« 【クラスターC】スピード争いならディバインシルバー | トップページ | 【写真で回顧】クラスターカップ »

2004/08/13

【速報回顧】クラスターC、こんなレースでした

1時間ほど前、クラスターカップを観戦するため遠征していた盛岡競馬場から、自宅に帰還しました。とりあえず、レース内容を自分が「見たまま・感じたまま」に文章化してみます。各馬の気配・今後に向けてのメモ等は、次の記事で回顧の予定。

poster_c.jpg【レース結果】
第9回クラスターカップ 統一G3

 2004年8月13日・盛岡ダート1200m

 1着シャドウスケイプ  江田照男(JRA)
 2着ディバインシルバー 安藤勝巳(JRA)
 3着ノボトゥルー    武豊  (JRA)
 4着ファントムマスク  後藤浩輝(JRA)
 5着タイキシェンロン  菅原勲 (水沢)

盛岡競馬場の各所に掲示されていたポスター。なかなかカッコいい!


【速報回顧】
曇り空の金曜日。盛岡競馬場では、午前のうち小雨のぱらつく場面もあったが、馬場状態に影響を与えるほどではなく、良馬場発表のコンディションでクラスターカップの発走を迎えた。1番人気は前年の覇者・ディバインシルバー

そのディバインシルバー、出遅れさえなければ、外目の絶好枠から先手必至と思われていたが、ゲートが開いた1~2完歩目につまづく仕草をみせ、ダッシュがつかない。名手安藤勝巳、痛恨の出遅れである。この予期せぬ出来事に驚いたせいか、ロケットスタートを決めていた同枠のファントムマスクも、すかさず控える構えをみせ、両馬ともに3~4番手に待機の態勢となった。控える形となったディバインシルバー、4番手の位置取りながら、行きっぷりはひと息。早くも波乱の予感が漂う・・・・。

これら外の各馬にかわり果敢にハナを奪いにいったのが、内枠のタイキバカラ。この馬も出遅れ気味だったが、2の脚に勢いがついてしまうと、もう止まらない。NHKマイルのときと同じように、暴走気味に先行していく。地元代表ゲイリーコンドル(西騎手)も、これをマークするように、いいスピードを見せながら2番手に進出。この2頭が後続を引き離す形で3角を回っていく。
後続ではいつの間にか、最内のラチ沿いの位置を確保していたシャドウスケイプが、普段より早めの競馬で中段を進んでいく。武豊ノボトゥルーは、直線にかける腹づもりでじっくりと後方に待機。菅原勲タイキシェンロンは、やはりスプリント戦のペースに戸惑っている印象だった。

直線に入って、ようやくゲイリーコンドルを振り切ったタイキバカラが、単独先頭に躍り出るも、直後には最内の経済コースを通って進出してきたシャドウスケイプが早くも忍び寄ってきた。坂の途中で内からスルスルと抜け出し、ちょうど残り1Fの地点で先頭が入れ替わる。久々に披露された「江田マジック」に導かれ、内ラチ沿いのVロードを独走するシャドウスケイプ!残り100メートルで伸びがやや鈍ってきたが、首位はほぼ確定ムードだ。

後続の各馬も、脚があがったタイキバカラを餌食にせんと、続々と接近。3番手から懸命に浮上しようとするファントムマスク、差す形では味がないはずのディバインシルバーも、安藤勝巳騎手のムチにこたえ外からジリジリと差してきた。これらに加え、ゴール寸前、満を持していたノボトゥルーが大外を強襲!2番手争いの3頭がシャドウスケイプにクビ差まで迫ったところがゴール。最後は、まるでハンデ戦のような横一線の激闘となった。

ノボトゥルーの後を追うように、外からやって来たのが、菅原勲のタイキシェンロン。2番手争いには1馬身以上、離されていたものの、首位から0.3秒差なら、地元エースの面目は保ったと評価できるだろう。

8月 13, 2004 岩手競馬, 競馬予想・回顧アーカイブ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/1187732

この記事へのトラックバック一覧です: 【速報回顧】クラスターC、こんなレースでした:

» 【盛岡】クラスターC結果 トラックバック 打ちつづけるハズレ券散りつづける
最内シャドウスケイプ、激戦を制す サマードリームシリーズ第2弾のクラスターカップは、3歳馬タイキバカラが先頭で直線に向くも、直線失速して7着。最内から先に... 続きを読む

受信: 2004/08/13 22:54:30

» 盛岡・第9回 クラスターカップ結果 トラックバック 競馬と株の相変わらずの日々
シャドウスケイプの快勝。ディバインシルバーは好位からよく差を詰めるも先に動かれたシャドウスケイプをさせず。コース取りの差が出たか。小器用な脚がないのはわかってい... 続きを読む

受信: 2004/08/14 22:45:31

コメント

コメントを書く