« セカンドラインで行こう! | トップページ | 7月18日・日曜日の注目馬(特選穴馬編) »

2004/07/17

【北九州記念展望】データ過信は禁物だが・・・・




小倉競馬場・夏開催のスタートを告げる名物G3・北九州記念。今年は、牝馬3冠スティルインラブを筆頭にG1馬3頭が顔を揃え、ローカル重賞にしては、なかなか豪華なメンバー構成だ。
さて、いつのように過去のデータから「傾向と対策」を占ってみよう・・・・といきたいところだが、このレース、95年~99年の間はハンデ戦として施行されていたため、現在と同じ「芝1800・別定」条件のデータ蓄積が、わずか4年分しかない。ハンデ戦になる以前の94年も、現在と同じ条件設定で行われているけれど、その1年分だけを取り出し最近のデータと同列に扱うのは、やはり不自然というものだろう。
Photo:(C)Horses.JP

そんなわけで、今回の分析対象は、過去4年の北九州記念に限定してみることにした。例数が少ないため、一定の傾向(らしきもの)が現れたとしても、必ずしも過信禁物であることには、ご注意を!

「消せる馬」編

【実績】
 前走条件戦からの出走馬   0-0-1-7

「夏は格より調子」などとよく言われるが、別定G3のこのレースに関しては、上がり馬の勢いだけでは突破できない?傾向がうかがえる。
準オープンを連勝しここの参戦してきたトウショウノアが、2番人気を集めながら6着に敗退した例が典型的。重賞クラス常連が顔を揃え、ハンデによる恩恵もない前走・条件戦組は、ひとまず疑って掛かったほうが無難だろう。
 
 (今回該当馬)シンデレラボーイ、メイショウカイドウ
 
その反面、前走G1から下ってきた組は2桁着順からの巻き返し例がある。実績上位馬には、やはり相応の敬意をはらうべきということか?

 01年ミッキーダンス   前走・宝塚記念12着→北九州記念 3着
 03年ミレニアムバイオ  前走・安田記念11着→北九州記念 1着
 
【臨戦過程】
 10週以上の休養明けだった馬   0-0-1-9 
馬体を絞りやすい季節だからといって、休養明けで小倉までの長距離輸送は、やはり楽な条件ではない。ブランク明けからの参戦は、減点材料と考えてよいだろう。

 (今回該当馬)キングザファクト(1年以上の休み明け)
 (今回該当馬)オースミコスモ・メイショウバトラー(福島牝馬S以来の出走)

人気の牝馬2頭の評価がこれで微妙になってくる。
一方、体力消耗が激しい夏場の一戦だけに、押せ押せのローテーションもここではマイナス材料となりそうだ。

 連闘・中1週で参戦してきた馬   0-0-1-8

 (今回該当馬)サンライズシャーク、ビッグゴールド(ともに前走・米子S)
 
阪神芝のマイル戦・米子ステークス組が北九州記念で再三好走していたのは、まだ米子Sが6月施行だった当時のお話。阪神開催後半の7月に時期が移行してから、この組の好走例はないことにも注意しておきたい。


「推奨データ」編

【血統】
 母の父ノーザンダンサー系   4-4-2-6  連対率50%!
 
この特筆すべき傾向・相性については、JRA攻略百年構想さんがすでに指摘しているとおりである。ただし、このデータには、北九州記念の鬼とでもいうべきロサード(母の父リファール)による3年連続2着の快挙が色濃く反映している。
ちなみに、父ノーザンダンサー系と北九州記念の相性は、正直イマイチだ(1-0-3-15)。
唯一の勝馬はエイシンプレストン(父グリーンダンサー)なのだが、この馬の場合、母の父もノーザンダンサー系であった。
 
【人気・格】
 1番人気の馬   2-2-0-0  連対率100%
 
わずか4年分のデータとはいえ、パーフェクト連対。1番人気26連敗と今年もジンクスを更新してしまった七夕賞とは好対照をなす、傾向がうかがわれ、なかなか興味深い。
1番人気で連対を果たしたのば、ミレニアムバイオ・ロサード(2回)・トゥナンテの3頭。いずれも、G2クラスで通用する実績と能力をもつ一線級の牡馬たちであった。
 
 
【結論】
「消せる馬」編で、特に減点材料がつかなかったのは、以下の各馬である。
  ウインクリューガー
  スティルインラブ
  スーパージーン
  ダンツジャッジ
  ダイタクバートラム
  ユートピア
  
このうち、母父ノーザンダンサーという血統ファクターから注目できるのは、以下の3頭に絞られる。
奇しくも、G1またはG2で実績を残している牡馬3頭が、本命候補に残る結果になった。
 
 ウインクリューガー(母父ビーマイゲスト)
 ダンツジャッジ  (母父ナスルエルアラブ)
 ユートピア    (母父ノーザンテースト)

