« ユニコーンS 俄然注目カーティスクリーク | トップページ | 土曜日の注目馬 »

2004/06/03

【サウスニア】おいらはオフィサー!

楽しみにしていたカーティスクリークは、ユニコーンSを除外の憂き目に・・・・・・。
サウスニアHPによると、藤沢師は、早々と次の目標を、翌週のエーデルワイスS(3歳1000万下・芝1600m)に切り替えたようだ。同距離の東京1600が舞台とはいえ、今度はデビュー以来初となる芝挑戦となる。
しかし、走法からはおそらく芝でも大丈夫だと思うし、骨っぽい相手が揃うG3よりは与しやすい相手関係に恵まれる可能性は大きいだろう。初芝が嫌われて、配当的にも妙味が出るようなら、これはちょっと面白い馬券になるかもしれない。

さて、一口馬主の話題続きで今日は自分の出資馬のお話を。
2歳の愛馬に、名前がつきました♪

ci_001officer.jpg

オフィサー 牡2歳
父フサイチペガサス 
母サークリング(母父アイリッシュリバー)
関西・森厩舎所属

馬名の由来は、英語で'有資格の高級船員'の意。母名の訳'旋回'より、航海・船舶を連想しての命名・・・・とのこと。ううむ、なかなか響きがよく、強そうな感じがする良い名前だ。センスのよい命名者には、敬意を表します。


現在はまだ牧場での育成調教中なのだが、サウスニアの2歳同期生のなかでは真っ先に命名を受ける幸運に恵まれたので、これは思ったよりも早い入厩が期待できるかもしれない。新種牡馬の初子になるので、適性はまだわからないが、おそらくマイラーでダートもOK。となれば、デビューの選択肢もいろいろ考えられるだろう。できれば、夏の札幌戦か新潟戦のデビューを目標にしてくれると嬉しい。

とはいえ、自分の出資馬の場合、1歳上の3歳世代の馬名が決定したのも昨夏で、それが未だに未出走だからなあ(笑)。
過度な期待はしないで、デビューまでの道のりを気楽に楽しみたいと思う。

6月 3, 2004 ひとくち馬主日記 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/707396

この記事へのトラックバック一覧です: 【サウスニア】おいらはオフィサー!:

コメント

コメントを書く