その新潟記念。戦前の下馬評では、安勝人気も手伝って、上がり馬のレニングラードが断然の1番人気に支持されていました。しかし、レースでは、予想記事で本命に推していた中館騎手騎乗の実績馬スーパージーンが好位から手応えよく抜け出し、レニングラードの追撃を完封!自分の馬券も、単勝がスカッと的中したので、気分良く新潟をあとにすることができました。ありがとう、中館騎手!!

以下、パドックとレースでの各馬の印象・次走に向けてのメモをまとめてみました。

1着 スーパージーン
_nigatakinen.jpg結局、小倉・北九州記念10着の敗因をどう解するかが、この馬の評価の分かれ目だった。
自分の見解は、予想記事でも書いたように、「他馬がペースアップしていく3~4角の勝負どころで、置かれ加減になる不器用さが災いしたもの」という解釈・・・・。それならば、コーナー2回・長い直線の新潟外回りに舞台が変われば、スケールの大きさで不器用さをカバーできる。その実績からみても一変は可能、と判断したのだが、結果的には、これが正解だった。

今回も、4コーナーを回って各馬が仕掛けのタイミングを計っている直線入口あたり(残り600メートルのハロン棒付近)では、中館騎手の手が激しく動いている場面が見られた。やはり、この馬エンジンの掛かりが少々遅い・・・・。普通の競馬場なら、あれが3~4コーナー中間あたりの地点なので、加速していく他馬との比較で致命的な位置取りの悪化に繋がりかねないところだ。
しかし、新潟外回りコースなら、既にコーナーを回りきって馬群が横に広がった後なので、少々エンジンの点火が遅れてもリカバリーは可能。そのあたりを見越して、道中好位の位置取りをサッと確保していた中館騎手の判断は、ファインプレーと言ってもいいのではないか。いったんエンジンが掛かってからは、トーセンダンディを目標にゴールまで力強く末脚を持続させ、安勝レニングラードの猛追を完封。終わってみれば、まったく危なげない勝利だった。
パドックでは、落ち着き払い堂々と周回を重ねていたが、ここに来ての馬体の充実ぶりも目を引いた。高齢馬の活躍が目立つサッカーボーイ産駒らしく、6歳の夏にして本格化ムードが漂う。今後も、中館騎手鞍上を条件に、「要注目」である。

2着 レニングラード
nigatakinen.jpgダービーニュースの「本紙の決断」欄で、長谷川仁志氏は前走・佐渡特別を評し、「オープン馬が1000万下を使えばこうなる」とコメントしていたが、自分がみるかぎり、今回のパドックで受けた印象は、まったく逆であった。
パドックの最内を遠慮がちにトボトボと周回するその姿。馬格も目立たず、この馬がとても断然の1番人気に支持されているとは思えなかった。まさに「歴戦のオープン馬に囲まれ、条件馬が1頭まじっている」といったムード。前走の勝ちっぷりは確かに鮮やかであったが、所詮は1000万下クラスでのもの。指数の裏づけもなく、とてもこの馬から馬券を買おうという気は湧いてこない。
と言いながら、この日2勝と新潟でもその手腕を遺憾なく発揮していた安藤勝己騎手には、一応敬意を表しておこうということで、スーパージーンからの押さえ馬券として馬連を購入。正直、一番来てほしくなかった馬なのだが、結局、騎手の豪腕で2着に持ってきてしまった。いやはや、アンカツ恐るべしである。
重賞2着の賞金を加算しても、まだ準1600万下に出走できるようだが、次走以降、鞍上弱化でオープンに再挑戦してくるようなら、疑ってかかりたい1頭である。

3着 トーセンダンディ
nigatakinene.jpgスーパージーンと並んで好気配をアピールしていたのが、この馬。ほどよい気合い乗りで、パドックの外目をぐんぐん力強く周回していた。返し馬に入ると、まさに宙を飛んでいくような軽快なフットワークを披露。関屋記念からさらに上昇し、いよいよ絶好調ムードに突入した感がある。
道中も勝馬と前後する好位の位置取り。一歩先に抜け出しを狙ったが、ゴール前3着に落ちてしまった。これは1F長いというより、2着馬との鞍上の差かもしれない。