これら3頭のなかから、1番人気の馬が出れば、本命選びはスンナリと決まりそう。
最有力候補は、やはり安藤勝己騎手が騎乗するユートピアということになるだろう。
ダート交流G1で2勝をあげているが、開幕週の芝で時計勝負になっても十分対応できることは、3歳時の毎日杯の走破時計から既に証明済みだ。ウイン・ダンツの2頭がともに芝の高速決着に一抹の不安を残しているのに対し、これは大きなアドバンテージといえそう。今回は、外から被される心配のない枠順にも恵まれた。
 
対抗には、スーパージーンを推してみたい。福島戦をみる限り小回りコースへの適性にも問題はなく、良馬場なら安定して34秒台の決め手を引き出せる点が魅力。道中ずぶさをみせていた前走からの上積みはまだまだ大きそう。
 
大穴は、ダイタクバートラム。前走のG1はさすがに家賃が高かった印象だが、2桁着順からの巻き返しには十分注意を払っておきたい。ステイヤーという印象が強いが、母の父サクラユタカオーという血統背景からも、本質的には中距離走者ではないか?と思える。事実、1800~2000の距離で過去に6回も連対実績を残しており、距離短縮を嫌われ人気を落とすようなら、配当的な妙味・爆発力は十分期待できる。小牧太騎手の小倉芝1700以上での単勝回収値は262円、複勝回収値も119円。意外と相性は悪くないのだ。

7月 17, 2004 競馬予想・回顧アーカイブ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/987782

この記事へのトラックバック一覧です: 【北九州記念展望】データ過信は禁物だが・・・・:

» 北九州記念展望 トラックバック JRA攻略百年構想
 去年は3年連続2着したロサードと同じサンデー×リファール系の配合だったゼンノショウグンに注目していたら発走直前で除外になってしまったんだった。ハンデ戦から別定... 続きを読む

受信: 2004/07/17 2:03:57

» 北九州記念予想 トラックバック TK指数を中心とした競馬予想
北九州記念の◎はユートピア、○はダイタクバートラムです。 北九州記念の展開から先 続きを読む

受信: 2004/07/17 19:33:44

» 北九州記念予想 トラックバック デビルの競馬中心雑記
小倉11R 北九州記念 GIII 単勝候補 ◎メイショウカイドウ  前走完封したモノポールは次走オープン戦の巴賞で2着。  小倉も1800mも得意で武豊騎乗でも... 続きを読む

受信: 2004/07/17 21:29:33

» 北九州記念予想 トラックバック E30.JP
結局今日は「2.メインだけ,あるいは勝負レースだけ競馬場/WINSに買いに行く」でしっかりやられました。新潟10R,新潟なら走るカラフルトークから買って,勝った... 続きを読む

受信: 2004/07/17 21:34:21

» 北九州記念予想 トラックバック Woodman's blues
【展望】 三冠牝馬スティルインラブが参戦、ローカル重賞にしてはそれなりのメンバーが揃った一戦。メイショウバトラー、ウインクリューガーが先行し、ペースは平均から... 続きを読む

受信: 2004/07/18 0:44:54

» 料亭とよ 北九州記念編 トラックバック 永遠のセルマ・リッター
ガラガラガラ。 笠田は料亭とよの引き戸を開けた。 「あーら、いらっしゃいマシ。笠 続きを読む

受信: 2004/07/18 0:45:43

» 反省&予想 7/17 トラックバック That's
土曜は暑そうだったので家でTV観戦しながらPATで購入してましたが、惨敗_| ̄| 続きを読む

受信: 2004/07/18 1:32:40

» 第39回北九州記念 トラックバック Multipla di Piazzato
小倉11R 第39回テレビ西日本賞北九州記念 3歳以上・オープン・G3 芝 1800m 13頭立 13 ◎ ユートピア  9 ○ ダンツジャッジ  4 ▲ オー... 続きを読む

受信: 2004/07/18 4:31:10

» 北九州記念(G3)-馬体診断- トラックバック 馬見道
各馬の体を見ると小粒な印象を受ける。上に入っては頭打ちの馬が多く、円熟した古馬の 続きを読む

受信: 2004/07/18 7:01:01

» 人気薄で57Kが魅力 北九州記念 トラックバック おいちゃんの落書き
昨年は天皇賞が1番人気で0.1差3着、レベルの高かった宝塚記念も0.4差6着の後に休養、復帰時に馬体重を減らしていましたのが原因なのか負担重量のせいか(58K以... 続きを読む

受信: 2004/07/18 12:08:35

» 北九州記念(予想) トラックバック 軸馬選定情報局
◎ メイショウカイドウ ○ オースミコスモ ▲ ダンツジャッジ △ シンデレラボーイ △ ユートピア △ スティルインラブ 展開的には、メイショ... 続きを読む

受信: 2004/07/18 13:52:33

コメント

コメントを書く