« つじあやの オヤジごころの琴線くすぐるカバー集 | トップページ | 【宝塚記念】 「強い世代」と「弱い世代」-タップダンスシチーはニッチな名馬か? »

2004/06/22

【重賞回顧】プロキオンS・・・・勝つべきタイミングを逃さなかった小牧太

1着 ニホンピロサート
得意距離に得意コース、斤量も前走から2キロ減。さらには、予想の段階から強調していたように先行馬に有利な外枠にも恵まれた今回は、今さらながら勝利に向けたお膳立てが全部整っていた感がある。
しかし、それにも増して強調されるべきは、道中・直線とも最高の騎乗で、有利な条件を生かし切った小牧騎手のファインプレーだろう。年齢を重ね、最近ちょっとズブさが出てきたこの馬にとって、こんな腕っぷしの強いジョッキーとのコンビはベストという印象を受ける。その小牧騎手、勝利インタビューでは「馬は勝てると思っていた。あとは騎手次第」と繰り返していたが、今日が勝つべきタイミングであることを知り、そのためにベストを尽くした者だけが言える台詞ではないだろうか。

小回りコースでの好走歴がないので、これ以降のローカル場所では今回の成績を鵜呑みにはできないタイプではあるが、盛岡の交流重賞・クラスターカップなどに挑戦してくれば有力視できるかも。

2着 エイシンハンプトン
この馬もずいぶんとズブい。もともとダッシュを効かせて前に行くタイプではないが、エンジンの掛かりが遅い分、やっと2着に間に合ったという印象だ。能力があるのは確かそうなのに、まだまだ本気で戦っていない感じである
常に人気を背負うタイプだけに、馬券的にもつきあい方が難しい。現状では、1400よりもマイル以上の距離がいいのかもしれない。

3着 インタータイヨウ
大外枠でスンナリとした競馬ができたのも良かったが、この季節になって、昨年とほぼ同じパターンで成績を上げてきた。個人的にはこの馬が2着に粘ってくれたほうが、好配当にありつけ嬉しかったのだが、3着でも、まあ、よしとしよう(笑)
小倉シリーズでは当然主役級の評価が必要。斤量も58キロまでなら実績があり、交流重賞に転戦しても上位候補の1角だろう。

4着 ニューベリー
重賞のこの相手を向こうに回して、スピードを発揮したレース内容には見所があった。ここに来ての地力強化には確かな手応えがあるのだろう。ただし、ダートなら1400専用という感じなので、夏のローカルシリーズ、いったいどこに出走してくるかが問題だが。

6着 ツルマルファイター
1400巧者ということで、ここ数走ひそかに期待してきたが、前走あたりは完全な力負け。今回もベストの条件で力出し切っての敗戦という印象を受ける。上位進出には展開の助けがほしい

7着 ビワシンセイキ
重賞戦線の上位常連だった昨年の勢いが戻らない。好調時にはパドックでも馬体をよく見せるタイプなのだが、今回も含め、最近ではあまり気配が目立たないことが気がかりである。まだ、状態面で復調途上ということなのかも

6月 22, 2004 競馬予想・回顧アーカイブ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/815295

この記事へのトラックバック一覧です: 【重賞回顧】プロキオンS・・・・勝つべきタイミングを逃さなかった小牧太:

» プロキオンS 結果&回顧 トラックバック お馬の親子
プロキオンS(G3) 1着△ニホンピロサート。終始3〜4番手の好位置から、最後1馬身半差つける危なげない完勝。前走59kgでの好走も本物で、6歳馬ながら今... 続きを読む

受信: 2004/06/22 1:00:15

» プロキオンS結果 トラックバック 競馬ニュース的ブログ
■第9回プロキオンS(G〓)3歳上(混)(指)別定 ダート1400m ギャラントアローが逃げて、2番手ニューベリー、ニホンピロサートは4番手追走、 エイシンハン... 続きを読む

受信: 2004/06/22 18:38:13

» 最強馬ニホンピロサート トラックバック 競馬えれじい
いや、タダ好きなだけなんだけど…、ニホンピロサート。 日曜はディスプレイを見てい 続きを読む

受信: 2004/06/22 21:59:49

コメント

コメントを書く