« Webログ オープン! | トップページ | 知られざる秘湯紀行その1 仙遊・島乃湯 »

2004/05/16

【回顧】京王杯スプリングカップ

あいにくの雨模様の日曜日、馬券のほうは自宅のPATでじっくりと取り組んだのですが・・・・

<予想>
---------------------------------------------------------------
☆東京11R 京王杯スプリングC
 ◎マイネルソロモン
 ○キスミーテンダー
 ▲エースインザレース
 △マチカネアカツキ
 注ネイティヴハート
 注ウインラディウス
 
道悪馬場への適性判断がポイントになりそうな1戦。
◎マイネルソロモンは、重馬場のダービーとキャピタルS惨敗の戦歴と弱気な厩舎発言が響いてか?ここにきて妙に評価を落としている感じ。
しかし、前走ダービー卿CTでは、良馬場発表ながら雨で重化していた芝コースの最内からスルスル浮上。あの走りを見る限り、田んぼのような不良状態にならない限り、それほど評価を割り引く必要もないのでは?と思う。

元々が広い東京コース向きの脚質。過小評価された単勝10倍以上のオッズが、とてもおいしそうに見えた・・・・。
---------------------------------------------------------------


<回顧>
パドック映像の段階で気配が良くみえたのは、ファーストソーファス(筋肉質のパワータイプ)、マチカネアカツキ(勝負気配漂う好仕上げ)、キスミーテンダー(叩いて輸送、馬体は絞れる)、ウインラディウス(スカッとした馬体)、そしてマイネルソロモン(気合い乗り良し)の5頭。
エースインザレースは、そんなにパドックで目立たないタイプなので、まずは問題なかったと思う。

レースのほうは案の定というべきか、各馬の道悪適性の差が明暗をわけた結果に。

1着ウインラディウス。2歳時の重賞で稍重馬場を3着の実績があったんだ・・・と終わってから気がつきました(笑)
どちらかといえば、良馬場で終いの決め手を生かすタイプという印象があったが、ここ数戦好位を器用に立ち回りながら、瞬発力で抜け出す正攻法で良績を残し続けている。もともとG3なら勝ち負けの力量を備えているので、G2のここをレコードで突破したのは、更なる地力強化を裏付けるものだろう。今なら本番でも上位候補の一角。

2着テレグノシス。休養明けで評価を割り引いてしまったが、父トニービンだから道悪はプラス要素。昨年の例もあるので、安田記念で即上位候補とはいかないが、条件次第では、まだまだオープン上位を賑わしてくれそう。

3着ファーストソーファス。一瞬2着はあるかに思えたが、ゴール前2着馬の差しに屈した形。馬体の印象から、渋った馬場を苦にしないタイプと思えたが、良馬場の高速決着で今日以上の結果を残すのは、厳しいかもしれない。

4着マチカネアカツキ。レース前の気配から、かなりの確率で連対してくれるかに思えたが、安田記念本番出走を危うくする着順に甘んじた。僚馬ウインラディウスとはコース・道悪適性差があったということか。
今回は藤沢厩舎の2頭出し→外人騎手の乗った方(マチカネ)が勝負気配という、変なセオリー(先入観)に惑わされてしまった。

本命指名したマイネルソロモンは、道中いい感じで追走していたかに思えたが、直線に入って比較的馬場の良さそうな外に出してからが全く伸びず。ううむ、やはり道悪は駄目なのか・・・・という結果に終わってしまった。
キスミーテンダーやエースインザレースにしても、いいところなし。

本日の教訓、重・不良馬場適性 終わってみなければやはりわからない・・・・。

5月 16, 2004 競馬予想・回顧アーカイブ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/605033

この記事へのトラックバック一覧です: 【回顧】京王杯スプリングカップ:

コメント

山城守さん、こんにちは。
先ほどは私のblog(試運転中)にお越しいただいてありがとうございます。

京王杯の記事、興味深く読みました。このレース、私も馬場状態に悩んでいたのですが、今後はともかくこのレースに限ってはやはりテレグノシスは能力を出しやすいようですね。京王杯組から安田記念はあまり直結しませんが、今年はどうなるでしょうか?

投稿: やなぎ | 2004/05/17 23:54:38

HP再開おめでとうございます。
時々覗きにきます。
ではでは

投稿: もくにひとし | 2004/05/30 6:45:54

もくにさん、ご無沙汰しておりました。
○○年の長期休養を挟んでのHP再開ですから、我ながらどこまで更新が続くか危惧しておりましたが(笑)、3日坊主の壁はなんとか突破できたようです。
ウェブログだとどんどん記事を書き殴っては更新していけばいいので、管理がとても楽ですね。
また、遊びに来てください。

投稿: 山城守 | 2004/05/30 14:18:21

コメントを書く