« 新潟競馬場の義援金募集にひとこと | トップページ | 【馬券回顧】日曜日の注目馬 »

2004/07/19

【写真で回顧】NSTオープン

開催2日目・日曜日の新潟競馬場は、梅雨前線が大きく南下したため?前日までの雨模様とはうって変わり、朝から薄日が差し込む穏やかな天候に恵まれました。稍重でスタートした芝コースの馬場もどんどん乾燥が進んで、お昼の時点で良馬場にまで回復!実際の馬場状態も、ご覧のように一面、緑のじゅうたん状態です。

nigata_turf.jpg

実際に、アイビススタンド脇の芝観覧席となっている所で、地面に手を触れてみましたが、お昼の時点でほとんど水分は感じられませんでした

日曜メインレースは、芝1400のNSTオープン
有力所の1頭=マチカネアカツキが当日になって出走を取り消したのは残念でしたが、それでも先週の七夕賞あたりよりは、豪華な顔ぶれが揃った印象です(笑)ちなみに、レース名に冠された「NST」とは「新潟総合テレビ」の略称であります。
1着はマイネルソロモン。決着時計そのものは1000万下と変わらない平凡な水準でしたが、これは逃げるとみられていたミッドタウンの出遅れが影響し、道中のペースがスローに落ちてしまったことによるもの
一概に低レベルとまでは、評価できないと考えています。

nst_race.jpg

ちなみに、私の予想は、こんな感じでした

◎ミッドタウン
○マイネルソロモン
▲ロイヤルキャンサー
△イシノミューズ
×ニシノムーンライト
消ネイティヴハート

馬券 ミッドタウンの単勝
   ミッドタウンから対抗以下各馬への馬連流し

ううむ、こりゃ、スタートの時点で終わっているな・・・・(笑)

1着 マイネルソロモン

meiner_solomon.jpg

近2走、不得手の道悪馬場に泣かされ、まったく能力を発揮できていなかった印象があるが、この日は待望の良馬場。パドックでもほどよい気合い乗りで周回を重ね、なかなかの好気配を示していたことから、直前で評価をアップし、対抗とした。
しかし、写真であらためて見てみるとこの馬、ほんとにベタ爪ですね。これでは道悪がからっ下手なのもやむを得ないと、思わず納得。
マイルまでなら十分対応できるので、良馬場条件に関屋記念でも有力と評価したい。

meiner_solomon_tume.jpg


2着 ネイティヴハート

native_heart.jpg

パドックでも一番内目を周回しており、正直、気配はパッとしたものではなかった
前年同レースの2着馬とはいえ、近走の成績から上がり目もひと息。この馬の一番元気だった頃(3歳時秋)の姿を知っているだけに、はっきり言って物足りない。今回は迷わず「消し」の評価とした。それが2着とはねえ・・・・。
好走の原因は新潟芝1400への適性と、石崎騎手の手腕。道中スローになり、追走が楽になったことも大きかったと考えたい。次走、今回の着順が評価され、人気になるようなら疑ってかかるべき1頭だろう。

3着 ロイヤルキャンサー

前年のウイナーも、依然として気性が難しい。スローペースで折り合いに苦心し、頭を上げる場面も再三みられたが、それでも直線内目を踏ん張ってワイド圏確保は立派。この条件がよほど合うのだろう。

4着 ニシノムーンライト

nishino_moonlight.jpg
元気のなかった2着馬とは対照的に、パドックの外目をきびきび周回する気配が目立っていた。スローペースの好位を終始巧く立ち回って、掲示板を確保。後方からの差し戦法ばかりだった近走とは一変したレース内容をみせている。昨年も夏から秋にかけ調子を上げ、4連勝の快挙を達成したこの馬。関屋記念出走なら、2着候補の穴馬として一考の余地がある。

5着 シャフツベリー
ミッドタウンが出遅れたため、この馬がハナを切りペースを刻んでいった。おそらくこんな展開までは想定外だったであろう。掲示板に残れたのは、自らが作った条件戦並のペースが味方したためか。

6着 イシノミューズ

ishino_muse.jpg
この馬も、元気よくパドックの外目を周回していた。使い込まれながらも好調を持続しているが、追い込み一手の同馬にとって開幕週の馬場はさすがに敷居が高かった。

7着 ミッドタウン

mid_town.jpg
パドックをみるかぎり、馬対の張りという点でまだ良化余地を残している印象。それでも、このメンバーに入れば、楽に先手を奪い押し切り可能だろうとみていた。
結果は痛恨の出遅れ。直線でも最内に入って追い出したところ、ことごとく前が壁になる不運に見舞われてしまった。脚を余すとは、こんな結果を言うのだろう。
能力の高さは確かでも、復活に向けてホント、何かきっかけがほしいところだ。

7月 19, 2004 競馬予想・回顧アーカイブ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/1008109

この記事へのトラックバック一覧です: 【写真で回顧】NSTオープン:

コメント

CGetと申します。
いつも楽しく拝見させていただいております。
小生もNSTオープンの◎はミッドタウンだったため、
スタートと同時に馬券は散りました(T_T)/~~~
(といいつつも最近はPATばかりなので、
 環境にやさしく散らしておりません、なんのこっちゃ)
次週もお互いがんばりましょう。
PS:マイBlogリストに貴殿のblogも勝手にリストしてしまっております。何卒お許し下さい。

投稿: CGet | 2004/07/20 0:34:41

CGetさん、こんにちは。ピンぼけの素人写真による回顧記事にコメントをいただき、恥ずかしいかぎりです。
ミッドタウンは、いくら何でもこの相手なら先手を奪えると思い本命にしたのですが、うまくいかないものですね。
直線に入ってから一瞬脚力は示したものの、ゴール前では前がズラッと壁になってしまい、最後は騎手もあきらめてしまったように見えました。
ところで、私のマイblogリストにも「CGetの馬事争論」を追加させていただきました。今後ともよろしくお願いします。

投稿: 山城守 | 2004/07/21 0:09:30

コメントを書く