4着 ニシノセレッソ
_nigatakinenf.jpgこの馬も、目下絶好調ムード。
前走は直線前が壁になったのが災いした不本意な敗戦であり、持ち時計からオープン挑戦でも侮れないと思っていたが、重賞初挑戦でこの成績。やはり、かなりの能力の持ち主であると評価いいだろう。
まだ、1000万下に出走できるのだから、自己条件なら当然首位候補準オープン挑戦でも、上位入着は可能とみる。

5着 トウカイオーザ
_nigatakinend.jpgまだ馬体の造りも緩く、今回はいかにも休み明け。それでいて掲示板を確保したのは、やはりGⅡ馬の貫禄のなせる技と言うべきか。
次走以降、再び重賞路線を歩んでいくのだろうが、スーパージーン以上にエンジンの掛かりが遅いタイプなので、東京コースの長距離戦、しかも追える鞍上でないかぎり、ちょっと狙いづらいかも。

6着 マーベラスダンス
_nigatakineng.jpgパドックの気配は可もなく不可もなしといったところ。上がり33秒台の決め手が問われるレースで後方からの追い上げでは、さすがにこの着順が精一杯といったところか。
しかしこの馬、意外にもそのイメージとは異なり、小回り向きの器用さも兼ね備えているので、福島記念あたりに軽ハンデで参戦なら、侮れない。

7着 グラスエイコウオー
_nigatakinena.jpg京都記念以来、約半年ぶりの出走だが、馬体をみる限り、一応仕上がっていたようだ。
極端な競馬しかできないタイプなので、馬券的な狙いが難しいが、追い込みの届く展開なら、まだひと花咲かせてくれる可能性はあり。

8着 チアズブライトリー
_nigatakinenc.jpgパドックでは、いつものようにご機嫌ムード。ルンルンと今にも鼻歌でも歌い出すかのような雰囲気で、周回を重ねていた。デキに関しては、まったく問題がない
決着時計1分58秒台、上がり3F34秒なら、この馬の実績から通用すると思っていたが、実際の競馬は33秒台の決め手が要求される流れ。となると、さすがにこの馬の出番は回ってこないということか。
しかし、GⅡ~GⅢレベルの道悪馬場で力比べの展開になれば、いつ復活劇があっても驚けない存在だと思う。

9着 サンライズシャーク
nigatakinenb.jpg写真の尻っぱねは、ほんのご愛敬。気性的に問題があるわけでもなく、デキに関しても問題は見あたらない。とはいえ、重賞路線で他力本願一本やりというのも、ちょっと辛い。好走に向けたの必須条件は、昨夏の夢よ、もう一度ということで、鞍上・武豊の確保かも・・・・。

8月 30, 2004 競馬予想・回顧アーカイブ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/1318062

この記事へのトラックバック一覧です: 【写真で回顧】新潟記念:

» 新潟記念(結果) トラックバック 軸馬選定情報局
1着 スーパージーン △ 2着 レニングラード  〇 3着 トーセンダンディ レニングラードは前が残る中でよく追い込んだ。強い競馬だったと思う。スーパ... 続きを読む

受信: 2004/08/30 23:15:20

» 新潟記念回顧 トラックバック TK指数を中心とした競馬予想
新潟記念は好位で追走した▲スーパージーンが快勝。2着は内ラチから外へ追い出し、猛 続きを読む

受信: 2004/08/30 23:33:03

» Gallop 9/5号&反省&展望 トラックバック That's
今週の「騎写カメ日記」にはサンガの松井大輔選手が登場。一応期限付き移籍なので籍は 続きを読む

受信: 2004/08/31 0:46:49

» 狙った馬が来ても馬券は外す不思議:新潟記念(G3) トラックバック Jalan Straight View通信-競馬と陽水とStevieに溺れる日々-
シンボリクリエスが三歳で、一度目の天皇賞(秋)を獲った一昨年の秋の日曜日。忘れもしない10/27。関西のメインレース渡月橋Sは七、八、九番人気の決着となり、3連 続きを読む

受信: 2004/08/31 1:16:49

» 新潟記念の結果 トラックバック 競馬ニュース的ブログ
新潟記念はエイシンスペンサーが逃げ、4・5番手を追走したスーパージーンが直線に入... 続きを読む

受信: 2004/08/31 5:45:28

» レース回顧 新潟11R 新潟記念  トラックバック 競馬予想ノート【Diary】
2004/8/29 3回 新潟 6日目 11R 農林水産省賞典新潟記念 3歳上○混○特指(ハンデ) 芝2000 1 8 ◎スーパージーン 1:5... 続きを読む

