« 7月18日・日曜日の注目馬(特選穴馬編) | トップページ | 【写真で回顧】NSTオープン »

2004/07/19

新潟競馬場の義援金募集にひとこと

指定席のハガキ抽選が当たったので、3連休を利用して新潟競馬場まで遠征してきました。

新潟といえば、先週の集中豪雨の被害が心配です・・・・。競馬場周辺に直接的な被害はなかったようですが、近くを流れる阿賀野川などの河川の増水は、想像以上の凄さ。河川敷に広がっている畑も公園も、すっかり水浸しです(作物への被害は大丈夫でしょうか?)
ニュースなどで盛んに報道されているように、人的被害は三条市・中之島町など中越地方の信濃川流域に集中していますが、経済的なダメージも含め、地域全体への影響という意味では、まさに想像を絶する規模の災害だったのだとあらためて実感しました。
被害を受けた皆さまには、心からお見舞いを申しあげます。

jra_nigata_rc1.jpg

そんななか、馬券を買って遊んでる輩が何を言うのだと怒られそうですけど、せめて自分にできることをしておきたいと思い、新潟競馬場内に義援金受付窓口が設定されてないか?探してみることにしました。ところが、イベントやファンサービス関連の情報は入口近くなどにいろいろ掲示されていたものの、肝心の義援金はというと、目立つ場所に呼びかけのポスターや募金箱が設けられている様子がない。一見する限り、場内はまったくの平常営業ムードです。結局そのときは、ああ、義援金の募集などしてないのかな?と思って競馬場を後にし、帰り道のコンビニで募金をしてきたのです。

しかし、家に帰ってから、この記事を発見し驚いてしまいました

(サンケイスポーツ7月18日)
■JRA新潟競馬場で新潟県集中豪雨被害者のための義援金を受付中

ううむ、こんなことなら、インフォメーションで確認しておけばよかった。
自分はアイビススタンド(旧スタンド)のA指定席のほうだったので、受付窓口が設置されたというニルススタンド(新スタンド)の総合インフォメーションにまで足を伸ばしていなかったのです。しかし、入場門1階には、それらしい掲示や案内は特に見あたらなかったように思うのですが・・・・。

十分な確認を怠った自分の非を棚にあげて言うようで恐縮ですが、せっかく義援金を受け付けているのだから、JRAも、もっと大々的にPRをしてほしかったと思います。
受付窓口を探していた自分でさえ気づかなかったくらいだから、来場したお客さんの大部分はこの事実を知らないまま競馬場を後にした可能性が大きいのではないでしょうか?

夏の新潟開催には県外客が多数来場し、地元経済への波及効果も高いことでも知られています。1万人以上の来場者が、馬券を購入する資金からせめて何十分の1かづつでも拠出してくれるなら、かなりの金額を義援金に回すこともできるはずです。
義援金受付は夏開催の時期を通じて行われるようですが、是非、JRAにはPRの強化を期待したいと思います。
今度は私も、再来週の関屋記念で高額配当を的中させ、募金箱にどんと浄財を投じてくるつもりです。(できるか?そんなこと?!・・・・汗)

(蛇足)JRAホームページの「ご意見・ご要望」コーナーにも、思わず同じ趣旨の意見を投函してしまいました。

7月 19, 2004 日記・コラム・つぶやき |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/1005755

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟競馬場の義援金募集にひとこと:

» NewsCheck7 名義貸し安勝ショックで三兄弟激突 トラックバック 馬券日記 オケラセラ@馬耳東風
>>土田稔調教師、名義貸し問題で調教停止 ひさびさに出ましたね。 名義貸しとは 続きを読む

受信: 2004/07/31 14:07:14

コメント

コメントを書く