« 【写真で回顧】関屋記念 | トップページ | 押したり引いたりオークション »

2004/08/03

新潟競馬場チャリティイベント!

7月31日(土曜日)JRA新潟競馬場にて、新潟県豪雨災害による被災者支援を目的とした「チャリティイベント」が開催されました。
私も以前このblogで、JRAの義援金募集に対して偉そうに意見を述べた手前、その一部始終を見届けなければ・・・・と思い、イベントへの完全参加を決意。まあ、勝手な思いこみではありますが(笑)、その様子をレポートしたいと思います。

meguro_san_07.jpgイベントの目玉は最終レース終了後、パドックで行われたチャリティオークションです。司会は、「検量室のマドンナ」こと目黒貴子さん。真夏の西日が容赦なく射し込む過酷な環境のもと、水色の夏服が一服の清涼剤に感じられました(笑)

さて、今回のチャリティイベントに先立ち、新潟競馬場では、開幕週から豪雨災害に対する義援金募集を受け付けていたのですが、NSTオープンの当日(7月18日)、競馬場に足を運んでみると、この件に関する掲示もなく、いったいどこに募金箱が設置されているのかよくわからないような状況でした。結局、この時点では、PR不足がたたって?募金もあまり集まらなかったのでしょう。

JRAもそんな状況をみて、「これではいかん!」と素直に反省したのでしょうか?
開催3週目に再び競馬場を訪れてみると、2週間前とはうってかわって、義援金募集に力を入れている様子が、ありありとうかがえました。

nigatakanban0731.jpg入場門をくぐって、すぐ目の前の場所には、ご覧のような大看板を設置。場内3カ所に設置された義援金の募金箱も、大きな文字で一目でそれとわかるように工夫の跡が確認できました。さらには、場内放送のアナウンスで、義援金への協力を呼びかける念の入れようです。
こうした一連のPR強化とあわせ、急きょチャリティイベントの開催を決定したJRAの迅速な対応は、素直に評価できると思います。

さて、肝心のイベントです。
最終レースが終わって、パドックに直行してみると、早くも50~60人の行列が・・・・。これはオークションに先立ち、騎手のサイン入りゼッケンをチャリティ販売するイベント(1枚1000円+ジョッキーの握手付き)が行われたため、それをお目当てに集まってきた人々でした。
早い者勝ちで、好きな騎手のサインを選べるのか?ならば、若手のイケメン系より渋めの騎手(横山義とか)がいいかな、などと思っていたら、結局、福袋方式での販売でした(笑)どんなゼッケンが出てくるのか、中身は袋をあけてのお楽しみ・・・・。
係員の誘導にしたがいベルトコンベアー方式でパドックに移動し、ゼッケンの入った福袋を買ってから横に移動すると、騎手が待ちかまえていて握手をしてくれる。そんな流れで、イベントは粛々と進行します。私の時は、後藤騎手が握手を担当。ふつうのファンなら握手するとき、「がんばってください」とか声をかけるのだろうけど、自分の口をついて出てきたのは「いつもありがとう!」という馬券オヤジらしい、ひとことでした(苦笑) この日の7レースでは後藤騎手から勝負して、かなり手痛い敗北を喫していたのですが、まあそんな個人的事情はどうでもいいでしょう(笑)

nakadate0731.jpgパドックを出てから、福袋をあけてみると、出てきたのがこの馬の黒ゼッケン。天の川ステークス3着時のもので、サインは中館騎手です。低配当の3連複ですが、一応馬券を的中させたレースのものなので、それなりに嬉しい。

オークションの様子は、次の記事でレポートします。

8月 3, 2004 日記・コラム・つぶやき |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/1109305

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟競馬場チャリティイベント!:

コメント

コメントを書く