受信: 2004/08/31 7:27:08

» 新潟記念は単勝を2頭買いました トラックバック おいちゃんの落書き
新潟記念は昨日選んだ4頭のトーセンダンディ・チアズブライトリー・スーパージーン・エイシンハリマオーの中からパドックを確認しまして一番よく見えたスーパージーンにし... 続きを読む

受信: 2004/08/31 8:39:54

» 日曜日の結果&回顧 トラックバック 週刊競馬凹
新潟記念は全く駄目でしたが、他のレースで取り返してプラスで終了。 サクラデインヒルが逃げると思ってましたが、なんとエイシンスペンサーが果敢にハナを奪い、前... 続きを読む

受信: 2004/08/31 10:52:08

» 新潟記念 結果 トラックバック 役に立たない?競馬分析blog
△エイシンスペンサー・サクラデインヒルが並んで逃げ、3番手◎トーセンダンディ、4番手スーパージーン。 1番人気▲レニングラードは10番手。2番人気○マーベラスダ... 続きを読む

受信: 2004/08/31 17:59:48

» スーパージーン初重賞制覇 トラックバック Can's HR
8月29日、新潟で行われた第40回新潟記念(G?)は、 3番人気に推されたスーパージーンが上がり33.9の末脚で快勝。 1番人気に推されたレニングラードは2着でした。 続きを読む

受信: 2004/08/31 18:00:40

» 新潟記念回顧 トラックバック JRA攻略百年構想
 スーパージーンかぁ…。◎変えなきゃ良かったよ。てゆうか陣営の「一番の期待はスーパージーン」が三味線に聞こえるのは消す前提で材料を探しているからで、完全に曇り眼... 続きを読む

受信: 2004/08/31 18:34:45

» またもやハズレ… トラックバック どろ沼
新潟記念は◎エイシンハリマオーが沈んでハズレ。 レース後に審議になって、対象がハリマオーみたいだったようですが、どちらにしろレース結果には影響を与えなさそうでし... 続きを読む

受信: 2004/09/01 2:41:27

コメント

的中おめでとうございます。
やはり、「使ってのサッカーボーイ」の鉄則を
使えば取れた馬券ですね。
小生はいつもの1,3,4着でした(TT)。

投稿: もくに ひとし | 2004/08/31 22:27:17

はじめまして♪
初めて見させてもらいました。すごく内容が濃いですね。面白い。また寄らせてもらいます。

投稿: XYZ | 2004/08/31 22:43:54

先日は、二重投稿になって、ご迷惑おかけしました。
さて、山城さんの新潟記念回想ですが、レニングラードは次走以降疑ってかかりたいというコメントがありましたが、単純に考えて圧倒的1番人気には応えられなかったものの2着を確保したんでG1は無理にしてもオープン特別クラスならまだまだやれそうな印象を受けるんですが、その辺はいかがでしょうか?

投稿: もくに ひとし | 2004/09/01 22:03:17

もくにさん、毎度どうも!
レニングラードの評価、なかなかの難題であります。
前走・佐渡特別では58キロを背負って圧勝、重賞挑戦の今回もメンバー中最速の上がりを使って2着確保ですから、冷静に考えると強いのかもしれませんが、記事のなかでも書いたように、自分のみるかぎり、パドックでの印象がぱっとしませんでした。長期にわたる脚部不安のブランクがあったので、まだ成長途上の段階なのかもしれません。
もちろん能力の底値が高い馬なので、オープン特別くらいなら通用の素地はあると思います。
ただし、今後も素質を評価され、人気を背負うレースが続くと思われるので、馬券の取捨に関しては、相手関係も考慮し慎重に扱っていく必要があるのではないでしょうか。

投稿: 山城守 | 2004/09/01 23:06:07

 おっしゃる通り、オープン特別に出たら単勝1.6倍くらいでしょうね(笑)。そうなると小生も、やはり本線では買わないと思います。意外と馬単2着付けが妙味だったりして。なにせレニングラードはロシア第2の都市(^^;;;)。
 冗談はさておき、今週の東西2歳Sの予想も期待しています。ではでは。

投稿: もくに ひとし | 2004/09/02 21:17:12

コメントを書く